FC2ブログ
ホーム > > POWERS OF TEN

POWERS OF TEN

IMGP1288.jpg

「もの」の見方や感じ方って、いろいろありますよね。
見る方向や、光のあたり方、その日の気分やまわりの環境、予めの知識を持って接したり、初めての体験といった具合にひとつの「もの」へのアプローチは無限なんですね。
それでは、今度は自分という視点はそのままにして「もの」を見るスケールを伸縮自在に変化させていったら、自分のまわりの世界ってどうなっていくのでしょう?
そんなこと考えたことありますか?

20世紀を代表するデザイナー、チャールズ&レイ・イームズ(家具で有名・イームズチェアなど)が残した1冊の本を手に入れました。   
   「POWERS OF TEN」(宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅)
それはそれは綺麗な写真と絵で構成され、世界的ロングセラーの名著なんです。

POWERS OF TENとは「10のベき乗」を意味するのですけど、10の2乗は100、10のマイナス1乗は0.1とか中学校の時に習ったのを覚えていると思います。
さてこの本は「10の25乗」の世界から「10のマイナス16乗」の世界をタイムマシーンに乗ったかのような気分で旅をすることになるのです。とても緊迫感があって、この本を読み(見)終った時はこの先の世界への興味まで、相当な余韻を残すことになってしまうのではないですかねえ。
10億光年のかなたからマクロな視点で地球の方を見つめ、マイナスのベき乗のミクロの視点で人間の生命体、DNA、素粒子の世界まで入り込んでいく旅行を体験できるなんてそうないのではないかと思います。

IMGP1292.jpg
10の21乗メートル・銀河の庭

IMGP1296.jpg
10のマイナス8乗メートル・二重らせん

そしてこの「POWERS OF TEN」にはとっておきの映像版DVDもあるのです。(私は未入手!)
ちょっとした体験版をここでは紹介しておきましょう。まさにタイムマシーンに乗って地球まで辿り着き、ミクロの決死隊に変身して生命の中を旅する錯覚にさえとらわれてしまいそうです。このイームズの映像はスタンリー・キューブリック監督の超名作「2001年宇宙の旅」(1968)にも大きな影響を与えたとされてます。

「POWERS OF TEN」、一見の価値、大ありって感じですね!
自分という人間の存在確認、宇宙における地球の意味、地球と人間との共生意義、生命の神秘など、本を1ページ1ページめくりながら10のべき乗をひとつづつ減らしていく楽しみを一度味わってみて下さい。
余談ですが、私の仕事、建築設計は設計図の10のマイナス3乗(=1mm)から、実際の建物の10の2乗(=100m)の範囲の世界で展開させていただいております。

[ 2006/11/15 13:43 ] | TB(0) | CM(4)
イームズといえば、椅子のデザイナーとしての面しか知らなかったです。これは日本版ですか?興味深いですね。
[ 2006/11/15 20:10 ] [ 編集 ]
もともとは建築を勉強して、家具を中心としたインダストリアルデザインで活躍しましたね。
イームズチェアや、いつかは欲しいラウンジチェアなどの名作もありますが、実は映像の世界でも活躍していたのです。いろんな映画監督に実験フィルムが影響を与えていたそうです。

今でこそ簡単にCGでこんなシーンを作るのは簡単なんでしょうが、この作品はもっと現実的な臨場感があるような予感がします。早くDVD、買わなくっちゃ!

「POWERS OF TEN」

   別冊日経サイエンス 4,077円(税込)

   フィリップ&フィリス・モリソンおよび
   チャールズ&レイ・イームズ事務所 共編著
   /村上陽一郎・公子 訳 

[ 2006/11/15 20:30 ] [ 編集 ]
体験版は何年か前にネットで見ました。
SFの世界ですね~。ー何乗とかになっちゃうと、視覚検査の模様、またはアブストラクトの絵ですね。
私はこういうのを見ると、いつも自分の整形手術を作品にしたアーティストのフィルムを思い出します。ちょっと意図は違うけど、美しいと思うものも目の錯覚で、元は気味の悪い肉と骨みたいなものでしたが…。
この頃は私達もgoogle earthで世界中のどこでもコンピューターの前でいけるようになりましたね。実家を見つけたときは感激でした。でも、そのうち誰がどこにいても尾行しなくてもわかっちゃうようになるのかな?いや、もうわかるのかな?
[ 2006/11/17 09:29 ] [ 編集 ]
このイームズの映像や本は当時画期的なものだったのでしょうね!
今でこそgoogle earthなどで地球に向かっては誰でも操作できますが、あの当時はまだ宇宙開発競争の時代。人々にはかなり刺激ある作品だったのでしょう。実は事務所のMACはgoogle earthに対応していないので、見たことないのですがハマっちゃいそうです。
北朝鮮の核開発やなんか宇宙からモノ見てますが、ハッキリ言ってスパイ行為とどう違うのでしょう。平和的かつ国際共有的なものであることを願ってます。
MIHOさんも宇宙から監視されないよう奇抜な行動は差し控えて下さい。(笑)
[ 2006/11/17 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する