fc2ブログ
ホーム > 建築 > 平和記念資料館を訪れて

平和記念資料館を訪れて

IMGP3800.jpg
平和記念資料から慰霊碑、原爆ドームへの軸線を見る

1945年8月6日、広島は原子爆弾という人類未体験の核兵器によって一瞬にして壊滅した。
そして人類として後世に残さねばならぬ「記憶」をしっかりと展示しているのが、平和記念公園の中にある、ここ「平和記念資料館」である。建築家・丹下健三氏設計による建築は昭和の名建築として重要文化財にもなっている。

この平和記念公園を訪れると、広い敷地に配置されたいくつかの「建築の軸線(AXIS)」を感じることができる。「平和記念資料館─原爆死没者慰霊碑─平和の灯─原爆ドーム」が一直線上に配置され、それぞれの建築の強い結びつきを意識させ、そこに訪れた人たちに強いメッセージを与えることになる。
そして慰霊碑の前で手を合わせ、原爆で亡くなった方達のご冥福をお祈りする。その際に慰霊碑のヴォイドを通して見える遠くの原爆ドームの姿が印象的であった。この「原爆死没者慰霊碑」には興味深い物語がある。当初この慰霊碑を丹下健三氏が推挙する彫刻家イサム・ノグチにそのデザインを託す。彼のイメージしたその慰霊碑+納骨堂はそのほとんどが地中に埋められ、死者の魂を大地に眠らせ鎮めるという素晴らしいコンセプトと造形美のものであった。「エナジーヴォイド」という彫刻を想起させるような3次曲面の柔らかなフォルムだったのだ。しかし戦後の日本、日本人とアメリカ人のハーフであったイサム・ノグチは敵国アメリカ人の血が混じっているという理由のみで、この案は一瞬にして幻と化してしまうのである。

IMGP3772.jpg
原爆ドーム。この真上で原爆が爆発した

IMGP3776.jpg
平和記念公園から元安川越しに見る原爆ドーム

IMGP3780.jpg
原爆死没者慰霊碑。イサム・ノグチのイメージを残しつつ、はにわの家型を丹下がリ・デザインしたとされる。ヴォイドの中に原爆ドームが見える

IMGP3785.jpg
資料館から見ると原爆ドームは慰霊碑の上に顔を出す。近づくにつれ慰霊碑のヴォイド(穴)の中に原爆ドームは納まっていく

さて「平和記念資料館」は本館を中心に東に新館、西に議会棟が連絡通路を介して連結された美しいプロポーションの近代建築である。この資料館の入場料はなんと50円。「恒久平和」への強い思いが感じられる。実際の展示をすべて詳細にみていくと3時間はかかるという。広島の歴史~戦争突入~原爆投下~被災後の広島~と中へ進む程、その内容は目を覆いたくなるような悲惨な状況を目の当りにする。原爆投下直後の広島の姿を頭の中で想像してみるが、その場・瞬間の悲痛な叫び・助けを求める声・焼き尽くされてしまった街の匂いなど、どれひとつとっても想像を超えていることを実感してしまう。
日本人のみならず世界中の人たちがこの資料館を見学することによって「恒久平和」への強い意識がもっと身近なものになり、戦うことの愚かさ・殺し合うことの愚かさを痛感するに違いない。資料館には多くの外国人(アメリカ人だろう)もたくさん見学していた。平和な現在であっても、この地球から戦争がなくなることはない。人間の本能であろうか、殺しあうことは?。そうではない!人間だからこそ「平和」を築くことができるはずだ、と心より強く感じる。
資料館から一歩踏み出して心地よい空気を深呼吸するが、頭の中の重い感じがいつまでも抜け切らない。ひとりひとりが「平和とは何か?」と自問するする時代はいつまでも続くのだろうか?
「目を背けてはならぬ!真実を見て自らの頭で考えよ!」と耳もとで囁く声を聴きつつ、資料館をあとにする。

IMGP3796.jpg
1階はピロティー。ルーバーが建築に美しいリズムを与える

IMGP3794.jpg
「嵐の中の母子像」(本郷新 作)

IMGP3802.jpg
資料館の中の原爆ドーム(以下資料館の許可をいただいて撮影)

IMGP3805.jpg
原爆が爆発した位置(赤い球)を展示。街は全滅

IMGP3806.jpg
原寸の原子爆弾「リトルボーイ」。投下された年の暮れまでに14万人の命を奪う

800px-Hiroshima-atombomb_wa.jpg
原爆爆発時間「午前8時15分」のままの腕時計。正確な時間は諸説ある

IMGP3822.jpg
平和記念資料館。次回はこの資料館前の道にかかるふたつの橋をご紹介。お楽しみに!


[ 2007/03/07 09:02 ] 建築 | TB(0) | CM(10)
そして相変わらず綺麗な写真!ってわざと重い話題を避けてる訳じゃないですが、Architectさんのブログに買ったばかりのMacで初見参なもんで、浮かれとります(^_^;;
Macで見ると写真も一段と綺麗!?そしてフォントも読みやすい??まだまだ勉強中です。
[ 2007/03/07 22:29 ] [ 編集 ]
さすがにこの資料館は重かったです!
戦争体験がないにしても相当のショックを受けました。
ここで見学すれば誰もが「平和」を誓うでしょうね。

ところでNew Mac でそんなに違うものですか?。自分がMacだと気付きません(笑)。フォントはMacでもいろいろと相性があるようで限って使用してますよ。
[ 2007/03/07 22:38 ] [ 編集 ]
で、なにもできない自分が悔しくてしかたなかったです。
でも、意識することが大事なんですよね。結局。
[ 2007/03/08 03:51 ] [ 編集 ]
おはようございます。
この資料館の使命はまさにおっしゃるように「意識すること」だと思いました。美術館の資料とは違って、過去の残した「負の遺産」を自分でどう思い、どう考え、今後どうすればいいのか問いかけてくるような感じがしました。ひとりひとりが「平和」を意識すれば、戦争や争いももっと減ると思うのですが‥‥。行動に移せなくとも啓蒙できるようにいつも自分の中に「PEACE」を刻み込んでおきたいですね。
[ 2007/03/08 09:08 ] [ 編集 ]
ほんとに、60数年前にこの街に原爆が落ちたなんて想像もつきません。。
普通に暮らしてると、忘れてしまいます。

いま、元気に毎日を過ごしていけることに改めて感謝しなくちゃって思いました・・・



[ 2007/03/08 09:27 ] [ 編集 ]
おはようございます、マセラさん。
ほんとにそうですよね。
広島の街を歩いていても原爆の惨劇を想像することはなかなかできませんね。この資料館や公園や原爆ドームは徹底的に「意識」させてくれますが、今はとても「平和」な雰囲気です。
でも実際は後遺症や家族を亡くされた方とか、目に見えないところでの悲劇もいっぱい今もあるのでしょう。それはちょっと広島に行っただけでは感じられません。
今回の広島来訪はほんとに有意義な旅でした。
もちろんマセラさんに出会えたのもですよ!!
[ 2007/03/08 10:00 ] [ 編集 ]
広島にいながら・・・
平和公園でまったりしてるのに・・・
ヴォイドからこんな風景がみえるなんて・・・
気づかなかった
反省(><)
[ 2007/03/08 23:11 ] [ 編集 ]
そういうもんなんですよね!僕も全く同じです。すぅさんの方が東京の情報をいっぱい持っているように。
ここの平和公園は資料館から原爆ドームまでしっかりと建築家がその見え方を考えて操作してます。あの慰霊碑も地下に眠っている被災者に冷たい雨がかからぬよう、家のかたち(屋根)となっているんですね。昔勉強したと思うけど、古墳に「はにわ」ってあったでしょ!あの「家の形をしたはにわ」がデザインのヒントになってます。もちろんそれ以前の慰霊碑の大きな構想は「イサム・ノグチ」のものを敬意をもって採用しているんですが。
またすぅさんのお友達にも教えてあげてくださいね!
[ 2007/03/09 09:50 ] [ 編集 ]
こんなすごい建て方だったなんて
観光客がまっすぐ見てるのがわかりました!
知ると知らないとでは、ほんと見方がかわってきますよね
すぅもしっかりお勉強しなきゃ
[ 2007/03/09 23:37 ] [ 編集 ]
僕もいつもそう一生懸命にものを見ているわけじゃないけど、せっかく広島に行くのだから、確認しておきたいことは現場で確かめてみました。
とても明解な見え方でしょ!
いろんなものをいろんな方向から見ると楽しいものです、この世の中!!
なんか広島で発見があったら教えてね。
[ 2007/03/10 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する