ホーム > 建築 > 児童養護施設『窓愛園』を、、、

児童養護施設『窓愛園』を、、、


土浦に建築された児童養護施設『窓愛園』。
茨城県では一番古い歴史を有し、戦後まもなく戦災孤児などを救う活動から、昭和27年に児童養護施設として県の認可を受け、現在に至る長い歴史があります。
17年前の1997年に本園を設計させていただき長い年月を経ました。2年前には本園の隣に地域交流ホールとグループケアユニット棟を設計させていただき現在に至ります。今までの大舎制(みんなが集まって共同生活)するシステムを変えて、今回は家族レベルの人数で生活するグループケアユニットというシステム(国の指針に従って)を導入することになりました。今日はその打合せに土浦にスタッフと共に出掛け、何案目かのプレゼンテーションをさせていただき、ゴーサインを理事長にいただきました。今年中に工事を完了させたいと予定しておりますが、これからがまた忙しくなりそうです。子供たちの笑顔と職員さんの笑顔を見る事が私達の喜びにもなります。

20140728_155403.jpg

[ 2014/07/28 22:58 ] 建築 | TB(0) | コメント(-)