ホーム > カテゴリー - 建築

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小江戸川越の町家が新建築・住宅特集5月号に掲載


『新建築・住宅特集5月号』に設計させていただきました『小江戸川越の町家』が掲載されています。本号特集は「敷地に応えよ/変形敷地の可能性」です。川越の街並みにおいて「街と家の境界」「小間同士の空間での関わり」を意識しながら設計した家となっています。お時間ありましたらお手に取ってぜひご覧ください。

DSCN0026_20170419151648b94.jpg

20170311_102156_20170419151715169.jpg

DSCN0025_2017041915174931d.jpg

スポンサーサイト
[ 2017/04/19 15:18 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)

江の島プロジェクト・コーポラティブハウス参加者募集!


アーキネットのコーポラティブハウス『江の島プロジェクト』
私たちK+Sアーキテクツが、木造建築で2住戸だけの贅沢かつ品ある生活環境を作ります。江の島、鵠沼海岸、かつて多くの文化人が過ごした貴重な場所で、新たな生活を楽しむのはいかがでしょうか、、、

~~~アーキネットからHPからの抜粋文~~~
江の島のある海にほど近い計画地は、高い樹木に囲まれた閑静な住宅街にあります。
周辺は緑あふれる邸宅に囲まれ、その住環境は贅沢でゆったりとした生活を過ごすには最適なものとなっています。
本計画は2住戸の木造コーポラティブハウス。お互いの生活を尊重し独立性を重視しながら、程よい距離感でコミュニケーションを図ることのできる場を設定しました。
木造建築のもたらしてくれる優しい雰囲気の中で、生活を楽しむことができる場が用意されています。周辺の樹木を抜ける風を感じ、光を享受しながら自然を贅沢に感じることのできる住空間となっています。

IMG_1168.jpg

IMG_1138.jpg

IMG_1181.jpg

[ 2016/12/10 16:59 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)

第14回かわごえ都市景観表彰の受賞!


川越市の主宰する『第14回かわごえ都市景観表彰』に、設計させていただきました『小江戸川越の町家』(2016年3月竣工)が受賞しました。実はクライアント、施工者、設計者の誰も自薦、応募していなかったのですが、ある日突然川越市から受賞した旨の報告があり、関係者みんなもびっくり!。2年に1度の表彰だそうで「まちがど審査会」と「川越市都市景観審議会」の審査によって選ばれたそうです。クライアントから計画のお話を伺ってから10年目にして完成した住宅、、、川越の街並みを意識し、川越の歴史の流れを楽しみながら、街に親しまれる雰囲気を持っています。

a0097020_21432568.jpg

[ 2016/10/13 00:17 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)

軽井沢の別荘に寄り道してみたら、、、


軽井沢イタグレ旅行・・・・最終日。夕方イタグレ仲間は解散して、我が家は星野温泉へ。ゆったりと温泉を楽しんでから、帰路に設計させていただいた別荘(ご不在と思っていた)を見に立ち寄ってみました。するとオーナーご夫妻がいらっしゃるではありませんか❗。ということで1時間強、テラスでいろいろなお話を楽しむことができました。グレートデンのディーン君も優しくお迎えしてくれました。シャマルもカリフも広い芝庭で大喜び!。

a0097020_9541249.jpg

a0097020_9543339.jpg

[ 2016/06/26 18:31 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)

建築家への道


岡山に住む私の弟から一通のメールが画像と共に届いた。小学2年生になる甥が、タクシーの運転手になる夢を諦め、将来『建築家』になる道を選んだと、、、(笑)。学校で描いたスケッチはレンガ造らしく、屋根には太陽光発電もあるらしい、、、将来有望だな!。近々オープンデスクに来るとも言っています。

2015111618020000.jpg

[ 2015/11/16 21:19 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)

見上げれば@自宅


昨晩のこと、シャマルとカリフ(イタグレ我が子たち)にソファを占領され、杉板床で寝転んでいたら、そのまま睡魔に襲われ寝入ってしまう。ふと覚醒した時の家の絵が、、、コレ!。

いえ

[ 2015/08/04 21:47 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。