ホーム > スポンサー広告 > 美しい山に囲まれてホーム > 都市 > 美しい山に囲まれて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

美しい山に囲まれて

IMGP2308.jpg
冷たい「群馬のからっ風」の中、赤城山をバックに

メリー・クリスマス!

クリスマス・イブは前橋にステイしてました。
多くの地方都市は「中心街の消滅」と「近郊へのスプロ-ル化」が大きな問題となっています。かつて栄え活気あった駅前の商店街が軒並み潰れたりしてますが、どうやら郊外に乱立する大型店舗(ショッピング・モール)などの影響をモロに受けているのは間違いありません。人は便利な社会を望み、いとも簡単にこの状況を当たり前のように感じてしまっていますが、実は街全体にも大きな影響を与え始めているのには気付いていません。

前橋も中心街の大きなア-ケ-ド街にあるお店もその多くはシャッターを閉じ、人もまばらで寂しいものです。かつてあった大きな西武も潰れ、老舗デパ-トがひとつ何とか残っているのが現状なんです。
それに比べ中心街から車で15分程のモールでは集客力ある店舗が建ち並んでます。こうなると人の目は郊外にしか向かなくなり、中心街はソッポ向かれてしまうのです。これでいいんでしょうか?。中が腐敗した果実のようなものですが、恐ろしいのはその腐敗が果実の表面まで及んでくることなんです。つまりいつかはこの郊外便利街まで腐敗構造に吸収されてしまうのを危惧してしまうのです。

IMGP2315.jpg
夕焼けになりかけた榛名山系をバックに

以前テレビで見た北海道のある市では「人を誘致する」という思想のもと、郊外を開発するのではなく、中心に市民の生活しやすい環境づくりをすることを旨にしていました。多くのお年寄りが買物や病院に行くのも歩いて15~30分、とにかくこの街の人たちは良く歩くのです。それがまた健康にも繋がっているんでしょうね。元気な街には今も転入希望者が絶えないとのことです。

かつて栄えた街の中心は「死に体」状態であっても、これをなんとか蘇生させる術はあると思うのです。中心だからこそ便利であったり、生活に密着できたり、緊密なコミュニケーションが図れたりすると思うのです。
殺伐とした2006年もあと残すところ1週間。2007年はもっともっと明るい年(都市)であってほしいということ、そして日本の未来の大きなヴィジョンをもって街が変化していってもらいたいと、前橋のモールに行ってちょっと思った次第です。みなさんの街や故郷は大丈夫ですか?

[ 2006/12/25 16:05 ] 都市 | TB(0) | CM(4)
まさに我が故郷浜松も同じような状況ですよね。
街中の駐車場が高すぎるというのも原因のひとつのようです。郊外のAEONは買い物すればタダですからねぇ...。
ちょっとしたアイデアで戻ってきそうなものですが...。
[ 2006/12/26 03:07 ] [ 編集 ]
そうね、浜松も元気なようで同じような状態に陥っているよね!
駅前の大きなビル群だけは集客力あるのかもしれないけど、とにかく駅北の空き地にしっかりと未来を見据えた計画をしないと、この先の浜松の駅前も死んでしまうかもしれないですね。あそこに住んでいた友人もたくさんいましたが、今は郊外へ。
あのあたりの雰囲気って好きだったんだけどなぁ~。

イ-オンはどこに行っても進出してますね。やはり地元に昔からある商店街にとっては暴力的なこと間違いありません。
なにかいい方法がないのでしょうか。自分なりにちょっと考えてみたいと思ってます!
[ 2006/12/26 10:00 ] [ 編集 ]
ショッピングモール、私の田舎(熊本)でも増えてるみたいですね。
偶然、日記で同じ様な事書いてましたが…。
田舎だと、皆車に乗るし、町中に出るより明らかに楽ですしね。
帰省中に一度行ってこようと思ってます。
[ 2006/12/26 23:06 ] [ 編集 ]
熊本もそうですか!
たしかに地方の車の普及率は東京の比ではありませんよね。
群馬県も人口あたりの車保有率は全国一で、ひとり1台持っているという感じです。よってみんな軽自動車なんかを自転車感覚で乗ってるんですね。
買物も自動車となれば、郊外の大型店舗に足を運ぶのも無理ないことかもしれません。
また熊本の様子も教えてください。
[ 2006/12/27 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。