FC2ブログ
ホーム > 建築 > 懐かしい光景

懐かしい光景

IMGP0253.jpg
何をやっているかわかりますか?

事務所の窓から懐かしい光景を見つけました。ちょうど目の前が都営住宅なんですが、そこの駐車場で畳の張り替えを職人さんがやっていたのです。古い都営の建物なので、住人のほとんどはお年寄りです。きっと畳の部屋が二間くらいあるのでしょうか。
畳職人さんは手際よく作業を進めていきます。古くなった畳表を剥がし、新しいものを畳床に敷いて、縁でまわりを針で縫い付けていくその作業はあっという間に終ってしまいます。リズムある職人さんの動きに見とれてしまいました。

IMGP0254.jpg
ズームで近づいてみると‥‥‥

畳は日本の生活において切り離せないものです。一時期、畳離れという現象がありましたが、また家の規模に余裕があると日本間を要望される方が多くなってきています。畳の芯となる床(とこ)も虫の湧かないスタイロなどに変わり、工場生産できる畳が多くなっていますが、私はどうもこれらの畳が気に入りません。やはり稲わらの畳床を使って畳を職人さんに作っていただいています。昔ながらの畳は自然素材であり、リサイクルも可能で、自然や健康にもやさしいものなのです。特に私は肌理が細かくて繊細な縁なしの琉球畳をよく使います。

畳は木造日本家屋のモジュール3尺×6尺(910mm×1820mm)が基準となっていますが、京間・江戸間(関東間)というように地方で多少の寸法の違いがあります。畳はもともと部屋の大きさを測ってから製作しますので、それぞれが固有の寸法になっています。
い草の香るできたての畳の上で寝転がる気持ちの良さを、みなさん感じていることでしょう。そして畳に対する思い出もいっぱいあると思います。畳の空間にいるだけで、なぜだか気持ちが落ち着くのも日本人の遺伝子なのでしょうか?
むかしどこにでもあった光景。このような光景がどんどん少なくなっていくのもちょっと寂しい思いがしますが、地道に畳を作り続けている職人さんがたくさん日本にいることを忘れてはいけません。いつまでも伝統の技は残ってもらいたいものです。

04.jpg
「伊勢崎の家」の和室。琉球畳はこんな感じです。床柱は香節、天井は竹。

[ 2006/09/15 14:23 ] 建築 | TB(1) | CM(14)
和の空間で落ち着くのは日本人だからでしょうか?
畳のエリアはとても空間を異色なモノに変えてくれるので
ぼくも多様します。
にしても最近は確かに畳の部屋の需要が減ってる傾向があると思われますね。。
和をもう一度考える時期なんでしょうね。
古き良き和には必ず「もったいない」精神が組み込まれてますから、今の時代にはもってこいですよね!
[ 2006/09/15 18:00 ] [ 編集 ]
あの新しい畳の香りが好きです。

畳の上でする昼寝が大好きです。

日本人でよかったです。
[ 2006/09/15 22:58 ] [ 編集 ]
でも、最近は日本ではあまりイグサがつくられなくなっちゃみたいだね。中国のだと農薬ついてそうだ。。

今は板張りのうちが多いので、その上における薄い畳みたいのがあったらいいなと思いました。
琉球畳というのにひかれる。どういうものだろう。

そういえば、たたみを裏返したり、ふすまや障子を張りなおすアルバイトはW大学の伝統だったのだそう。聞いたことありますか? 安い値段で気軽に頼めるし、学生さんも助かるし、いい具合だったのだろうなあ。 
[ 2006/09/16 01:28 ] [ 編集 ]
やっぱり畳!昔は畳の部屋しかなかったのになぁ。
床は汚す事やらを考えなくてよくて楽だし、現代人の生活には機能的なんだろうけど、やっぱり落ち着くのは畳ですね。
ほっとします。匂いもたまらない。新しい畳だと、クンクンと犬のようになっちゃう。足や腰にも良いような気がする。
[ 2006/09/16 10:19 ] [ 編集 ]
畳職人さん!
すぅの家の近くにも畳職人さんがいて、近くに行くといつも井草のにおいがしてました。
いつのまにかやめられてしまってさみしかったな~
よく、遊びに行ってましたから!
ぶっとい畳針がこわかったです(汗)
針とおすの力がいるんですよね!

今は、マンション用に薄い畳やカラフルな畳などがありますよね~
井草ではなく人工的に作り出された紙?のような畳とかも。。。

でも、あの畳のにおいが和むんですよね!!
そして夏涼しく、冬はほんわかあったかい

昔、姉にしかられて畳を引きずられて熱かった思い出がよみがえったきた・・・(泣)
[ 2006/09/16 10:30 ] [ 編集 ]
畳はいいですね。実は、私の家には、和室がありません。実家がすぐ隣なので甘えて和室を作りませんでした。畳があると横になってごろごろするから、ないほうがいいよね、てな感じで和室を作らなかったんですが、洋間でも横になってごろごろしています。
やっぱり嫁さんも畳も新しいほうがいいかな?
そんなことは言わないので、せめてかみさんもうち直しが利くといいのですが....
[ 2006/09/16 23:35 ] [ 編集 ]
和室はやはり畳の上、つまり床のレベルに腰を落として佇むことになるから気分的に落ち着くのでしょうか?
椅子に座ってのアイレベルじゃないところに和室空間の特性があると思います。ですから外国人は和室も珍しがるとは思いますが、気持ちが落ち着くかは良くわかりません。でも京都のお寺などで庭園を眺めている外人は落ち着いているようにも見えますが‥‥‥。
畳、障子、縁、軒など日本空間の知恵をこれからも拝借していきます。
[ 2006/09/17 14:08 ] [ 編集 ]
畳の「い草」の香りって、日本人にとって一種のアロマテラピーなのかもしれませんね。
昼寝、いいですね、最高です。
私の家には畳の部屋がないので、エミリーてさんのようにはいきませんが、実家に帰った時は畳の部屋で就寝してます。ベッドより安眠できる感じがしますネ!
ほんと日本人に生まれて感謝です。
[ 2006/09/17 14:13 ] [ 編集 ]
い草も中国産が多いと耳にします。とにかく建築材料の日本製って、何でも高くつくのがデメリットでしよね。ただい草の人体に対する安全性などは良くわかってないのが現状です。

琉球畳とは沖縄産の強度あるい草でできた畳を言います。通常縁(へり)なしの正方形で織目が細いのが特徴となっています。見た目にも美しく、丈夫です。多少お高いですがね。

W大学の伝統は知りませんでした。今は存在するのかな?注文自体が少なくなっちゃってるから、需要と供給のバランスが撮れてないんじゃないの?
畳もリバーシブルで便利なものです。
[ 2006/09/17 14:23 ] [ 編集 ]
最近ほんとにフローリングが多いです。畳もカーペットも虫が湧くとかの理由で敬遠されがちですね。でもたまに畳の多い家やカーペットを敷き詰めた家を設計して完成させてみると、足の感触、温もりがとてもいいことを再発見しました。メンテナンスに多少気を遣わなくてはいけないかもしれないけど、やっぱり「いいものはいい」と実感でします。
アメリカにいると畳って恋しいでしょう?!
[ 2006/09/17 14:28 ] [ 編集 ]
畳の上をひきずりまわされたら、擦過傷じょうたいですね!一種の拷問みたいなもんですね。まあお姉さんのことだからすぅさんのイタズラが原因と察しますが‥‥。

畳屋さんも大変だと思います。でもあの長い太い針を使って、肘でゴンゴンと押さえ付けている姿はとても印象的ですよね。子供の時には興味津々で眺めていた記憶があります。
畳(い草)も自然染色であればいいですが、人工のものはやはり私は敬遠してしまいます。なかなかカラータタミを使う勇気はないのでいつもは天然の若草色の畳です。

すぅさんも畳でいろいろと感じていらして感心です!
[ 2006/09/17 14:36 ] [ 編集 ]
確かに私も畳がないので、同じ状態です。
案外ソファを置かれていても、日本人はそのソファを背にしてフローリングの上に座っちゃいますよね!
どうしようもないっか?!

こうちゃんさん、そんなこと言っていると奥様から逆襲にあいますよ!。畳もよれてきたらそれを「味」だと思い、打ち直しも優しくするのが「長持ち」の秘訣です。
これじゃ、人生相談じゃ!
[ 2006/09/17 14:50 ] [ 編集 ]
たたみは落ち着きますよね。
井草の匂いがたまりません。
特によその家の畳大好きです。
昼下がりにねっころがって昼寝なんて最高ですね。
でも、掃除していない畳は嫌いです(笑)。

日本独特の文化は継承されて欲しいですね。
[ 2006/09/18 09:53 ] [ 編集 ]
ぼくもい草においフェチです?!
なかなかリラックスできますよね、あの香り!
親戚の家におじゃまして、全室が畳だったりするとホッとしてしまいます。
ほんとにいい文化はいつまでも残さなくてはいけないでしょう。畳さん含めて私たちの使命でもあるんじゃないかな?!
[ 2006/09/18 13:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://architect3002.blog25.fc2.com/tb.php/104-9e3adeb5

「琉球畳(りゅうきゅうだたみ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年10月4日収集分...