ホーム > アーカイブ - 2011年06月

東北復興祈願 @浜松北高/関東同窓支部総会


今年も我が母校の同窓会が、丸の内は「日本工業倶楽部」で開催されました。
3・11大震災の影響を受けつつも、東北復興祈願を主眼とおいた企画へ変貌した同窓会。
特に同窓会関東支部総長の有馬朗人氏(濱松一中52回卒・元文部大臣・元東大総長・文化勲章授章)の特別講演が開かれるとあって、例年の参加数を大幅に超えた350人以上の同窓が集結したのには驚愕しました。

DSCN0479.jpg

受付を済ませ、我が30回の同胞集まる席に陣取って、有馬先生の講演に耳を傾けることにします。
講演会タイトルは『東日本大震災からの復興に向けて ~日本再生とエネルギー政策~』
有馬先生はご専門が原子核物理学なので、今回の原発事故との兼ね合いあたりの発言にも非常に興味あるところでした。
ということでさっそく有馬総長の登場です、、、

DSCN0455.jpg
いつも優しい笑顔で同窓会に参加される有馬先生です

DSCN0466.jpg
スライドを使って懇切丁寧に講演を進めていかれます

DSCN0467.jpg
スライド文字が小さくて見えないので、僕はコンデジで撮ってアップで読んでました(笑)

1時間30分以上にもわたる講演会。
講演内容については後輩のN女史のブログ(●)でまとめてありますのでそちらでご覧下さい。

まだまだいろんなお話をしたそうだった有馬先生でしたが、パンクチュアルに質疑応答の時間にしました。時間の都合上、2人の質疑に限られましたが同窓会長がまず「電気・蓄電について」の質問。そしてもう一人が挙手。何と質問者が我が30回のY君じゃありませんか!。彼はバリバリの新聞記者(科学)なので「浜岡原発と東海沖地震の確率の信頼度について」しっかりと質問してました。有馬先生も地球物理学がいかに進歩していても地球の地震予知は困難極まるとの回答で会場にも笑みが、、、「1000年に1度の地震は予知不可能です」と!

DSCN0476.jpg
Y君、質問中、、、

DSCN0477.jpg
最後は今年幹事の新制35回の関東支部総会幹事代表のT君からみんなに謝辞が、、、
お疲れさまでした、35回の幹事の皆様♪


さてここからは第2部。
まず東北大震災の犠牲者のみなさんへの黙祷、、、
東北大学・北高OB・OG会から復興支援活動の報告などがありました。
その後は東北の物産、お酒、おつまみなどをいただきながら歓談を楽しみます。久しぶりに逢う同窓、そして先輩、後輩、とにかく全員にご挨拶する時間もなかったですが、いろんな方々とお話できた貴重なひとときとなりました。

2mai1_20110629202737.jpg
会場狭しとひといっぱい♪

DSCN0482.jpg
最後は応援団OBの幹事による東北へのエールを送ります!
「フレ~、フレ~、東北!、、、フレッ、フレッ東北、フレッ、フレッ東北!」

DSCN0451.jpg
14:00から始まった同窓会も終わってみればもう17:00。
皆さんと別れを惜しみながら会場をあとにします。最後に寄付金箱をもった東北大出身者が、、、
もちろん寄付金を入れて頑張ってとエールを、、、
会場となった『日本工業倶楽部』
超高層ビルに包まれ保存されています。免震構造にもなっています。


さて30回は浜松からの参加者を含め、12人で2次会に向かいます。
丸の内OAZOの6Fにある『ねのひ』が会場です。今回もM女史さん幹事で感謝です♪。
ソニーの盛田会長の長男さんが経営するお店です。三河地産の食材、八丁味噌料理がとっても美味しく戴けます。
こんな感じでした↓。

4mai1_20110629202757.jpg
錫(Sn)で出される地酒、、、あまりに美味しそうだったので下戸の僕も舐めてみました♪
我が学年の秀才I君の錫談義もとても楽しめましたよ!!!
小鉢も自分の好きなものをチョイスできます!。水茄子もうまかったなぁ~♪

4mai2_20110629202806.jpg
冷たいアスパラ、八丁味噌のスペアリブ、三河鶏の串焼き、コーンのかき揚げ(フランス塩と一緒に)

4mai3_20110629202817.jpg
アイナメのお造り、味噌おでん、蟹揚げ、地鶏のフライ、、、

4mai4_20110629202843.jpg
おじさんたちがからかったGさん、ゴメンなさいね♪。温トマトの肉詰め、鯛ごはん、、、美味♪

時間を忘れて2次会4時間!(爆)。
いつもながら元気に明るく、思いっきり語り合いました♪。家に着いたら喉ガラガラ(笑)
また熱く語りましょう、、、みんなありがとう!!!

[ 2011/06/29 21:34 ] 同窓・浜松 | TB(0) | CM(6)

Patisserie 雪乃下@桜新町


日曜日、夕方までの仕事を終え、せめて休日らしくと桜新町の隠れ家(●)
シャマカリ連れて散策に、、、
曇天ながらココの木陰は最高の憩いの場、、、真上を見上げれば、、、

DSCN0531.jpg

ちょっと前、シャマカリ居ない時に、テラス席のあるスイーツのお店発見!
ワンコOKであることをお店の人に確認していたので、この日、出掛けたわけです。
さっそくお店に入ります、、、一応ワンコOKかを再確認、、、
「エッ!、ダメ???」
この間のお店の女性は大丈夫って言ってたのにぃ~

でもお店の女性は優しく、
「せっかくなのでテラスのこの席であればどうぞ」
と♪。お言葉に甘えで椅子に腰掛けます。
天空の緑、涼しいそよ風、重厚な静けさ
疲れた身体をしっかりとリフレッシュできます。

DSCN0520.jpg

DSCN0530.jpg

DSCN0528.jpg

小1時間ほどゆったりとした後に、お店の女性にお礼を言ってあとにし、
しばし園内をゆっくりと歩きます。
すると、先ほどの女性がお店から掛け出て来て
「先ほどは失礼しました。今度ぜひ他のお店の方々ともワンちゃんのことは
話し合っておきますので、よろしくお願いします」
と、、、嬉しくなりました。またいつかココを訪れることができる日を楽しみに、、、

DSCN0540.jpg
こちらは1500坪の大きな回遊式庭園があり、鉄板焼き、フレンチ懐石などのお店もあります。
とにかく都会の喧噪から別世界を体験したい方、ぜひどうぞ、、


[ 2011/06/27 22:56 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(6)

緑萌ゆる@ゼブラ


もうゼブラは眩いほどの緑の絨毯。
イタグレたちもノビノビとランを満喫。
蒸し暑さこそあれど、元気に走り回るその姿を目にするだけで、日常の雑念から解放される。
人間、無垢なイタグレたちのような感じで気持ち良く生きていかなくっちゃ!

この日も貸切にしていただきましたライビー家のHITOMIさん、ほんとにありがとうございました。
また一緒に遊んでいただきましたみなさん、ありがとうございました♪

IMG_6841.jpg
いきなりお尻!、、、ちなみにカリフです♪

IMG_6856_20110622212424.jpg
合唱隊健在♪

IMG_6871.jpg
元気だよ、、、まだノーリードじゃないけど、、、

IMG_6842_20110622212352.jpg
華麗にかわす、、、かな?

IMG_6852.jpg
息切れシャマル!

IMG_6892_20110622212517.jpg
チュッ!!!

IMG_6899_20110622212528.jpg
眩しいでちゅ!

IMG_6909_20110622212538.jpg
爽快に謳いあげます、、、

IMG_6912.jpg
合唱隊のプチ移動

IMG_6921.jpg
背筋伸ばして、、、

IMG_6925.jpg
しつこいシャマル(汗)

IMG_6942_20110622212627.jpg
兄妹の愛♪

IMG_6955.jpg
肉体美!

IMG_6968_20110622212646.jpg
豪快で繊細、、、

IMG_6973.jpg
そこの女史、恐過ぎ!!!

IMG_6988.jpg
息切れシャマル-2

IMG_6990.jpg
ボールの達人♪

IMG_7007_20110622212739.jpg
美しき調和♪

IMG_7013_20110622212801.jpg
かよわいカリフ、、、

IMG_7041.jpg
繰り返す合唱♪♪♪

IMG_7043.jpg
息切れしながらも走るシャマル、、、

IMG_7057_20110622212833.jpg
お洒落な女の子♪

IMG_7068_20110622212944.jpg
ママ、恋しい、、、

IMG_7072_20110622213006.jpg
ビーくん、健在♪(喜)

IMG_7078_20110622213017.jpg
濡れ濡れシャマル、、、

IMG_7094.jpg
ひとりぼっちの警備隊、、、シャマルなんですが、、、(汗)

IMG_7097_20110622213857.jpg
首、曲がり過ぎ?!

IMG_7102_20110622213912.jpg
耳デカイ!、、、シャマルです

IMG_7109_20110622213930.jpg
パパのリクエストに応えて、、、

IMG_7129_20110622213940.jpg
カリフ得意のポーズ♪

IMG_7145.jpg
4イタグレで貸切、、、(笑)

IMG_7164.jpg
みんな笑顔で♪

アフターゼブラはママのいる横浜赤レンガ倉庫に向かいました。
「最近、シャマカリママさん、見ないわね、、、」なんて漏れ聴こえてきておりますが、この日もママはお仕事(ちなみに僕は土曜日担当なんです!)。シャマカリと一緒にお迎えに、、、

横浜、大きな海に浮かぶ大きな客船、、、
人間、大きく生きたいものです♪、、、せっかくの人生なんだから!

[ 2011/06/22 22:19 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(2)

イタハイ部、扇山征服!


『山、登る限りは、あきらめちゃならん。
達成感の喜びはこれまたひとしお。
登った甲斐があったというもんだ!』

イタグレ・ハイキング部(通称;イタハイ)は山梨県は大月市にある『扇山』(●)を目指すことになりました。そしてどんな山かも情報よくわかったおりません(笑)。登山リーダーのレモンパさんにみんな憑いて往くことにします。曇りという暑くもなく寒くもなくハイキングにはもってこいの日和です!。

中央道・大月IC下車、一路、扇山麓の「桂川ウエルネスパーク」に向かいます。駐車場に車を停め、軽く運動したあとにいよいよ扇山目指して、イタグレちゃんたちと一緒に気分軽やかに歩き始めます。遠くに見える高い山を指差し「まさかアノ山の頂上じゃないよね?!」などと元気にみんなで会話しながら歩くも、このあとの(凄まじい)展開はいかに、、、???

DSCN0238.jpg
目の間に高い山が、、、「今日登る山はあんなに高くないんだよねぇ~?」と車内で会話♪

DSCN0246.jpg
桂川ウエルネスパーク到着。看板を見て目的地の方向を確認。みんな心ウキウキ♪ワクワク!

DSCN0251.jpg
先軍は登山リーダーのレモンぱを先頭に、、、

DSCN0252.jpg
後群はメチャ明るい♪、まさにピクニック気分!(笑)

DSCN0258.jpg
いきなりミルパト父の苦手な吊り橋を渡る(笑)、、、

DSCN0262.jpg
何となく目的地の方角が前方の山?、、、さっきの車から見えた山だっ!。でもあそこまで予定の1時間半ではいけないだろうから、違う山なんだろうな、、、???

DSCN0265.jpg
さていよいよ「扇山登山口」に到着!。この時はまだ記念撮影なんかの余裕も、、、(爆)

DSCN0275.jpg
いきなりなんか細い獣道だっ!。1列がやっとの道を寡黙に進みます、、、

DSCN0278.jpg
最初っから勾配はきつく、前日の雨で道もウェット、、、まあこんな森の中だから、いつもウェットだろうけどネ!

DSCN0287.jpg
ゲッ!、沢???、、、大の水嫌いのシャマル、足がすくんで前に進めず♪(笑)

DSCN0289.jpg
わき水のある平らな処に到着。そういえば、ここまで全く平らなところがなく、ず~っと急な山道でした。ここまで約1時間。かなり体力消耗、、、限界も多少感じつつ、、、
そして頂上から下ってきた男性に、ここからどのくらい距離があるかを確認してみると、、、
「ここでちょうど登山口から1/3くらいかな?。まだ1時間半以上はかかるし、ここからもっと道が険しいよ!」と耳にして、僕は45%くらいの気持ちで、登頂を断念してました。誰かギブアップする人がいれば同調して下山しようと思っていたのですが、誰も諦めない!!!。最後にその男の人が「頂上からは富士山が見えたよ♪」との一言で、俄然登頂アタックの決心をしたイタハイ部でした♪

DSCN0291.jpg
ということでまたみんなで励まし合いながら登り始めます!。こんな急なところでも一応、石の階段、、、かえって登りにくい!

DSCN0295.jpg
イタハイに行くと、シャマルはトマトのガード役に徹します。先を歩いていても、後に戻ってまでトマトを待ってます。トマト・ラブ♪

DSCN0302.jpg
さっきの湧き水のところから1時間以上歩いても頂上すら見えません。ちょっとなだらかなところで休憩♪。ここまでくると、もうみんな笑うしかありません!(爆)。イタグレちゃんたちは結構元気。凄い体力を温存していてお見それいたす!

DSCN0305.jpg
みんなとガウガウする元気まで、、、イタグレはほんとに素晴らしいワンコです♪

2mai2_20110614212553.jpg
また1時間近く歩くと、何となく頂上を予感させるような場に、、、天空が明るくなってきました。ようやく我が子たちのショットを撮る余裕なんかも、、、でも大汗かいて、首に掛けたタオルもビショビショ(大汗)

DSCN0313.jpg
「やった~!!!。扇山頂上に着いたぞぉ~♪」。登山道では2人くらいにしかすれ違わなかったけど、案外人がいるのにビックリ!。とにかく登頂成功です♪。カリフは草をむさぼってた(笑)。
結局、登頂までに3時間10分。もの凄い往路のハイキングでした!(笑)

DSCN0316.jpg
頂上から富士山が見えました!。雲が多かったけど見えて良かったぁ~♪

DSCN0319.jpg
続々とイタハイメンバーの到着です、、、やっと手を振る元気なども(笑)

2mai1_20110614212541.jpg
扇山、標高1137m。最後の到着組は「敗訴」を掲げて記念撮影(爆)

DSCN0347.jpg
さっそくみんなでシートを敷いてランチです!。ゴハンに集中!、左からレモン、トマト、ルート

DSCN0348.jpg
カリフ(右)はママの膝の上、、、

DSCN0350.jpg
シャマルは僕の膝の上、、、

DSCN0352.jpg
お行儀のいいミルコ(左)とパト

DSCN0354.jpg
ママに甘えたい颯、そしてうしろには弟の銀、、、

DSCN0355.jpg
ミッドはママに抱かれて、眠たいでチュ!

DSCN0356.jpg
ミディオはパパに抱かれてイイ気分♪

DSCN0376.jpg
山の天気は変わりやすい、、、後から白い雲が、、、

DSCN0321.jpg
お決まりのシャマカリ家、記念撮影です♪

DSCN0344.jpg
そして全員揃っての記念撮影!、、、お尻向けてるのは誰?

DSCN0361.jpg
今回はコンデジ撮影。パノラマで撮って遊んでみました【クリックで拡大】

DSCN0384.jpg
さ~て頂上を満喫して下山することに、、、下りはまた足がガクガクになりそう(汗)

DSCN0387.jpg
また森の中に突入します、、、

DSCN0393.jpg
やっぱり下りの方がペースは速いね♪。足元は要注意だけど!

DSCN0394.jpg
何回もUターンを繰り返しながら、、、

DSCN0402.jpg
またさっきのプチ沢です、、、気をつけて!

DSCN0405.jpg
下山はみんなが揃ってました、、、

4mai2_20110614212610.jpg
ようやく登山口に、、、1時間強で山頂から降りてくることができました♪。笑う膝をいたわりながら、しばしみんなで休憩です。イタグレちゃんたちもみんな元気♪

DSCN0423.jpg
ミルコ父の大の苦手な吊り橋で記念撮影強行!(笑)

DSCN0425.jpg
↑の集合写真にカリフが入ってなかったので(僕と一緒だったため)、特別にお尻公開♪(笑)

DSCN0430.jpg
桂川ウエルネスパークには芝のドッグランもあります♪。予定では下山後に走らす予定でしたが、人間の方が体力消耗し過ぎてギブアップップップ!。また機会あれば、、、

こんな感じで扇山から下山して来たら、既に17:00くらい。
結局、最初にパンダ君の中から目にした「アノ山」が登った『扇山』でした♪。

みなさん、ほんとにお疲れさまでした!。でもとっても思い出深いイタハイになりましたね!
幹事のミルパト母さん、そして登山リーダーのレモンパさん、ありがとうございました。
そして一緒に参加したみなさん、ありがとうございました、とっても楽しかったです♪。
また行きましょう、、、もうすこし楽チンコースでお願いします(爆)

しばしソフトクリームを食べたり、コーヒーを飲んだりして、ココで現地解散。
僕はというと、慣れぬ早起きも祟って、25km渋滞の中央道に突っ込む勇気もなく、パンダ君でし仮眠をとってから出発することに決定。
1時間強寝て起きると、隣でMM家が車の中で寝てました。ちょっと打合せて、まだ渋滞中の中央道を回避して上野原ICまで20号で行こう、と決定。途中ディナーでも、と!

4mai1_20110614212601.jpg
IC手前にイタリアン・フレンチのお店を見つけ、そこで遅いディナーを、、、
空腹を満たす美味しいお料理で満足♪。
ここでMM家とお別れ、、、まだまだ続く中央道の渋滞へパンダ君の身をおいたシャマカリ家でした。

[ 2011/06/14 23:05 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(6)

華麗なる戦い♪@DOXの集い


シャマルとカリフの奮闘ぶりを観ていただいたあとは、仲間たちの素晴らしい走り、その美しき肢体、無垢な真剣さをお伝えしたいと思います。言葉は要りませんネ!

IMG_6432_20110608204214.jpg
午前中の会場はまったりと、、

さて13:00からレースが始まります。どんなシーンが飛び出すでしょうか?。楽しみです♪

IMG_6442_20110608204228.jpg

IMG_6450.jpg

IMG_6464.jpg

IMG_6468.jpg

IMG_6482_20110608204509.jpg

IMG_6495.jpg

IMG_6506.jpg

IMG_6510_20110608204536.jpg

IMG_6523.jpg

IMG_6561_20110608204618.jpg

IMG_6565.jpg

IMG_6591_20110608204638.jpg

IMG_6607.jpg

IMG_6611_20110608204656.jpg

IMG_6628_20110608204726.jpg
【↑クリックで拡大】
IMG_6629.jpg

IMG_6639_20110608204751.jpg

IMG_6650.jpg

IMG_6654_20110608204953.jpg

IMG_6665_20110608205050.jpg

IMG_6673_20110608205100.jpg

IMG_6685.jpg

IMG_6687_20110608205121.jpg

IMG_6692_20110608205130.jpg

IMG_6710_20110608205146.jpg

IMG_6720.jpg

IMG_6727.jpg

IMG_6741.jpg

IMG_6755.jpg
【↑クリックで拡大】
IMG_6757.jpg

IMG_6759.jpg

IMG_6768.jpg

IMG_6774.jpg

IMG_6782.jpg
【↑クリックで拡大】
IMG_6788_20110608205529.jpg

IMG_6791_20110608205558.jpg
【↑クリックで拡大】

■決勝レース
IMG_6800.jpg
【↑クリックで拡大】
XIMG_6809_20110608205644.jpg

IMG_6816_20110608205709.jpg
レース表彰式が始まりま~す!

IMG_6820_20110608205719.jpg
「ギブソン、凄いね!」「ワァ~♪」「いいなぁ~!!!」と3本の腕がメダルに伸びる!(笑)

IMG_6834X.jpg
総合優勝・イタグレワールドチャンピオンのヴィトくん(左)です!。おめでとう♪
ちなみにシャマルの兄弟♪、、、いつかメダルを手にするのを夢見て、、、


集いで参加されたみなさん、楽しく一緒に遊んでいただきありがとうございました。
また次回もお逢いできることを楽しみにしてますね♪

(おわり)

[ 2011/06/08 21:44 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(22)

毎度のカリフ的レース@DOXの集い


さて次はカリフのメンズ予選です♪
スタート地点での集中はイイ感じ!(笑)。問題はいつもこのあとに、、、(汗)
レースの面子も仲のいいお友達ばっかり♪
さてどんなレースになることやら、ワクワクドキドキ!!!

IMG_6618.jpg
パトくん(右)、こちらの母さんを探してるのかな?。父さんの気分高揚作戦は功を奏すか?

IMG_6618x.jpg
ピンクリボンのカリフ、、、似合います?(笑)。お隣は大好きなアルト兄さん、、、

IMG_6620_20110608113153.jpg
スタート!!!
ウン?、カリフの進む方向が毎度のことながらおかしいぞっ、、、

IMG_6621.jpg
やっぱり!(汗)。今年はパトくん狙いだった、、、(笑)。去年は(●)、、、

IMG_6622.jpg
まず挨拶代わりのキッス♪

IMG_6625_20110608113248.jpg
たとえ離れても軌道修正に向かいます、、、

IMG_6628.jpg
「パトくん、一緒に仲良く走ろうよっ!」、、、って、レースであることを自覚しないカリフです

IMG_6630.jpg
パトくんとくっついて走ってれば安心♪ 【クリックで拡大】

IMG_6633_20110608113327.jpg
パトくん(左)迷惑そう、、、カリフ(右)嬉しそうぉ~♪

IMG_6634_20110608113335.jpg
まだ話しかけたそう、、、

IMG_6635_20110608113343.jpg
「パトくん、俺を先に行かせてくれ!、礼はあとでするからサッ♪」

IMG_6636.jpg
難なく冷静なパトくんが先行してゴール!(笑)

ということでカリフは当たり障りない3位。
入賞の名前もコールされることなく今年も1回戦退散です、、、
でも今年もレースを楽しんだカリフ。これが彼なりの生き方だから、寛容に認めてあげよう!

次回はスプリンターたちの勇姿をターゲットに展開するよ!

(つづく)

[ 2011/06/08 13:36 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(0)

シャマル予選1位の巻@DOXの集い


日曜日、足柄COCOでの『DOXの集い』に参加して参りました。
午前の陽射しは強く、少し焼けてしまいましたが、午後からは涼しい風と曇天に恵まれ過ごしやすい集いの日となりました。

doxdiary_73985533103259a.jpg
photo by DOX BOSS

今回も112イタグレ、152人が集結いたしました集い。
午前中はまったりと、ランチ後のレースには皆、気合いを入れての応援合戦に、、、
そんな中、レースは参加することに意義があると、逃げ腰のシャマカリ家でございましたが、メンズ予選でシャマルがなんと1位を初めて獲得することになりました!。今年のシャマルはひと味違うかも、、、
其の時の感動をもう一度、バカ親である僕が再現しますのでお付き合いの程を、、、

IMG_6570.jpg
スタートリリースもみんな構えてますね!

IMG_6570x.jpg
シャマルは雄叫びを!「ウォ~ン♪」

IMG_6571.jpg
いいスタートです!

IMG_6578_20110607223637.jpg
今回は隣の仲間に目をくれることもなく集中して前を向いて走ってます!

IMG_6581_20110607223649.jpg
リラックスした走行シーンですね、、、

IMG_6579.jpg
ちょっと横が気になりかけますが、我が道を選択しております♪

IMG_6584.jpg
マイペース、マイペース!

IMG_6580.jpg
ゴール直前に同士に一喝♪(笑)

IMG_6582.jpg
予選1回戦、トップでゴールイン!!!

おめでとう、シャマル!
良くやったぞ!、シャマル!
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

満を持し、期待した予選2回戦、思いっきりビリでした(大涙)
親の過信を思いっきり反省した一瞬でもありました。
でも頑張ったシャマルを思いっきり抱いてあげました♪

さて次回はカリフの巻、、、どうなることやら?

(つづく)

[ 2011/06/07 22:56 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(7)

『三陸海岸大津波』@吉村昭


これは読んでおかねば!、、、と手にした本。
過去3回の三陸海岸を襲った大きな津波について、吉村自らが足を運んで事実認識をし、前兆・被害・救済などの様子を被災者の体験証言を聴き集めてまとめられた内容となっています。
「明治29年の津波」「昭和8年の津波」「チリ地震津波(昭和35年)」という明解な3部構成。
それは恐ろしい史実を基にしたリアルなイメージ再現を可能とする巧みな文章。吉村としても文学としてでなく、ひとつの「地方史」としてまとめる使命を感じたとのこと、、、なにより三陸海岸を愛した吉村の目に写ったコンクリートの「防潮堤」、その異様な印象に触発されて三陸津波への興味が深まったとのこと、、、そこからこの本が生まれました。

P5120009.jpg

処々に点在する挿絵はあまり具体的でかつ悲惨で、目にする者の五感に訴えかけるものです。実際には三陸海岸を襲った津波は、結局毎回甚大な被害を残し、被災者の身も心をボロボロにするものでした。しかし東北の人々は強い!。何度も立ちあがるパワーを有していたのでした。
こんな文がありました。
『三陸沿岸の海は土地の人々のためにある。海は生活の場であり、人々は海と真剣に向かい合っている』
確かに現時点で微かな復興の兆しがあります。船を自ら修理して海へ漁に出る漁師たちの姿です。その人々の気持ちは、古の時代から遺伝子に組み込まれていたものなのですね。

過去の津波被害を教訓に、当然のことながら津波対策は入念に練られていたことも知りました。高所移転して住宅高所建築が進められていきました。並行して防潮堤、防潮林、安全地帯への避難道路整備など、命を守る術は頑張ってやってきました。同時に津波を予知する心得も習得してきたのです。それにもかかわらず今回のような大地震と大津波にとっては、人間はあまりにも小さな存在だったのです。
過去の津波犠牲者の数も様々な教訓を活かして減少傾向にありました。「明治29年の津波ー26,360名」「昭和8年の津波-2,995名」「チリ地震津波-105名」、、、しかし今回の東北地方を襲った大津波はこれをも超える犠牲者数になります。
文中の、上記を含めて過去4回の大津波を経験したおじいちゃんの言葉がとても印象的でした。
『津波は、時勢が変わってもなくならない。必ず今後も襲ってくる。しかし、今の人たちは色々な方法で十分に警戒しているから、死ぬ人はめったにないと思う』
こう願いたいところでしたが、、、、

自然は、人間の想像をはるかに超えた姿をみせてしまったのでした、、、

改めて被災された方々、そして生きとし生けるものへの哀悼を心より捧げたいと思います。
ちなみにこの本は吉村昭氏の妻・津村節子さん(芥川賞作家)のご意志により、増刷分の印税全てを被災地に寄付されることになっています。みなさんもぜひこの本を読んで「津波の史実」を学んでみるのはいかがでしょう。

[ 2011/06/01 15:10 ] | TB(0) | CM(0)