fc2ブログ
ホーム > トレッキング・旅 > 常滑/陶芸の街散策

常滑/陶芸の街散策

常滑にある陶芸の街を連休を利用し散策してきた。
常滑の街は愛知県知多半島に位置し、現在はセントレア(中部
国際空港)が隣接する。隣接といっても24時間離発着可能な
海上ハブ国際空港なので、常滑の街とは橋のみで繋がっている
だけだ。よって国際空港のある街としては特に発展しているわ
けでもなく、今後も街の形態に変化がおこる気配も見られない。
そこがまた善いところかもしれない。
陶芸の歴史を持った古い街並と現代的なハイテクノロジーを駆
使した空港との対比がなんとも言えず趣深い。

さて散策してきたところは、江戸時代から始まった登窯(のぼ
りがま)を発展させた場である。現在残っているのは明治時代
の登窯・煙突のある街並で、「国指定重要有形民族文化財」と
して街全体が保存保護されている。
登窯を作るためであろう丘陵地にあり、煙突を丘の上から見下
ろしたり、近くで見上げたりして、古の陶芸家達の活動が想像
できるくらいだ。街の中には、真っ黒なコールタールを塗った
民家を改修して陶器をディスプレイ(販売)したこじんまりし
たお洒落なショップに変身している。
散策路はどこも1.5メートルくらいの路幅しかなく、擁壁と
なる部分には、さすがいろいろな陶器・土管が積み上げられ街
の特色となっている。
ゆっくり、じっくり徒歩で回遊して約1時間強。一度訪れてみ
るとなにか発見できるかも。


常滑の陶芸の街を見下ろす。
常滑の陶芸の街を見下ろす

れんが積みの窯煙突
れんが積みの窯煙突

黒壁の民家跡(現在ショップ)
黒壁の民家跡(現在ショップ)

登窯
登窯

陶器・土管の散策路
陶器・土管の散策路
[ 2005/09/20 21:28 ] トレッキング・旅 | TB(0) | CM(3)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2005/09/20 22:05 ] [ 編集 ]
v-218いやいやいやいや、写真もきれいだし、とても素敵な常滑探索日記ではないですか~。 

(ここで突然自分の飲んだくれ日記ブログを思い出し、恥ずかしくなる)

これからは、もしかしたら自分の設計した建物とかの画像もアップしてくれるのかな。楽しみです。

追記:タイトルはあえて顔文字爆発させてみました~b
[ 2005/09/21 22:32 ] [ 編集 ]
さっそくありがとう。記念すべき本格的代1号コメントとなりました。
まだもう少し、ディヴェロップしていこうとしているのですが、今日のところはここまでとします。せっかく旬の記事が新鮮でなくなりそうなので。
またいろいろな画像を貼付けて書いていきますので、覗いて下さい。
まだまだ時間がかかりそうな感じです!
それじゃ~ね!
[ 2005/09/21 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する