FC2ブログ
ホーム > 建築 > ちょっと佐原まで

ちょっと佐原まで

IMGP2984.jpg

日曜日は先週に引続きクアトロポルテでお出かけ。
行き先は成田空港のちょっと先の「佐原(さわら)」まで。
目的はふたつ。
ひとつは水郷都市・佐原に残された「伝統的建造物群保存地区」の探索。
もうひとつは天明(1782年)から続いている老舗蕎麦屋「小堀屋」で蕎麦を食べること。

さて東京・用賀から首都高速+東関東自動車道とスイスイとドライブで1時間半弱で佐原市内に辿り着いてしまいます。ちょっと車で市街を走って、目に飛び込んできたのは、目的地の「伝統的建造物群保存地区」にいる真っ黒な人だかり。あれっ?なんでこんなに人がいるんだろうと不思議だったのですが、市の駐車場に車をおいてさっそくお目当てのその場所にテクテクと‥‥‥。
なんとテレビのロケだったのです。カメラを構えるとスタッフが近寄ってきて「やめてください!」と言う。なんで景色を撮るのに文句いわれなくっちゃいけないんだ!。と思いつつも撮影現場を見ていたらなんと選挙宣伝カーの中から鉢巻きをした「仲間由紀恵」が大声を張り上げているではないですか!。まさにテレビで見る元気なキャラクターでした。いきなりロケ見学となってしまいました。(笑)

IMGP2798.jpg
中央の宣伝カーに仲間由紀恵が乗ってました。手前はギャラリー

IMGP2792.jpg
橋の上はロケ隊で占領。それにしても凄い数のスタッフのこと!

一応宣伝しておきますね、佐原ロケ!
  木曜ドラマ(夜9:00~)「エラいところに嫁いでしまった!」
  1/25(木)放映(放映は1/11からスタートしてます)
お時間ある方はご覧下さいマセ。私の撮った写真を参考にされるとそのシ-ンが判ると思いますよ。


長~い前置きはさておき本題へ。
この水郷都市・佐原の「伝統的建造物群保存地区」は1996年に国の文化庁から指定を受けて現在に至っています。もうひとつ忘れてはならないのは、この佐原の有名人「伊能忠敬」の育った処(養子後)でもあるのです。伊能忠敬と言えば誰もがご存知のあの「日本地図」を思い浮かべると思いますが、資料館にはその測量図、測量器具など興味深いものがいっぱい展示されていて、改めて功績を勉強して参りました。

IMGP2943.jpg
舟出場。橋の左の建物は伊能忠敬の生家。佐原では富豪だったそうです

佐原は江戸時代より近くを流れる利根川の支流「小野川」沿いに栄えた街です。
江戸と北関東の水運が栄えたその時代、物流ル-トの中継地として穀倉地帯として佐原は発展しました。よってそこに人が集まり、現在に面影を残す水郷都市が形成されたのです。
街全体をゆっくり散策してみても1時間くらいで見ることのできるこじんまりとしたものです。保存された木造家屋や商店、土蔵や新たに街並に合わせて建てられたた建築が小野川に面し建ち並びますが、面白いのは現在も保存地区でありながら、一般の生活者もたくさんいるところです。新旧の生活形態を感じることができる街並になっているのです。子供をおぶってあやしながら商売するお母さん、商売のお話をしている若旦那さんたち、お通夜の電話をしているおじさんなど生活感があふれた趣き深い保存地区なのです。

街の中心となる小野川には「小江戸さわら舟めぐり」と称して、町並コース(乗船時間30分)1200円で小船旅も楽しめます。今はこたつまで船に完備されていました(笑)。川の両側には柵(木のフェイク)がありましたが、これはない方がスッキリしていていい感じがしましたねえ。というのも以前訪れた金沢の武家屋敷保存地区の川には柵がなく、とても美観に気を遣っていたのを思い浮かべました。ここ佐原も今から経済発展していく印象はありませんが、水郷都市の文化を伝えつつ、隣の潮来(いたこ)などと観光地として連携発展していってもらいたい場でした。とにかく街の人たちは「佐原」を愛し、街おこしに力をそそいで頑張っているのが街歩いていると感じられます。帰りには「頑張って!佐原!」とエ-ルを送りたい熱い気持ちで、キンキンとした冬の佐原をあとにしました。

IMGP2951.jpg
天上(天保3年建築)。江戸時代からの醤油屋で今は佃煮なども販売。
160年以上修復されていないので、店内は貴重な建築洋式を堪能できます

IMGP2914.jpg
樋橋(通称・ジャ-ジャ-橋)。かつて立体交差になっていた灌漑用水樋の名残り。
水の落ちる音を聞いて「ジャ-ジャ-橋」と命名されたとのこと

IMGP2882.jpg
三菱館(旧三菱銀行・大正3年)。イギリスから輸入されたレンガが積まれています。
今は地域交流と街おこし資料館としての拠点となってました。

IMGP2879.jpg
街道沿いの古い店舗。どこもディスプレイが綺麗でした

IMGP2807.jpg
正文堂(本屋)、小堀屋(蕎麦屋)、福新呉服店と並びます。
いづれも明治時代の建築(修復)ですが店内は江戸時代の形式をそのまま保存

IMGP2828.jpg
小堀屋(蕎麦屋)。天明(1782年)より225年も続く老舗

IMGP2822.jpg
名物「黒切蕎麦(昆布の粉と蕎麦粉を混合)」「ゆず切り蕎麦」。
どちらも香り高き上品なお蕎麦で、とても美味しかったです!

IMGP2814.jpg
小堀屋店内は江戸時代の雰囲気そのまま。お店の方に撮影許可はいただいております。

IMGP2959.jpg
小野川を振り返って‥‥。両側には柳細い枝が風に揺れてました。


[ 2007/01/22 21:07 ] 建築 | TB(1) | CM(26)
佐原ですか…行った事ないなぁ。。。
歴史感じる町並みでいいですね。
…って、わぁっ!
蕎麦が真っ黒じゃないですかw(・o・)w
初めて見ました。イカスミパスタを連想しちゃうけど
全然違うんでしょうね(笑
車があると色々行けて羨ましいな~
私も免許取ろうっ(^^)♪
[ 2007/01/23 09:57 ] [ 編集 ]
おはようございます。94’Ghibliでございます。
佐原にこのような名所があったとは知りませんでした。私の実家がある埼玉にも川越の小江戸があり、
それなりに昔の風景が残されております。

小堀屋、この雰囲気いいですね~
近日是非行ってみようと思います。
[ 2007/01/23 10:09 ] [ 編集 ]
佐原って聞いた事もなかったです。成田の近くにそんな所があるんですね。私は日本に帰ると、いつも必ずといってよいほど、長野の馬籠、妻籠に温泉の帰りによります。あそこも普通に生活してますよね。どこか悪くなっても保存建築なので規制が厳しくて、昔のように治さなければいけないので大変だ、と小物やのおばさんが以前話していました。
あの狭くて急な階段、昔はこんな階段が近所の旧家にもあったなぁ。
黒切蕎麦は何かミミズくんづほづれつに見えます~。ゆず切り蕎麦、かなり食べたい!
[ 2007/01/23 10:16 ] [ 編集 ]
情緒があって素敵な町並みですね。
着物きて散策でもしてみたくなるような。。
大切に保存しつつ共存するって大変だと思います。
皆さんご立派ですよね。

小堀屋さんのお蕎麦が食べてみたいです~☆真黒な蕎麦にびっくり!
蕎麦は嫌いでしたが夫の影響で好きになりました。相方の影響力って大きいな~って思うときがあります(笑)

Architectさんのところでは行ってみたくなる素敵な場所や美味しいお店を知ることができて嬉しいです。

仲間由紀恵さんのドラマ見てみようかな~♪
[ 2007/01/23 15:32 ] [ 編集 ]
建築の単体も面白いですが、集合体としての街並も面白いものです。特に歴史的な価値がある街は!。昔の生活が頭の中で想像できるんですね。
黒い蕎麦は言われてみれば、イカスミですね。でもほんとに昆布の香りと味が楽しめて、返しにちょこっと浸けて食べるのが良かったです。
車のおかげで行動範囲も広がりますよ!!がんばって免許チャレンジくださいな!
[ 2007/01/23 20:07 ] [ 編集 ]
こんばんは!94'Ghibliさん。
川越の小江戸ほど大きくありませんが、しっとりした小さな小江戸でした。たまたまちょっとインターネットで建築を調べていたら「佐原」が紹介されていて、マセにもちょうどいい100kmくらいの片道ドライブだったので出かけた次第です。幕張から先は東関道ガラガラでドライブもう~んと楽しめました。

また94'Ghibliさんも是非ご家族でお出掛けください。
小堀屋は絶対にお薦めです!!。11:00オープンです。
[ 2007/01/23 20:14 ] [ 編集 ]
実は文化庁の認可した「伝統的建造物群保存地区」って意外に少ないんですね。
妻籠宿もそのひとつです。僕もあそこは大好きで何回か訪れてます。いつも人でいっぱいですが、やはり当時の生活や文化が偲ばれますよね。島崎藤村の「夜明け前」なんかも読んでいくともっと楽しくなっちゃいます。
確かに補修にも規制がかかるのでたいへんです。補助をしっかりしてあげないと生き残っていかないのがこの地区です。でも日本人の貴重な財産ですから、しっかり理解していかないと!
蕎麦は黒切の方が、僕は好みでした。こんな長~いミミズはいないぞ!
[ 2007/01/23 20:25 ] [ 編集 ]
こんばんは、カプチーノさん!
そうですね、着物が似合う街かもしれませんねぇ。街の人も着物着て商売などすると、もっと「佐原」のインパクトが強くなるかもしれませんね。
実際、散策していていくつか耳にしたことなんですが、旅館の御亭主が「お客さんがぜんぜんいないよぉ~」とか「えっ、あの店、つぶれちゃったの?」とか電話で話していたんですね。街の活性化ってほんとは凄くたいへんなことなんだなあと実感しました。でもなんかみんなががんばって明るく生活しているのがヒシヒシと伝わってきた街でもありました。

お蕎麦嫌いだったとは~!。でも手打ち蕎麦は旨いものです。ここの蕎麦屋さんは「歴史」が蕎麦にもっと味付けをして美味しくいただけました。3枚くらいいけそうなお蕎麦でしたが。(笑)

またこれからもいろいろな感じたことや体験したことを書いていきますので、おつき合いの程よろしくお願いいたします。(ペコリ)

[ 2007/01/23 20:45 ] [ 編集 ]
いいですね。
江戸時代には、きっと生活のまわりに水がもっとあったんだろうな(東京は暗渠になっちゃってて)。
Architectさんの日記でいいなと思ったのは「保存地区でありながら、一般の生活者もたくさんいるところです。」というところ。
普通の人が楽しくくらしている現役の住居が美しいっていうのが素敵ですね。
保存するとか、似せてつくるってのに違和感を感じるのはだからかなあ。。。(東京タワーが保存されるとしたら?)
[ 2007/01/23 23:18 ] [ 編集 ]
こんばんわ。
これはこれはすぐご近所までいらしていたとは・・・
佐原ってすぐそこなんですけど、行ったことないんですよね~。
確かにロケよくやってるみたいですよ、2時間ドラマなんかに多いのかな?
皆さん、もっと千葉に目を向けましょう!^^
でも東関道は覆面ガンガン走ってるので要注意ですよ!
[ 2007/01/23 23:43 ] [ 編集 ]
こんばんは、TV撮影に出くわすとちょっと得した気分ですね!東京から1時間半でこんなところへいけて良いですよね。京都でも一条戻橋あたりではちょくちょく撮影をしているのを見かけます。安部晴明の晴明神社の向かいです。
[ 2007/01/24 01:49 ] [ 編集 ]
関東にもこんな古い町並みがあるんですね。
びっくりです。近代的な建物ばかり見ていると古いものも心が落ち着きますね。
あの番組は子供が見ています。
一度、一緒に見てみますね。
おそばもおいしそうですね。いま、うちではざるそばがブームになっています。
週に一度はいきつけのおそば屋さんに行ってます。

それから、私事ですが、最近、パートで土木設計の会社に行っていて、毎日、CADと格闘しています。
JWは学校で少し、習ったんですが、そこはあまり普及されていないCADなので、覚えても他では使えないかもしれませんが・・・
50(?)の手習いはほんとに大変です。(~_~;)
[ 2007/01/24 15:34 ] [ 編集 ]
オーッ!浦安通過したんですね!

たまに首都高湾岸線に架かっている歩道橋に自転車で上り(途中で登りきれず自転車を押してる)
走ってる車を眺めています。(ホントは休憩している)
色んな車が通るので楽しいですよ 笑

佐原は、私は行ったことが有りませんがあの川沿いでQPの写真撮ってみたかったんですよ!
あの蕎麦屋にも行って見たかったんですよ!

あぁーっ何処かに行きたい(・´з`・)
[ 2007/01/24 22:46 ] [ 編集 ]
生活の身近に「水」があるって、ほんとにいいですね!
いつもそう感じます。そしてそこに生活している人たちが密接な関係を持って暮らしているなんて、とても人間らしいと思います。
東京もかつては八丁堀とか運河が張り巡らされていたところです。レイコさんの言うよう、首都高の下や暗渠になってしまっているけど、再生させてもっと活用できるようにすれば、川(運河)ももっと綺麗になるし、そのまわりも楽しい場ができるような気がします。
東京ももう一回「江戸」に戻るといいですね!
[ 2007/01/25 09:22 ] [ 編集 ]
そうでしたか、eiji さんのお近くだったとは!
東京からも100kmくらいで、ドライブコ-スとしてはお手ごろでした。目的地を楽しむことができ「佐原」はお気に入りになりましたよ!。まだまだ「潮来」「銚子」など霞ヶ浦のまわりには見ていないところがいっぱいなので、これからの楽しみにとっておきます。

ロケは多いんですか!確かにセットをわざわざ作らなくてもとてもいい環境ができあがってますもんね。今日ドラマが放映されます。テレビ朝日10chです。

東関道は車にもあまり出会わなかったですが、今後覆面には気をつけますね。ご忠告ありがとうございました。お互いじゃじゃ娘のスピードは押さえましょうね!(笑)
[ 2007/01/25 09:35 ] [ 編集 ]
おはようございます、kookieさん。
そうなんです。静かな保存地区の街になんか活気あるロケを見ることができて良かったです。しかもナマの「仲間由紀恵」までみれたなんて、いい旅でした。

京都だと1時間半も走ってしまうと、せっかくの京都からはみ出てどっかに行っちゃいますね!(笑)
東映とかあるからロケは多いでしょうね。私の住んでいる用賀も東宝があるので駅や路地でよくロケをやってますよ。どうしても立ち止まって見物客になっちゃいます。
[ 2007/01/25 09:45 ] [ 編集 ]
そうなんです、佐原の他にも小江戸と喚ばれているのは「川越」(埼玉)なんですが、関東で保存地区に指定されているのは、あと群馬の六合村の3箇所のみなんですよ。
なかなか趣き深い街で楽しむことができました。

蕎麦がブームなんですね!
いいですね、家族揃ってのお蕎麦屋さん。ほんのりした雰囲気が判る感じがします。

おっお、CADですか、でもあくまでひとつの道具ですから覚えてしまえば後は簡単だよ。これだけは日々の経験が、NAOさんの糧になっていくでしょうから頑張ってくださいね!
[ 2007/01/25 10:01 ] [ 編集 ]
おはようございます、マッティーさん。
そうなんです、浦安通過です。(笑)
車の走っているのも見ているだけでも楽しいものですよね。その中で「輝く車」を見つけると得した気分になっちゃいますね。

やっぱりこのアングルは押さえたいですよね。佐原をゆっくり散策した帰りにQPをわざわざ動かして、瞬間を押さえました。後ろから車が来ると退かなくてはいけないので。でも絵になる街です。マッティーさんも是非一度足をお運びくださいマセ。
マッティ-・アングルを楽しみにしてます!!
[ 2007/01/25 10:07 ] [ 編集 ]
風情のあるたたずまい。
ちょっとタイムスリップしたかのような錯覚にとらわれてしまいました。

TVのロケってとても傍若無人じゃぁありませんか?
自分たちがえらい、みたいなスタンスが見えて、私はどうも苦手です(でも、芸能人を見ることができれば、得したーと思ってしまうのですけれどね)。

って、なんだかうるさいおばさんのコメントになっちゃってますね^^;

せっかく素敵な橋なのになーなんて思ってしまったのです。
[ 2007/01/26 06:58 ] [ 編集 ]
おはようございます、もちさん。
なかなか落ち着いた街並であったのと、古の生活が思い浮かばれる街でしたよ。代々引継がれてきた家を守ってきた街の人たちの意識の高さを感じました。実際の生活にはいろいろと支障があるんだろうけど、知恵を出し合った結果が今の街の姿なんだろうね。新しく建てる家も、街並に合わせたデザインで、窓に細い竪格子が嵌まっていたりして好感が持てました。

ロケはしょうがないですね。橋が壊れないか心配していたくらいです。この写真のあともロケ班は場所を替え撮影していましたが、それを避けるようにして静かに街を散策していました。(笑)
昨日の10chで放映と街に貼ってあったポスターに書いてありましたが、僕の撮った選挙応援シ-ンは来週の木曜日に放映のようですね。また見てみてください。
[ 2007/01/26 09:50 ] [ 編集 ]
Paper Moonに魅せられて、こちらのページにまいりました。
佐原、写真を見て、とっても歩きたくなりました。車がないので、ほかほかしてきたら地図で探して行ってみようと思います。
「小堀屋」さんも歩いて移動できる所だといいなぁ。
[ 2007/01/29 22:24 ] [ 編集 ]
おはようございます、けっちゃんさん。
Paper Moonからですね! あっ、わかりました!

佐原は電車でも勿論行けますので、地図を片手に散策されるといいですよ。駅からもいろいろな光景が楽しむことができると思います。
佐原は歩いて感じる街です。旅の思い出にぜひ「小堀屋本店」でお蕎麦を堪能くださいマセ。この本店じゃなきゃダメですよ!(笑)
ちなみにこの「保存地区」は1キロ四方くらいの大きさですから、早く歩けば1時間、ゆっくり鑑賞しながらでも2時間強です。小堀屋さんも真中にありますからご安心を!

またよろしくお願いします。
[ 2007/01/30 09:55 ] [ 編集 ]
大好きなんです!!
わかりました、本店を間違いなく目指します。
極度の方向音痴(笑)なので、姉でも誘って行こうと思います。

ところで、このグレーにこの薄水色にこのグレーがかった白、
コントラストがすごく『大人』ですねー≧▽≦
[ 2007/01/30 11:13 ] [ 編集 ]
僕も大の蕎麦好きです!
お蕎麦好きなら、黒切り+ゆず切りの2枚を一緒に食べても全然大丈夫ですよ!。ちょっと量は少なめだから。
きっと駅にも佐原保存地区の案内パンフレットはおいてあると思います。迷っても太陽を頼って、散策してみて下さい。

色合いをお誉めいただき恐縮です。(ペコリ)
[ 2007/01/30 17:45 ] [ 編集 ]
只今、ドラマをみてまーす♪
[ 2007/02/01 21:26 ] [ 編集 ]
只今、ビデオで撮ってま~す♪
(今日こそこのブログのシーンのはずだ!)
[ 2007/02/01 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://architect3002.blog25.fc2.com/tb.php/151-0b7d3e57

エラいところに嫁いでしまった!エラいところに嫁いでしまった!は2006年5月に発売された新潮社出版の槇村君子のエッセイ。及びそれを原作にした2007年1月11日木曜日21:00
[2007/01/27 04:33] 奈々の日記