ホーム > アーカイブ - 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

潮風公園でBBQ


お台場には何回も足を運んでいたのだが、ここ潮風公園を訪れるのは初めて。

海に面した広い岸では、レインボーブリッジ越しの芝浦埠頭、そして天王洲アイル、大井埠頭と壮大な臨海の光景が目に飛び込んでくる。人間のスケール感を遥かに飛び越えたその世界で、人間が齷齪(あくせく)働いているのを想像すると、これまた何とも言えない想いに駆られるものである。

IMG_4768.jpg


さてこの日は浜松北高の後輩たちにお誘いを受け、潮風公園に出向いたのである。3歳年下の後輩達が潮風公園でBBQをやるというのだ。来年はいよいよ彼等が同窓会関東支部総会の幹事となるわけだが、結束を高めるためのイベント(飲み会?、笑)なのだろう。曇天ではあったが雨にも降られず、臨海の林の中ではBBQの鉄板を前に、チェアに腰掛けながら、思い思いにろんな方と語り合うことができた。参加された後輩たちもみないろんな分野で活躍されておりとても頼もしい。そういえば飛び入り予定のあのフジTVの後輩アナウンサーはどうしちゃったの???(笑)。

ほんとはシャマルとカリフを一緒に思ったのだけど、どうみてもBBQでイイ子にしていられる訳もない!と判断。お留守だ!。その分、可愛い後輩たちとお話できたのが楽しくもあり、嬉しくもあり、4時間という時間はあっという間に過ぎ去ったのだった。

IMG_4761.jpg太陽の広場では子供たちのイベントが、、、

IMG_4760.jpgなんか広場の片隅では大人たちもいっぱい、、、

IMG_4763.jpgバーベキュー広場でも若者の熱気が漂って、、、

IMG_4751.jpg岸辺の方ではモデルの撮影会が、、、

IMG_4754.jpgレインボーブリッジのカテナリー曲線も美しく、、、

IMG_4762.jpg大井埠頭の巨大なキリンたち、、、いつも僕の目にはそんな風に、、、

結束力ある33回のみなさん、ありがとう。これからも楽しみながら準備を進めていってください。会場だけはお早めにネ!!(笑)

またまた首都高でレインボーブリッジを渡って帰路に着く。
この日のクルマは最新のBENZ E320。サンルーフを開けて気分爽快にドライビング、、、
あれっ、QPは???、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

スポンサーサイト
[ 2008/10/27 17:43 ] 同窓・浜松 | トラックバック(-) | CM(19)

DOXイタグレの集い


久しぶりにシャマルとカリフをラン・フィールドで走らすことができました(喜)。
「第13回DOXイタグレの集い」に参加です!

doxdiary_7397933523475708a.jpgPhoto by DOX

そうそう最近つよく思うことがあります。
イタリアングレイハウンドを通じての人と人との出会い、そしてそれをも超えた人と人との繋がりの素晴らしさです。イタグレをみなさん溺愛されているのは言うに及びませんが、その純粋な愛を垣間みつつ身近で感じることが、とても今の僕には言葉に表せないくらい幸せなことなんです!。

集いは最近のせちがらい世の中の出来事を忘れさせてくれます。今の世界中がおかしくなってのも、見えないお金やそのシステムが無気味に動いているからだと思います。「Face to Face」がないがしろにされ、一種のインヴィジブルなゲーム感覚で、社会・経済・政治が動いているのが起因しているのは間違いないと思ってます。世界を巻き込むグローバル化も、その国々や地方の本来の個性を喪失させ、社会をつまらなくしているのも事実。

あっ!、変な方向に話が、、、、、
でもイタグレはそんな世相も無視して(笑)、ひたすら仲間と戯れ、一緒に楽しく走って、好きなものを食べて、気侭に寝て、家族のみんなに優しく一杯の愛に包まれて生きていますよね。羨ましいですね!!。
純粋って大好き!、素直って大好き!、素朴って大好き!、集いも大好き!

ではこの日のシーンをもう一度、、、、、、

IMG_4510.jpgAiランドにはイタグレたちと人でいっぱいです

IMG_4519.jpgカリフ5兄弟のうち3兄弟が再会しました!。左からカリフ、レモンちゃん、ジェイクくん、みんなソックリでしょ!(笑)

IMG_4523.jpgシャマルもカリフも遊びます!

IMG_4524.jpgカリフも気持ち良さそうに走ってます

IMG_4534.jpgなんと今日のサプライズゲスト、、、ジャック・スパロウの登場です!

IMG_4542.jpg我が家もジャックさんと一緒に記念撮影です(撮影はMM父さん)

IMG_4543.jpgシールのロコちゃん(左)とミッドくん。お父さんが同じですから、これまたソックリ!

IMG_4551.jpgランチの途中でちょっと小雨が、、、、我が班に実はキャンプの達人が、、、そうミルパト家です。このテントのお蔭で8人8イタグレがゆっくりと雨の中、ランチを楽しんでました。

IMG_4559.jpgママに抱かれて甘えるシャマル。ママのブルーのスエットはもしや、、、

IMG_4561.jpg今回一番遠く(?)からの参加されたモカロコ家さんです。ママが抱いているのが5ヶ月のロコちゃん(モエちゃん、モモちゃんの3姉妹です)、パパの抱いているのはモカちゃん。この日はパピーのロコちゃんはモカちゃんと離れて寂しいのか「ピィ~ピィ~」と可愛く泣いてました(笑)。また一緒に走りましょうね!

IMG_4573.jpgランチ後はまたみんな元気良く遊び始めます

IMG_4588.jpgこの日はみんなにチュッパチャプスが配られたので、みんなの口から細い白い棒が出てました(笑)

IMG_4599.jpgなぜかエラそうにミルパト家のチェアに鎮座されます我が子のカリフでございます!

IMG_4602.jpgいろんなところでコミュニケーションが見られます!

IMG_4604.jpgカリフよりもっと淡い色のピッコロちゃん。ホワイトフォーンというのでしょうか?、、、とっても美しい色で凛々しいお顔でした!

IMG_4624.jpgレディスのレースから始まりました。スタート前は緊張の一瞬です。みんなヤル気満々!!

IMG_4618.jpgレースではこんなハプニングも!。逆走する侵入イタグレ2頭発見!(笑)

IMG_4640.jpgそんな中、コースに頭だけ出している兵者発見!!誰っ?

IMG_4639.jpg誰って、この人はもしかして、、、、。イタグレちゃんも飽きれて見てました!(大爆)

IMG_4647.jpgレースを控えて何やら作戦会議でしょうか?、、、

IMG_4654.jpg久しぶりに美女のイリーちゃんと会えました!

IMG_4659.jpgレースはどんどん進みます!。観客もくつろぎ派たちはチェアに座って応援です

IMG_4660.jpg今年はきっちりと距離を30m測定。その上タイムも測定。トップは3秒前半で駆け抜けるスピードです!!

IMG_4666.jpgスタート直後。こっから加速がグングンと、、、

IMG_4668.jpgスタート地点から見るのも面白いね!。みんな必死で走ってます!!

IMG_4686.jpgいよいよカリフの登場。でもまったく集中力に欠け、ゴール地点を見ません。スターターをファルコ父さんにお願いしました。ありがとう!

IMG_4691.jpgカリフ、走ります!!。結果は、、、(涙)。でもよく頑張ったよ、カリフ!

IMG_4695.jpgゴール地点では親の応援で熱くなってます

IMG_4711.jpgゴールをめざせ!!!

IMG_4715.jpgもうすぐゴールだっ!!!

IMG_4730.jpgということでレースの表彰式。チャオくん一家、おめでとう!。まだ帰国されていなかったジャック・スパロウからメダルが送られます。貴重です!(爆)

IMG_4733.jpgゼロくんです!。ちょっと前まで調子が万全ではなかったはずが、、、、とにかくパパは大喜びでした。おめでとう!

IMG_4735.jpgレースでは表彰台常連のユキちゃんです!おめでとう!。どうしてこんなに白組は強いんでしょう?(笑)

無邪気なイタグレたち、飼い主みなさんの幸せな表情をいっぱい見ることができた集いの日曜日でした。DOXのみなさん、会場設営していただいた方々、そして集いでご一緒させていただきましたみなさん、ありがとうございました!!。またみんな一緒に走りましょうね!。

[ 2008/10/20 17:59 ] イタグレ Shamal&Karif | トラックバック(-) | CM(34)

名古屋入り


久しぶりに名古屋に行ってきました。
といっても仕事なんですけど、、、、、

DSCF8743.jpgライターにヒアリング受けてます

以前完成した「名古屋の家」の雑誌掲載のための取材と写真撮影の立ち合いのためです。設計段階で「2世帯住宅」として計画してありましたが、昨年目出たくご子息が結婚され、晴れて「名古屋の家」も本来の「2世帯住宅」として機能し始めた訳です。

そこで今回の取材となり、水曜日の朝から雑誌編集者、ライター、カメラマンと私の4人で「名古屋の家」に伺ったのです。
家に入ってビックリ!。まるで竣工当時のままの美しさ!。まあここのお宅は毎日綺麗にされているのを知っていたので、ある程度は想像はしていたのですが、メチャッ綺麗なんです!(喜)

さて編集者とカメラマンはカットアングルを相談し、ライターはオーナー家族にヒアリング、、、、僕はウロチョロ、、、、
いろんな生活のシーン(ポーズを決めて)をカメラに納め、飛び入りで愛犬のラミーちゃんも一緒に家族と微睡む姿が撮影されていました。

xDSCF8783.jpg庭で微睡む愛犬ラミーちゃん

DSCF8786.jpg外観の撮影しているカメラマンさん。汗かきかき、お疲れさま! (以上今回はコンデジでした)

一日中雲ひとつない青空でちょっとカメラマン泣かせの天候でもありましたが、無事午後も半ばには取材と撮影は終了。この日の名古屋は気温27度にもなりました。暑い訳です!。

帰りには実家の両親と名古屋駅で待ち会わせ、早めの夕食を、、、、(といっても僕に撮っては凄く遅いランチだったのですが、、、、)。ちょっと会うだけの親孝行(?)をして、お土産を両親に買ってもらいました。「虎屋の生ういろ(栗)」(●)です。(虎屋は東京の「とらや」ではありません!)。夜遅く事務所に戻って、さっそくスタッフみんなといただきましたが、久しぶりに食べた名物・ういろがとっても美味しかったです。また今度お土産に買って帰ろろぅ~っと!(笑)

今回取材された「名古屋の家」は下記の発売予定ですので、またその頃にお知らせいたします。

     ■「新しい住まいの設計(●)」(扶桑社)  特集:(仮称)2世帯住宅
          2009年2月号(2008年12月21日発売予定)

クリスマス前に発売予定ですので、ウキウキしながら見てみてくださいね!(笑)x

[ 2008/10/17 11:51 ] 雑誌掲載・TV放映 | トラックバック(-) | CM(6)

外苑プチオフ


ちょっとだけオフ会に顔を出させていただきました。

外苑セラン前に集結したクルマはMaserati×4台、Aston Martin×1台。
Maserati 3200GT、Quattroporte IV V6 Evolutione Cornes Serie Speciare、Quattroporte IV V6 Evolutione、Quattroporte V、& Aston Martin V8 Vantage

個性溢れるクルマたちを前に話を弾ませます。ディテールを比較したり、インテリアを見たり、エンジンを覗いてみたり、、、、

とにかく無心で夢中になってしまう瞬間、童心に帰る瞬間、時間を忘れる瞬間、いつも
Maseratiを前にしているとこうなってしまいます、、、、、

IMG_4474.jpg セランの前にクルマを並べます。同色がたまたま2台ずつ並びました

IMG_4466.jpgAston Martin V8 Vantageを先頭に並んでます。我が子のシャマルもカリフも参加させていただき、みなさんに可愛がっていただきました。ありがとう!

IMG_4477.jpgビアンコバードケージの3200GT

IMG_4481.jpgクアルツォドロミテのQuattroporte IV V6 Evolutione Cornes Serie Speciare
何とも言えない品あるカラーでした。そしてご近所だったことも判明!

IMG_4480.jpgクアルツォドロミテのQuattroporte V

IMG_4479.jpg拙車・ビアンコバードケージのQuattroporte IV V6 Evolutione

IMG_4476.jpgアーモンドグリーンのAston Martin V8 Vantage

IMG_4456.jpgめったに拝見することないV8 Vantage。インテリアからエンジンまで舐めるように、、、、
アイドリングはMaseratiのものより静かですが、アクセルをちょっと踏み込むと爽快なスポーツサウンドに変身!!

IMG_4453.jpgさすがに英国仕様の右ハンドル。とっても運転しやすそうです。シートの太い糸のステッチも工芸品ですね!
[ 2008/10/14 22:57 ] MASERATI | トラックバック(-) | CM(12)

カフェ西庵


連休初日は近所をお散歩することに、、、
シャマルとカリフを連れて、用賀から歩いて20分ほどの岡本まで。
めざすは「カフェ西庵」。

IMG_4441.jpg


「静嘉堂文庫 」や仲代達矢率いる「無名塾」が近所にあり、とっても閑静な処に佇んでいます。カフェ西庵は緑いっぱいに囲まれ、パッと見ではそれとわからない雰囲気があります。行く途中にT-SQUAREのギタリストの安藤正容さんにも出逢えました。犬連れでお散歩のようでした。

IMG_4402.jpg緑いっぱいに包まれて落ちついた雰囲気です

IMG_4401.jpgお蕎麦が主です!。駐車場もカフェの隣に3台スペースがあります

IMG_4407.jpgシャマルもカリフも落ちついて、、、、

さて12:00すぎたころでしたが、まだお客さんもなく一番乗り。
なぜ「カフェ西庵」かというと、ワンコ連れで大好きな手打ち蕎麦が堪能できるからなんです。メニューもお蕎麦のみ(スイーツ除いて)。さっそく普通の手打ち蕎麦と西庵手打ち蕎麦を注文します。

IMG_4415.jpgかろうじて道路からはこんな感じです

IMG_4434.jpg大勢で集まった時はこのテーブルかな?

IMG_4422.jpg室内も清楚にまとまってます。ワンコはテラス席のみです

IMG_4431.jpg何となく食べ物が気になりはじめました、シャマルとカリフ(笑)

待つ間もまわりの緑を愛でながら、ゆったりとした休日の時間を過ごすことができるものここの良さ、、、、こんなお庭が家にあったらなぁ~と想像しているうちにお蕎麦がきました。西庵蕎麦は野菜やゆで卵がはいったおつゆでいただきます。とても上品な感じで美味しい手打ち蕎麦を味わうことができます。
そうこうしているうちに、テラス席も室内席も満席に!!。どうしてみんなこんな隠れ家的なカフェを知っているんでしょう?。シャマルもカリフもいつもののように膝の上で大人しくしてました。

IMG_4439.jpg西庵手打ち蕎麦です。大盛りは200円増しです。写真はノーマルです

IMG_4447.jpgアイスクリームを添えた、温かいアメリカン・アップルパイ。冷たさと温かさが楽しいスイーツです!

IMG_4436.jpgパーゴラを通して緑の樹木と青い空を愛でました、、、清々しい気分にリフレッシュさせてくれます


休日の新たな生活の仕方を発見できたような時間でした。
そのあとは二子玉川までの散策路をゆっくりと楽しみながら家族みんなで歩いていきました、、、、、
[ 2008/10/13 21:15 ] 蕎麦・饂飩 | トラックバック(-) | CM(10)

手作りおはぎ


「おはぎ」と「あんころもち(餡衣餅)」と「ぼたもち」としっかりと僕の頭の中では区別がつかないが、どれも好きなのは間違いない!(笑)

IMG_4372.jpg


先日、Wifeの実家の前橋で親戚揃っていただいた粒餡をたっぷり纏った「おはぎ」たち。「ゴマ砂糖醤油もち」「粒餡入り黄粉(きなこ)もち」と、すべて手作りの「もち」たちであることがとても嬉しい。とにかくその大きさと美味しさに圧倒されてしまう。

もともとあんまり餅を好んでは食べない僕だが、最近この手の甘味が美味しく感じるのは、歳を重ねたせいであろうか(汗)。この「おはぎ」たちはWifeの祖父母の実家の伯母の手作りなのであるが、とにかく米自体を自ら作っているのだから旨いはずだ!。中身も、もち米とうるち米が程よくその粒の形を残し、甘さ控えめのたっぷり手作り粒餡で包まれている。

IMG_4373.jpgゴマ砂糖醤油もち

IMG_4375.jpg粒餡入り黄粉(きなこ)もち

僕はとしては記録的な全種類1個ずつの3個を完食。と思いきや、隣の高校生になる姪は5個もこの大きな「おはぎ」たちをペロって食べてしまった。まだダイエットとは無縁なようである(笑)。色気より食い気って感じ???(爆)

全てが無添加の自然素材でできた「おはぎ」たち。かつてはみなそうだった。今や安全を個人の責任において見極めなくてはいけない世知辛い世の中になってしまった。健康も食べることから始まるだけに、食材選択には一層気を遣っていかなくては、、、、、
それと同時に日本の「食の自立」「食の自給率」をもっと向上させるための政策を実行してもらいたいものだ。これもまずは日本国民の意識改革から始めなくてはいけないんだろうね!
[ 2008/10/09 09:19 ] スイーツ/和菓子 | トラックバック(-) | CM(22)

壺を味わう


ちっちゃな壺を買いました。

とっても可愛い渋めの壺です。

この壺は僕を幸せにしてくれます。

でも決して変な宗教ではありません。

でも間違いなく僕の心を癒してくれます。

みなさんもこの壺を買って幸せになりませんか?

強制的な勧誘ではありません、、、、、


IMG_4383.jpgいろんな壺の仲間入りをさせてもらいます

IMG_4382.jpg大きさはこんな感じ、、、

IMG_4386.jpgあまりに可愛いので、思いきって切っちゃいましょう!

IMG_4388.jpgあれっ???  そう壺型のバウムクーヘンでした!(笑)

隣街の桜新町にある創作菓子の老舗「ヴィヨン」(●)の「ヴィヨネット」です。
「バウム=木」「クーヘン=お菓子」という意味ですが、樹木の年輪をイメージして作られたバウムクーヘンは、誰もが一度はお口にしたことがあることでしょう。

製作過程でできた心棒に木苺のゼリーを流し込んでできあがったのが、この「木苺のヴィヨネット」です。柔らかいちょっと酸っぱめのゼリーとほんのり甘いしっとりしたバウムクーヘンのコラボレーションを楽しむことができます。美味しいアールグレイなどと一緒にいただくとさらに幸せな気分に、、、、、

IMG_4392.jpg

IMG_4399.jpg


ほかにも「洋梨のヴィヨネット」「青リンゴのヴィヨネット」があります。
大きさも豊富で、今回のヴィヨネットは最小の直径9cm、高さも9cmのものですが、ひとまわり大きいヴィヨネットや、30cmオーバーのヴィヨネットがあります。でもお値段も2万円を超えますので、特別注文の際はちょっと緊張しちゃいそうです(笑)

[ 2008/10/07 22:34 ] スイーツ/和菓子 | トラックバック(-) | CM(18)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。