ホーム > 社会 > 豪雪の中、三重苦の高速を往く@パンダ

豪雪の中、三重苦の高速を往く@パンダ


伊勢崎の現場から自宅まで7時間半かかって、今無事に到着。夕方現場を出るもいつもの関越道が雪で通行止め。ネットで東北道ルートを調べると大丈夫。しかし10分後にはやっぱり雪で通行止め。覚悟して国道17号で帰ろうと決心するも前のトレーラーが本線に入る坂道(絶対登れないと予想したのが的中)で滑って不動に。諦めてUターンして再度現場そばの北関東道・大田薮塚ICから東北道方面に。この時点で現場を出て2時間(^_^;)。岩舟JCTから東北道を北上し、益子笠間ルートで唯一東京に繋がっている高速道路の常磐道に。しばし快走するもつかの間、谷和原から急に雪で通行止めに。なくなく国道6号に下り走って首都高四ツ木から入ると同時に四ツ木IC閉鎖。C2の西池袋ICで下り同乗していたスタッフM君を家まで送り、環七、世田谷通りを滑りながら走り抜け自宅まで、、、と思いきや最後のコーナーが雪が積もりすぎてパンダ君はなかなか曲がれず、タイヤ空回りさせながら強引にガレージに(笑)。スタッフM君曰く『今までの人生で一番恐いドライブでした!』

1012038_627441363999785_213900118_n.jpg写真はもちろん助手席のM君撮影

[ 2014/02/14 20:51 ] 社会 | TB(0) | コメント(-)