ホーム > アーカイブ - 2006年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっと八丈島まで

IMGP1493.jpg
雲海の美しさに思わず感動!


ウィークデーの昨日、八丈島に初上陸してきました。
東京は朝方雨でしたが、さすが300kmも南の「ひょっこりひょうたん島」に着いた時は晴れ間のある曇りだったり晴れだったりでした。
羽田空港からB737で40分で八丈島空港に着いてしまいます。あまりの近さに今までの八丈島の知識を変えなくてはいけない状況でした。とはいってももともと知識なんて持ってませんでしたが‥‥

さて八丈島っていうとみなさん何を思い浮かべますか?
綺麗な海、ダイビング、釣り、くさや、明日葉、島流し、流人、火山、八丈島のキョン(鹿)?
私は伊豆七島で大島だけは旅行で行ったことあるのですが、ハッキリ言って綺麗な海くらいしかイメージできませんでした。
島に着いてから14:00くらいまでに用をすませ、夕方帰りの飛行機便まで急いで八丈島を巡ってみることにしました。
流石に「常春の島」と言われるだけに東京より3度~5度気温が高いのと湿度も高いことあって、薄手のセーターでさえ邪魔なくらいでしたね。歩いているだけで汗が吹き出てきます。なんせ港に停泊中の大きなヨットにいた外人ファミリーは水着になって泳いではしゃいでました!。まさに横を流れる黒潮(暖流)の威力を見せつけられたという感じさえします。

八丈島は人口8800人、島を車で一周しても約1時間、ふたつの火山があり東に三原山・西に八丈富士という美しい山があります。とにかく島全体が火山岩でできている上に南洋植物の緑で覆われ尽くされているって感じでしょうか。街もそんなに大きくなく、家もあっても点在しているって感じです。とにかく大自然ありきという島のイメージです。島全体が「富士箱根伊豆国立公園」にも指定されています。
八丈島には縄文時代から人が住んでいたとされ、平安時代から江戸時代にかけては「島流しの島」として多くの罪人(流人)が生活しており、その様子は以前ブログで紹介しました「るにんせん」という小説でも紹介されています。
街にはお年寄りが目立ち、漁業・農業に従事している人が多いのでしょうか?。車を走らせても街をちょっとはずれると前後に車(ちなみに八丈島は品川ナンバーです)の姿はありません。信号も街中だけです。たまに出くわす大きな信号のない交差点なんかは逆に恐怖を感じてしまいます。

ショートステイのバカンスでもいいし、ダイビングやフィッシィングなどのマリンスポーツを楽しめるのが八丈島です。常春の島の冬も寒さ知らず。今でも心地よい風が吹いています。みなさんも是非一度、上陸にチャレンジしてみてください。

そんなわけで限られた時間の滞在での「島巡り」をご紹介いたします。
写真を選び切れず、ひたすら多いので気長にどうぞ!


IMGP1500.jpg
いよいよ八丈島が見えて参りました。

IMGP1501.jpg
港の上を飛行中。いよいよ着陸です。

IMGP1507.jpg
八丈島空港のすぐそばにそびえたつ「八丈富士」(854m)

IMGP1565.jpg
島の南西にある八重根漁港。ヨットの上にいた外国人一家はスイミング中!

IMGP1568.jpg
八重根漁港からの八丈富士の眺め

IMGP1643.jpg
八丈島の北西に浮かぶ八丈小島。無人島で天然ヤギがいるそうです。
この小島の右側に1年に数回クジラの集団が通過し潮を吹いているのが見えるそうです。

IMGP1649.jpg
南原千畳岩海岸。海に流れ込んで固まった広い溶岩大地です。

IMGP1650.jpg
遠くに八丈小島をのぞんでみました。

IMGP1655.jpg
ここの溶岩はすべてあの八丈富士の火口から海まで流れ出てきたものです。

IMGP1656.jpg
波打つ海の近くに寄ってみました。4~5mの海のうねりって恐怖というか凶器です。

IMGP1660.jpg
溶岩接写。アツアツの溶岩に海の波があたってできた自然造形でしょう。

IMGP1684.jpg
八丈名物「あしたばうどん」(1050円)
明日葉を擦って細い緑色のうどんになってます。もちもち感とのど越しがグッド!
明日葉天麩羅もついてます。

IMGP1687.jpg
うどん屋さんにあった写真。ホエールウォッチングもエンジョイできます!

IMGP1689.jpg
街の歩道などいたるところに咲いているハイビスカス

IMGP1697.jpg
八丈植物公園。まったく自然のままの樹木群の中を散策するって感じです。

IMGP1700.jpg
さっき食べたばっかりの明日葉。こんな感じに生えてます。

IMGP1736.jpg
大里の玉石垣。いわゆる八丈島の強い海風に対抗してできた知恵の垣根です。
玉石(30~40cm)を積み上げて植栽の台を作ります。そこに防風林を植えるのです。
この玉石、江戸時代の流人が海にころがっているものを山に手で運んできたものです。

IMGP1744.jpg
人の高さと比較してみてください。高いものは迫力ありますねぇ。

IMGP1740.jpg
民家の入口です。コーナーは火山岩の切り出し岩で組み上げてあります。

IMGP1746.jpg
屋根しか見えません。それにしても美し~い!

IMGP1754.jpg
玉石のアップ。苔むす美しさに見とれてしまいます。

IMGP1752.jpg
完璧に風対策の施された民家。海が見えるとかあんまり関係ないようです。

IMGP1758.jpg
八丈小島をのぞむ玉石垣のある坂道

IMGP1782.jpg
大坂トンネル展望台からの八丈富士の雄大な眺め。
夕陽を見て帰ろうと思ったのですが残念ながら曇りで夕陽を拝めず仕舞でした。


夜の羽田空港に戻るとそこはまた肌寒い東京の空気でした。
さっきまでいた八丈島がもう懐かしいのは、八丈島への恋でしょうか‥‥‥?!

スポンサーサイト
[ 2006/11/29 14:03 ] トレッキング・旅 | TB(2) | CM(20)

ちょっと熱海まで

IMGP1343.jpg

QPを走れせ一路「熱海」へ。
多くの人たちが一度は足を運んだことがあるんじゃないかな?
東京からは東名高速─小田原厚木道路─真鶴道路と順調に行けば、1時間半程のドライブである。

さて久しぶりに熱海を訪れてほんの少しだけ「街の変化」を感じた。
一体なんだろう? 何がそう感じさせるのだろう?

全てを観た訳でもなく、予めの知識をもっている訳でもなく、現状を認識・把握している訳でもない。私の親世代では「熱海」といえば、新婚旅行のメッカであった。かつては全国からの観光客で栄えた街。しかしその海・山・温泉を活かした街がバブル以降、街全体が崩壊し廃虚寸前になってしまった印象だ。海岸にそびえ建つホテルもつぶれ、街のあちこちに廃虚となった旅館が点在し、これじゃぁせっかくの観光客もがっかりだろうなぁと思っていた。

さっそく熱海駅前から、山の上から、海岸沿いなどを探訪してみることに。
さすがに駅前の商店街はある程度の観光客がいて活気は保たれている。しかし駅から海岸までの道に面する商店街では多くのシャッターが閉まっているのが目立つ。何となく寂しい光景だ。細い道を歩いてみるとお化け屋敷のような植物に取り憑かれてしまった老朽化したホテルに出会ったりする。なんとも痛々しい姿だ。

IMGP1345.jpg
駅前のアーケード商店街は適当な賑わいがあったけど‥‥

IMGP1435.jpg
海岸までの商店街はシャッターの閉まった店の多いこと!

IMGP1441.jpg
廃虚と化したホテル。蔦やナンテンなどの植物の生命力だけが感じられる


やっぱり熱海はもう生き返らないのかなぁ?と思いつつ、山の方から流れてくる川沿いに辿り着いた。うんっ、なんか今までと違うぞ!。道が整備され川の柵にも花が飾られて街がちょっぴり明るくなっている。ちょっとしたことなのに熱海の人の懸命な努力を垣間見た感じがした。なんていうんだろう、街のささやかな息吹を感じたとでもいうんだろうか‥‥

IMGP1436.jpg
気持ちを和ませる川沿いの花

IMGP1457.jpg
川沿いにあったこんじんまりとした和食処「天匠」。でも中は人で満席だった!

IMGP1451.jpg
「朝獲り定食」 ひらめ・かんぱちの新鮮なお刺身や自家製塩辛など旨かった!


熱海の街や海を一望できる山の中腹には別荘や大きな住宅が散在している。今熱海ではITや投資ファンドの長者が熱海に家を建てたりしているようだ。偶然にもSBIのK氏の家の工事現場を発見。さすがグッド・ロケーション!。熱海の復興はまず熱海の人たちの努力にかかっているのはいう間でもないが、今や時代を動かしている?数少ない長者たちの投資協力を得て、熱海文化の復興に一役かってもらうっていうのはどうだろう。お金の次は「文化投資」っていう形で社会貢献してみたらどうだろう。そうなれば時間はかかるにせよ、近い将来「熱海ルネッサンス」が実現する希望の光が見えるような気がする。
青い海、緑の山、温かい温泉、新鮮な魚、人を魅了する条件は揃っている熱海。
なんか起爆剤が必要なのは判っちゃいるが、これだけの条件をなんとか活かさなくっちゃ!!
ちなみに冬の花火っていうのも熱海で企画され、12/3・10・23の休みの日には熱海の海の上で大空に大輪の花火が咲き乱れるとのこと。温泉につかりながらの鑑賞もいいね!
再復興への道、ガンバレ熱海!!!

IMGP1414.jpg
山の中腹で出会った和風大豪邸。大きな石垣とお庭が見事!

IMGP1422.jpg
こんな感じで熱海を見下ろして見るのもいいね。

IMGP1471.jpg
海岸沿いの帰路も曇天から雨に変わってしまい、真鶴道路は10kmの大渋滞。
この熱海から帰り道、どうにかならないの!と感じてしまうのは私だけであろうか?

[ 2006/11/27 11:06 ] トレッキング・旅 | TB(0) | CM(18)

東京會舘・プルニエにて

IMGP1326.jpg

勤労感謝の日と言ってもそういう意味ではなく、2週間ほど遅くなったしまった「結婚記念日」ということで、東京會舘のフランス料理「プルニエ」でお料理を2人で堪能して参りました。
皇居に面する2階の「プルニエ」は、目の前にちょっと黄色くなりかけた銀杏、お堀を挟んでその向こうに深緑の皇居の杜が見える絶好のロケーションです。
いつもながらの優しい心遣いと真心こもったお料理が私たちを満足させてくれます。
安心してゆっくりと美味しいフランス料理をいただきながら至福の時を過ごせるほど贅沢なことはありませんね。

東京會舘で結婚式を挙げて早15年。
振返ってみてもあっという間の月日の流れ。
あの時と変わらぬ最高のサービス。 
お料理も伝統の味を守りつつ、新しいメニューも楽しめるようになっています。
今年は高校の同窓会やお食事会など何度も東京會舘にお世話になりましたが、いつも私たちを満足させてくれる精神がしっかり築かれています。
帰りにちょっと12階のリニューアルしたロイヤルルームで開かれていたブライダルフェアーを覗かせていただきましたが、夢と希望が膨らむ挙式予定の50組を超えるカップルさんたちでいっぱいでした。
みなさん、お幸せに‥‥!


いただいたお料理を紹介します。
(特別にプルニエさんの撮影許可をいただいております)

IMGP1301.jpg
Entrees-1
ブルゴーニュ産 エスカルゴ 殻焼き

IMGP1306.jpg
Potages-1
コンソメ マドリッド風

IMGP1309.jpg
Poissons-1
甘鯛の紙包み焼き

IMGP1317.jpg
Viandes-1
シャラン産 鴨 胸肉のロースト ボルドレーズソース

IMGP1322.jpg
Desserts-1
ミルフィーユとバニラアイスクリーム 3色のソースと共に & エスプレッソ






IMGP1302.jpg
Entrees-2
海の幸とサラダの取り合わせ 美食家風

IMGP1307.jpg
Potages-2
トマトと野菜のスープ

IMGP1312.jpg
Poissons-2
ハタとムール貝のポッシュ 雲丹飾り グローブ風味

IMGP1319.jpg
Viandes-2
ベルドロー(うずら)のロティ ポルチーニのクリームソース

IMGP1324.jpg
Desserts-2
栗添え アイスクリーム & コーヒー

また来年の結婚記念日もプルニエさんにお世話になろうと思ってます。


[ 2006/11/24 13:46 ] | TB(0) | CM(16)

とんぶりどんぶり

DSCF2101.jpg

日曜日の夜放映されていた「デイ・アフター・トゥモロウ」を見つつ、CMになるといつものようにチャンネルをまわしていたら、「あるある大事典」で「とんぶりの料理」が紹介されていたのでちょっと注目。
テーマは良く分らなかったけど「とんぶり」の効能について解説してました。
「とんぶり」というもの自体あんまり食べたことない人が多いと思いますが、私はなぜか以前よりこの「とんぶり」を好んでちょくちょく食べていたんです。

テレビに集中すると「血糖値の調整」に役に立つ食材のひとつとして紹介されていたんですね。人間のからだの中では血糖値が上がったり下がったりしているわけですが、急激な変化は身体に負担をもたらします。その血糖値の急激な上昇を押さえてくれるのが「とんぶり」っていうことでした。

とんぶりは「畑のキャビア」といわれ見た目は確かにキャビアに似ています。ただし味はありません。滋養強壮・利尿効果があるということで漢方でも用いられています。

さっそく昨日の晩、とんぶりを使った簡単な料理(といえるかどうか?)をやってみました。すった山芋ととんぶりを混ぜて温かいごはんの上にのせるだけです。ちょっとお出汁を加えるも善し、山葵をちょっとトッピングするも善し。ネバネバの山芋とプチプチしたとんぶりの食感が楽しめます。両方とも血糖値を調整してくれるそうですが、特に実感できたわけではありません。でも健康のためにいいと紹介されれば飛びついてしまう自分がいるわけで、今回もさっそく実践してしまった次第です。
みなさんも簡単ですから一度お試し下さいマセ。

DSCF2098.jpg
スーパーで売ってます。138円!

[ 2006/11/21 09:57 ] 健康 | TB(0) | CM(8)

BMI=22をめざせ!

img10041556402.jpeg
CRONO/SOEHNLE社

アメリカで活躍していたひとりのスーパーモデルが拒食症で亡くなったとのこと。
「痩せ過ぎのモデルは不健康」とスペインがアピールしていた最中の出来事だった。
世の女性のほとんど、太っていることを拒否しスリムになる努力を欠かさない。
人間、その人にあった健康的な体型・スケールがあっていいよね。
価値観の問題で、ちょっとポッチャリしている女性が好きという人もいれば、ガッチリした女性が好きという人もいる。なにより健康的なのが一番っていうことだね。

さて世界中「肥っていて健康」とは認知されていないようで、数値でその体型評価をしているのはご存じでしょ!
BMI(Body Mass Index)というんだけど、簡単なのでみなさんもやってみてはいかが?

  BMI=体重kg/身長mの2乗

日本では、BMI=22が標準。ちなみに25以上が肥満、18以下がやせ。
スペインのファッションショーではBMI=18以下は出場禁止。上記の亡くなったモデルさんはBMI=13.2しかなかったそうだ。

簡単にデータ入れるだけでBMI数値のわかるHPを紹介しておくね。
健康のバロメーターとしてやってみて!
私はBMI=22.9であと3キロほど減量しないと標準体重にいかないそうだ。
この3キロが難しいだなあ~。自慢じゃないが肥るのは1日でできるんだけど‥‥‥


[ 2006/11/17 13:46 ] 健康 | TB(0) | CM(18)

POWERS OF TEN

IMGP1288.jpg

「もの」の見方や感じ方って、いろいろありますよね。
見る方向や、光のあたり方、その日の気分やまわりの環境、予めの知識を持って接したり、初めての体験といった具合にひとつの「もの」へのアプローチは無限なんですね。
それでは、今度は自分という視点はそのままにして「もの」を見るスケールを伸縮自在に変化させていったら、自分のまわりの世界ってどうなっていくのでしょう?
そんなこと考えたことありますか?

20世紀を代表するデザイナー、チャールズ&レイ・イームズ(家具で有名・イームズチェアなど)が残した1冊の本を手に入れました。   
   「POWERS OF TEN」(宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅)
それはそれは綺麗な写真と絵で構成され、世界的ロングセラーの名著なんです。

POWERS OF TENとは「10のベき乗」を意味するのですけど、10の2乗は100、10のマイナス1乗は0.1とか中学校の時に習ったのを覚えていると思います。
さてこの本は「10の25乗」の世界から「10のマイナス16乗」の世界をタイムマシーンに乗ったかのような気分で旅をすることになるのです。とても緊迫感があって、この本を読み(見)終った時はこの先の世界への興味まで、相当な余韻を残すことになってしまうのではないですかねえ。
10億光年のかなたからマクロな視点で地球の方を見つめ、マイナスのベき乗のミクロの視点で人間の生命体、DNA、素粒子の世界まで入り込んでいく旅行を体験できるなんてそうないのではないかと思います。

IMGP1292.jpg
10の21乗メートル・銀河の庭

IMGP1296.jpg
10のマイナス8乗メートル・二重らせん

そしてこの「POWERS OF TEN」にはとっておきの映像版DVDもあるのです。(私は未入手!)
ちょっとした体験版をここでは紹介しておきましょう。まさにタイムマシーンに乗って地球まで辿り着き、ミクロの決死隊に変身して生命の中を旅する錯覚にさえとらわれてしまいそうです。このイームズの映像はスタンリー・キューブリック監督の超名作「2001年宇宙の旅」(1968)にも大きな影響を与えたとされてます。

「POWERS OF TEN」、一見の価値、大ありって感じですね!
自分という人間の存在確認、宇宙における地球の意味、地球と人間との共生意義、生命の神秘など、本を1ページ1ページめくりながら10のべき乗をひとつづつ減らしていく楽しみを一度味わってみて下さい。
余談ですが、私の仕事、建築設計は設計図の10のマイナス3乗(=1mm)から、実際の建物の10の2乗(=100m)の範囲の世界で展開させていただいております。

[ 2006/11/15 13:43 ] | TB(0) | CM(4)

ちょっと箱根まで

IMGP1256.jpg

朝の10:00過ぎだったろうか。
冷たい澄みきった空気の中、箱根ターンパイクの風を斬って走っていた。
ふと一瞬だったが、左ウィンドウにいつもと違う輝くものが目に入る。
小さなポケットパークに車を停め、冷たい空気の中に一歩踏み出す。

海だ!
しかも「天使の梯子」で海と空が繋がっている。
蒼かった空にも妖し気な重い色の雲が現れ、その姿を凪ぎの大海に写し出している。
「海」「空」が逆転しまったかのような光景に目を奪われ、しばし砂利の大地に佇む。
冷たい空気の中、暫くすると蒼い空からポツポツと小さな水滴が‥‥。

海と空の織りなす大自然の造形。
一瞬たりとも同じ表情を停めず、僅かながらも「かたち」を変化させていく。
自由気侭なその姿には、ちょっと嫉妬めいた気分にさえ陥ってしまう。
少しでいいから、あなたのその大らかさを分けてもらいたい。


IMGP1258.jpg
空のような海、海のような空。
垂直の「天使の梯子」が薄く見えますか? 遠方の雲の下に初島が見えます。

IMGP1265.jpg
QPとともに海を見つめる。

IMGP1276.jpg
ターンパイク最高頂からの笠雲のかかった富士山(残念!)と深蒼の芦ノ湖

IMGP1277.jpg
芦ノ湖湖畔の元箱根付近はこんな感じで渋滞でした。
みなさん、朝早くからご苦労さまです。

IMGP1278.jpg
仙石原へ行く途中の渋滞街道
芦ノ湖の色はどこから見ても美しいものでした。

[ 2006/11/13 13:56 ] トレッキング・旅 | TB(0) | CM(20)

Maserati の切手

IMGP1245.jpg

いや~、切手も自分でデザインできる時代になったんですねえ。
みなさん「フレーム切手」というのを知ってますか?
郵便局で申込用紙をもらって、作りたい切手の写真原稿を貼って、また郵便局に提出すれば、3週間後に郵送されてくるサービスです。今年の9月から開始されてます。

さっそく愛車クアトロポルテの切手を作ってみました。
実際の写真は2.5cm角くらいの大きさになってしまうので、できるだけ大きく見えるフロントビューで作ったのですがいかがなものでしょう? 
あくまで自己満足の世界ですが、この切手を使用する勇気は今のところありません。
勿体なくて‥‥
試しに設計した建築などを切手原寸にして事前確認してみましたが、小さくてよく判らなかったりします。ファミリ-向けのサービスで「自分の顔」「愛犬」などのアップが案外適しているかもしれませんね。

そうだ!これってプリクラ感覚の切手?
みなさんも自分デザインのオリジナルの切手をつくって楽しんでみてはいかが?!

IMGP12431.jpg

IMGP1243.jpg

IMGP1239.jpg

IMGP1241.jpg


※デジカメの性能上こんな感じですが、実際の切手はもっと美しい印刷ですのでご安心を。

[ 2006/11/10 09:57 ] MASERATI | TB(0) | CM(16)

母の発案で父の書斎

IMGP1051.jpg

母が父のために書斎を作ってあげたいという(設計依頼の?)話が私にあった。
まだまだ仕事していたいであろう父も会社引退の時期を迎えていた時期である。長い間、家族のために一生懸命に働いてきてくれた父へのせめてものプレゼントだったのかも知れない。
現役最後の年に書斎は完成したが、まだ現役ということもありその年はあまり使われなかったような気がする。翌年いよいよ仕事を引退すると、徐々にこの書斎が使われるようになった。本を読んだり、漢字検定試験の勉強につかったり、町内会の仕事をしたり‥‥‥。そして70歳を越えた時、パソコンを購入していちから使い方を勉強して、今やそのパソコンで自伝のようなものを書いているらしい。やっと私とのメールのやりとりもできるようになったが、やはり主流は肉声が聴ける電話になってしまう。

IMGP1059.jpg

母は洋裁の腕を活かし、大きなパッチワークを一生懸命に作っている。実家に帰ると部屋中がパッチワークで飾られ、いつもデザイン批評をさせられる。
父、母ともに歳はとったが、しょっちゅう二人で旅行に出かけたり、温泉にいったり、海外に行ったりしているのが、私にとってはとても嬉しいことである。今日も北海道旅行に出かけた。
弟もすばらしい伴侶と出会い来年結婚することになったのだから、父、母ともに益々元気でいてもらわなければ!!

母の発案でできた小さな書斎も、いつまでも父に愛用されることを心から願うばかりである。

[ 2006/11/08 17:01 ] 社会 | TB(0) | CM(8)

Maserati 夜の計器

IMGP1187.jpg

日曜日は今年初めての風邪症状(発熱+頭痛)が現れ、家で大人しく本を読んだりしてました。
夕方、薬局で頭痛薬を買って、さっそく飲んだところ30分で効果発揮!
イブプロフェン製剤(非ピリン系)ということで眠くなる成分も入っていないと明記されています。

5時を過ぎ外はもう真っ暗でしたが、どうしても車を走らせたい衝動にかられ、ついついエンジンをかけ暖機運転し始めてしまいました。クアトロポルテは明らかに暖機運転した方が調子がいいです。

トリップメーターまで読めないかもしれませんが、この時468kmです。右下のフェ-ルメ-ターはほぼ1/2を針が指してます。この手の車では燃費いいと思いませんか?
それもそのはず。このあいだガソリンスタンドに行った時に、いつものように店長と車のそばでお話していたら、給油していた新人のオッチャンが誤ってガソリンを吹き溢れさせてしまったんです。給油口ではなく、その手前のオーバーフローからのようで、床にジャーとガソリンが流れ落ちたのです。スタンドを出てからもしタバコでも巻き込んだらこの車は燃えちゃうのかしら?と心配したり、こぼれたガソリンの分まで支払いしちゃったのかしら?とか考えながら運転してましたが、何事もなく良かったです。なんせ100リッタ-入る燃料タンクを持った車ですから、燃え始めたら良く燃える車なんでしょうね!

ということで計器が正確ならば、468km/50L=9.36km/Lというとてつもない良い燃費記録を達成するのですが、いままで新車納車からず~っと運転記録帳簿を毎回運転した毎に記録しているのです。それによると3年8ヵ月で4,715.9Lのハイオクを給油してますが、平均燃費は6.57km/Lという結果になってます。下の表は左から、乗車日、トラブルコンテンツ、修理費、覚え書き、総走行距離、月走行距離、燃費、給油量、行き先(オレンジは高速道路走行)

20061106174400.jpg


このあとは美しい満月を横目に第3京浜を風を切りながら気持ち良く走り、同時に風邪もどっかにフッ飛んでいってしまいました。


[ 2006/11/06 17:47 ] MASERATI | TB(0) | CM(20)

白鳥庭園を散策して

IMGP1132.jpg
数寄屋建築の清羽亭。白鳥が舞いおりたイメージ?

さて前回の続きとなるわけですが、ひつまぶしをいっぱい食べ、腹ごなしに近くの「白鳥庭園」まで散歩しに来ました。
ここは平成元年1989年に名古屋で開催された「世界デザイン博覧会」の会場跡地なのです。私もこのデザインは博に行った記憶がありますが、内容はあまり頭の中にインプットされていません。頭がわるいのか?博覧会のコンセプトが弱かったのか?まあそんなことどっちでもいいことです。

博覧会の跡地利用って、いつも問題になりますよね。愛知万博の際も「海上の森(かいしょのもり)」で「自然の叡智」を謳っている手前、マンション建設などの宅地開発は見送られ、またもとの森に戻すというものでした。
ここ白鳥会場の跡地も自然都市公園として再生しました。300円の入場料は必要ですが、確かに散策してみるとその維持費は相当なものだと予想がつきます。都市の中にある3.7ha の敷地に「木曽川」「御岳山」「伊勢湾」などの中部地方の地形をモチーフにした池泉廻遊式庭園が立派に出来上がっています。「水の流れ」もとても大きなテーマになっていて必ず水がこの庭園内では意識されます。
季節を楽しむことのできる花、樹木が至る所にあり、気持ちが癒されます。もう少し休憩する場があればいいなって思ったくらいですかね。都市のヒートアイランド抑制にもの一役かって、効果あるんでしょうね。

この庭園、いろんなところでいろんな発見がありました。
あとは写真で自由にお楽しみくださいマセ


IMGP1137.jpg
この池の鯉は凄いです。
なにがって、人を察知する能力が! どこを歩いていてもついてきます。
群がってチュパチュパと声を発して、口を大きくあけて物乞いします。

IMGP1141.jpg
橋の影が美しかったもので‥‥でも壊れそうです!

20061101140843.jpg
密かに木陰に佇んでいたツワブキの花

IMGP1150.jpg
清羽亭を遠景に。色のグラデュエーションがいいですね!

IMGP1154.jpg
川のせせらぎを感じながら

20061101140907.jpg
まだ真緑の紅葉。これからが楽しみ

20061101140916.jpg
かわいいヒメツルソバがいっぱい

IMGP1158.jpg
苔と共生している石畳み

20061101140932.jpg
秋空に映える真っ赤な柿の実

IMGP1162.jpg
幾何学的な美しい階段

[ 2006/11/03 18:51 ] 都市 | TB(0) | CM(14)

ひつまぶし食べるまでひまつぶし

IMGP1107.jpg

こんなタイトル付けたらバチ(罰)が当ります。

みなさんご存じの名古屋で有名な「ひつまぶし」。
熱田神宮南門前にある創業130年の老舗「あつた蓬莱軒」に味わいに行ってきました。
(ちなみに「ひつまぶし」は蓬莱軒の登録商標です)

休日のお昼時ということもあってお店の外まで人が溢れています。待ち名簿に名前を記してもらい待ち時間を確認したところ45分程度とのこと。じゃあ「ひまつぶし」にじゃないですが、お隣の熱田神宮へ参拝しに行こうということで大鳥居をくぐり小石の参道をジャリジャリ。しっかり本殿の神様にいろいろなことをお願いしてきました。
30分程してお店に戻ると、さっきよりもっと人が増えているではないですか!。待合室で本も読まずにひたすらじ~っと座ってました。45分経ってもまだ私たちより前に入った人たちが残っています。1時間、1時間15分、1時間30分。もう限界!という時にやっと私たちの名前がコールされました。

IMGP1111.jpg
いよいよ「ひつまぶし」の登場です。
名古屋の鰻は東京と違い、蒸しませんのでとても香ばしいです。
なぜか蓬莱軒はキモ吸いではありません。ふつうのお吸い物です。

IMGP1114.jpg
テリ加減のいい刻んだ鰻がおひつに詰まってます。
おひつも年季の入ったツヤが見られます。

IMGP1115.jpg
まずおひつの中をしゃもじで4等分にします。
職業柄、しっかりと直角を見計らって正確に分けてみました。

IMGP1117.jpg
1膳目
お茶碗に1/4を盛り、山椒をかけて素朴にいただきます。
これは純粋にうなぎを味わうことができます。

IMGP1120.jpg
2膳目
薬味と海苔をのせてちょっと豪華にいただきます。
「茶碗の中のお祭りや~!」(彦摩呂風に表現)

IMGP1123.jpg
3膳目
薬味と海苔とワサビをのせ、お出汁をかけてお茶漬け風にいただきます。
お出汁はお吸い物のような品のいい薄味のお味でした。

IMGP1127.jpg
最後4膳目
自分の好みの方法でもう1回楽しみます。
私は薬味と海苔をトッピングした2膳目タイプをリピートしました。
さすがに4膳目はおなかいっぱいになっちゃいました。

名古屋の「ひつまぶし」。いろんな方法でいろんな味わい方ができる工夫。お重に納まった長い大きな鰻も魅力的ですが、たまにはこんな鰻もいいですね!
満腹で満足したのち「あつた蓬莱軒」をあとにして、腹ごなしに近くの「白鳥庭園」に散歩に行きました。

つづく

[ 2006/11/01 13:58 ] | TB(0) | CM(24)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。