fc2ブログ
ホーム > MASERATI > 東京モーターショー2005

東京モーターショー2005

幕張で開催されている「第39回東京モーターショー2005」に行ってきた。
幕張メッセは建築家・槙文彦氏設計のコンベンションホール。南青山スパイラル・東京都体育館・京都国立美術館などを手掛けた日本を代表する建築家。

日曜日久しぶりの晴天が心地よく、京葉線・海浜幕張駅前のパン屋さんのポカポカ屋外テラスで焼き立てのパンとコーヒーでブレークファスト。入場制限覚悟にゲートへと進むが、あっけなく入場でき拍子抜け。しかし会場内はひとだらけで熱気ムンムン。

IMGP5651.jpg
会場エントランス。すんなり入場!

IMGP5657.jpg
屋外でもイベントをやっていたり、
休憩したりして気持ち良いアウトドア。

さっそく目標ブースへせっせと足を運ぶ。お目当てはもちろん「MASERATI」。会場内は天井から吊り下げられたメーカーフラッグで広くても分かりやすい。

IMGP5659.jpg
マゼラーティ紋章フラッグ。
トライデントはマゼラーティ発祥の地
イタリア.ボローニャ市の紋章でもある。

今年はマゼラーティ(イタリア語的発音)は4台の展示。感動したのは「バードケージ75」が展示されていたこと。ピニンファリ-ナのデザインコンセプトカー。ちょうど2週間程前にBSでこの「バードケージ75」のデザインプロセスから完成までの様子を放映していた。
ピニンファリーナはフェラーリ・デザインで有名であるが、現在マゼラーティはフェラーリの傘下。最近までのマゼラーティ・デザインはマルチェロ・ガンディーニとジョルジェット・ジュジャーロが担当。ちなみに私が乗っているクワトロポルテはガンディーニのデザイン。美しい直線デザインの巧みなガンディーニであるが、カーデザインの流れは流線形。

IMGP5662.jpg
「バードケージ75」(10/22・23のみ展示)
全長×全幅×全高:4656×2020×1090mm
前275/30R20+後295/35R22タイヤ。
ロードゴーイングモデル「マゼラーティMC12」
(10/24~展示)がベース。

IMGP5674.jpg
エンジンは5998ccのV12DOHCターボ搭載。
700馬力以上+シーケンシャル6速ミッション

IMGP5677.jpg
マゼラーティ・ブースに集まる観衆。
「バードケージ75」は注目の的。

「バードケージ75」は、ピニンファリーナ社デザインディレクターの奥山清行氏(45/私と同じ歳だ!)をヘッドに社内コンペでデザインをディヴェロップさせてきている。「より低く、タイヤは大きく」というテーマが追求されたフォルムだ。各メーカーが環境に優しいとか、燃費が良いとか躍起になっている中、ひたすら「カーデザインはこうだ!」と純粋な夢を追い続けた。「バードケージ75」のデザインを超える車は、結局モーターショ-の中では発見できなかった。(かなり盲目的な見解?!)ちなみにバードケージとは「鳥籠」の意であるが、マゼラーティの歴史の中で車体フレーム全体を細いパイプ(軽量化のため)で鳥籠のように構成された車(Maserati Tipo A6 GCS)があったのが、その名の由来。


IMGP5687.jpg
マゼラーティ・グランスポーツ
(G.ジュジャーロ)

IMGP5690.jpg
マゼラーティ・クワトロポルテ(5代目)
(ピニンファリーナ)
意味は「4枚の扉」。400馬力を超える。
左上のプロフィールにあるのが4代目の
クワトロポルテ(M.ガンディーニ)

フェラーリより歴史も古く、常にレースでその技術とデザインを磨き揚げてきたマゼラーティ。もう創設90年を超えるが、新たな道を切り開いていくそのスピリットに敬意を表したいと同時に、マゼラーティの進んで行く方向を見つめていきたい。

IMGP5707.jpg
アクリワーロン(硬い和紙調樹脂膜)で
構成されたニッサン・ブース。
これが一番美しいブ-スだったかな?

IMGP5725.jpg
深紅のジャガー。
モデルさんが写ってしまいました!

IMGP5739.jpg
会場風景。(ポルシェ.ブース)

[ 2005/10/24 15:10 ] MASERATI | TB(2) | CM(9)
すごくセレブな香りのする日記です~。

実は、私が勤めていたのは(もう20年以上昔ですが^^;)、国際会議や国際展示会を企画・運営する会社でした。私は会議部門でしたし、当時はまだ国際展示会は今ほど盛んに行われているわけではありませんでしたから、それほどなじみはないのですが、それでもコンピューターの展示会のはしりのようなものに何度かお手伝いや見学に行ったこともあります。ですから、トレードショーというと、ちょっと血が騒ぎます。

モーターショーはTVでも何度も取り上げられていましたね。これからは、低燃費を追求したり、各自の趣味に特化した車の時代とか。

Architectさんのマセラティも一度拝ませていただきたいものです♪ すごいんだろうな~。
[ 2005/10/24 22:38 ] [ 編集 ]
おもしろそうな会社に勤めていたのですね!もちさんのインターナショナルな香りがしてきます。

幕張メッセはじめ東京フォーラム・横浜コンベンションホールなどどこも国際会議・国際展示会の誘致で大変です。モーターショーも晴海でやっていた時は近くて良かったのですが、幕張は遠い!でも会場の広さは最低あのくらいないとダメなんだろうな!

確かにこれからのメーカーもそこだけにしかできないなにかを見つけていかなくてはいけない時代でしょう。
なんて私も建築の世界でそうならないと!

久しぶりに電車でのお出かけ。今週は車も走らせてあげてません。またいつかお乗り下さいませ。。。
[ 2005/10/24 23:09 ] [ 編集 ]
一応メーカー社員の旦那は、今回のモーターショーは日本のメーカーもコンセプト重視で面白そうだとは言ってました。一応各メーカーそれなりのポリシーを競っているようです。
環境といったら、皆右へ倣え見たいな傾向はありますが、デザインについては結局イタリアメーカーに太刀打ちできないんで、日本の得意な土俵で戦っていると言う意味では、なかなか環境重視路線は日本メーカーとしては良い傾向だと思っています。少し前の何でもかんでも、細かい備品で競う状況よりは。

しかし、赤絨毯は商品が映えますね。車の写真もさすが!うまく撮れています。お姉さんの写真が気持ちぶれているのはやっぱり人物写真が苦手????(笑)
[ 2005/10/28 11:48 ] [ 編集 ]
今回のモーターショーで、日本車に対しムヤムヤした感じがぬぐいとれない。なぜなんだろうと考えた時「アイデンティティの欠如」だと思ったのです。きっと各メーカーは技術面ではがんばっているのだそうけど。BMW、ベンツ、ポルシェ、どれをとってもシリーズのラインアップで、日本のような節操のないあらゆる車種まで、手を広げていない。日本車の多様性は認めるが、見据えている方向が違うんじゃないのと思ったり。トヨタだってあんだけ利益上げているなら、夢あるデザインに投資してよという感じ。
赤絨毯は効果的なのは確かです。凄い面積だったろうに。お姉さんはカメラ向けるとポーズしてくれるのです。みな撮った後はお礼の挨拶して立ち去っていきます。僕もきちんとペコリ。
[ 2005/10/28 12:47 ] [ 編集 ]
私もモーターショーに詳しいわけでないのですが、何となく漏れ聞いた感じでは、今回は日本メーカーも少しは的を絞ってきているのかなぁ・・と思っていたのですが違うんですね。
是非旦那に見せて反省させます?!
[ 2005/10/28 17:27 ] [ 編集 ]
ご主人のメーカーを気にせず書きますが、的の絞り方をもっと徹底的にやらないと日本車は突出してこないと思うんだ。
最近トヨタが富裕層?ターゲットに「レクサス」なるブランドを独立させたが、チャンチャラおかしい。トヨタという名に誇りってないのかな?名義変更のすり替えに見えてしょうがないのです。じゃ、もしお金があって、「LEXUS or Benz?」と聞かれたら大半は「Benz」と答えるでしょう。私はそのお金を貯金しますが‥?!。

決して日本車が毛嫌いしているわけではない。デザインの弱さと至れり尽せりの八方美人的なコンテンツが気にくわないのだ。CMを見れば一目瞭然。日本車は人が出過ぎ、荷物の収納方法ありすぎ。車のCMか?と思うことさえもある。外車はストレートに車の走っている映像。(最近は日本向けにそうでもないのが多くなってきた)
車に対する考え方が大きく左右するのも間違いない。ただ速いのが好き!という人もいれば、家族みんなで移動できればいいという人もいるのだけど、日本車に見えてこないが、一本の強い筋。抽象的なお話ですみませんね。
[ 2005/10/28 18:12 ] [ 編集 ]
先ほどは娘の友達を急遽送っていくことになって、中途半端な書き込みでした。すみません!
良く判ります。言いたいこと。(一応は某地元メーカーに1年ほど勤めていましたし。旦那とは別会社)
八方美人は今に始まったことではないですよね。ターボといえば皆ターボを載せて。何でもかんでも取り入れちゃうのは。
少しは改善の兆しがあるかと期待したのですが、ダメでしたか。
某メーカーは昔は少しはポリシーが有ったようですが、会社が大きくなってダメになったと言っとります。
[ 2005/10/28 18:59 ] [ 編集 ]
とにかくお怒りごもっとも。次回ジックリお叱りを受けます。
(前の書き込み消したいけど消せない~)
[ 2005/10/28 19:33 ] [ 編集 ]
ちょっと弁解しておきますが、すご~く良く日本車ブースを覗いたわけではないので、頑張ってこられた方々には申し訳ないです。日本メーカーへのエールと思って下さい。

骨のある「くるまづくり」ができるはずなのに、どうしてできないのだろう?日本のカーデザイナー頑張れ!
(技術は日本いうことなし!?)
[ 2005/10/28 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://architect3002.blog25.fc2.com/tb.php/12-33d14eae

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 東京モーターショー “復活”のGT-R やっぱいいっすね!GT-R!近年不景気も手伝って、エコがキーワードになっていて、経済性や機能性が重視されてますね...自動車業界...かくいう私の車も、ファンカーゴに載ってますが、これでも独身の時.
東京モーターショーへ行ってきました{/kirakira/}開園30分まえに着いてしまい・・・でもすでに駐車場は埋まっていました。西ゲートに着くともうゲート前には人の固まりが。10時のオープン時間{/kirakira/}イベントホールはとりあえずパス。西ホールへ入り、先ずは日産へ
[2005/10/24 15:27] 悲喜こもごも