ホーム > アーカイブ - 2011年12月

小春日和のゼブラにて


12/11(日)のゼブラは想像以上に暖かくホットしました♪
今回も貸し切りにしていただきましたライビー家さん、ありがとうございます!。
我が家的には、今年最後のゼブラの予感ですが、、、
みんなと楽しく遊んでいただき、心より感謝申し上げます♪。
では写真のみのゼブラですが、豊かな表情をお楽しみください。

IMG_2222.jpg

IMG_2230.jpg

IMG_2234.jpg

IMG_2254_20111217163152.jpg

IMG_2260_20111217163207.jpg

IMG_2229_20111217163058.jpg

IMG_2267.jpg

IMG_2271.jpg

IMG_2273_20111217163246.jpg

IMG_2285_20111217163256.jpg

IMG_2290.jpg

IMG_2299.jpg

IMG_2306_20111217163344.jpg

IMG_2320_20111217163355.jpg

IMG_2336_20111217163406.jpg

IMG_2348.jpg

IMG_2370.jpg

IMG_2381.jpg

IMG_2389.jpg

IMG_2393_20111217163508.jpg

IMG_2396_20111217163527.jpg

IMG_2397.jpg

IMG_2404.jpg

IMG_2415_20111217163609.jpg

IMG_2426.jpg

IMG_2437.jpg

IMG_2445.jpg

IMG_2453.jpg

IMG_2462.jpg

また一緒にシャマルとカリフと一緒に遊んでくださいね♪。
よろしくお願いしま~す!

[ 2011/12/17 21:21 ] イタグレ Shamal&Karif | TB(0) | CM(2)

喰われた月を愛で、、、


満月の夜に『皆既月食』は起こる。
満月の光はイメージを超越し輝かしく、お陰で都会も暗黒世界とはならない。
12/10(土)から曜日が変わろうとするまさにその瞬間に都会が闇夜に襲われた。

IMG_2219_20111215215331.jpg
“Total eclipse of the moon”  by Canon EF70-200mm F4 L IS USM

煌々たる満月の輝きは左より欠き取られ、徐々にその明るさを減衰させられていく。古代の人々には光の喪失はかなりの恐怖であったことだろう、、、
白く輝いていた月もどんどんと地球の陰に喰われていくに従い、もがき苦しむかのように仄暗い赤色に変貌していく。なんとも言えない不気味な時間の移ろいであった。

IMG_2127_20111215215316.jpg
都会の水平線から顔を出し、天空へ昇り始める満月、、、

用賀クラブの小さなルーフテラスで三脚を構え、地球に喰われる月をレンズで追う。冷たい肌さす風にも負けじと、その変貌する月の姿を楽しむことに集中する。かつて古代ギリシア人は月が丸い影で喰われていく姿を見て、自分たちの住む地球が丸い球体であることを知っていたという。まさに自分が生かされている地球の大きな影を実感できたことに感銘した。
宇宙的スケールを肌で感じたと同時に、地球上の事象のちっぽけな事にも気づく。人間の争いなんて宇宙からすれば存在しないのと等しいに違いない。争いを好む者はその存在の小ささを、地球に喰われた月の大きさから学べばいい。

それにしても素晴らしいスケールの天体ショーであった、、、

EM.jpg
時間の経過とともに、、、

IMG_2220.jpg
皆既月食になった瞬間は赤い月に変貌していました、、、不気味な様相、、、

[ 2011/12/15 22:28 ] 社会 | TB(0) | CM(6)