ホーム > スポンサー広告 > 海上神殿の美学ホーム > 建築 > 海上神殿の美学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海上神殿の美学

IMGP4035.jpg

安芸の宮島に無事到着。「厳島神社」(1996年 世界文化遺産登録)をめざす。

IMGP4021.jpg

高速船を降りると、さっそくいっぱいの鹿さんたちが出迎えてくれる。一時ニュースで「凶暴化した鹿たち」などと騒がれていたが、実に礼儀正しくおとなしい。鹿せんべいを持っている人の後に鹿たちは群がり、しきりにお辞儀をして「せんべい頂戴!」とねだる。せんべいをあげないと頭でお尻をつつく。それでもあげないとジーパンを噛む。やっぱり凶暴なのかしら?

IMGP4026.jpg

さてゆっくりと海沿いの参道を進む。まだ朝も早かったのでひとは疎らだけど、午後になるとひとでごった返す。

IMGP4108.jpg

宮島名物の「しゃもじ」や「もみじ饅頭」がどの店でも売られている。もみじ饅頭を機械で作っているところをガラス越しに見ることのできるお店もある。

IMGP4154.jpg

いよいよ厳島神社の「大鳥居(重要文化財)」が見えてくる。
800年以上前の平安時代、平清盛によって宮島に建立された厳島神社。宮島という島自体が推古天皇の時代より「神道の島」として崇められていた経緯がある。海上の神殿は「竜宮城」「極楽浄土」をイメージされ作られたといわれる。大鳥居が海にあるのも神社の配置構成を考えれば納得できる。ちなみに形式は四脚作りといわれるもので鳥居主脚は天然楠、松の千本杭が海底に打ち込まれた上に掘立ててある。高さは約16m。過去に7回程倒れるがその都度修復。干潮時にはこの鳥居まで砂浜を歩いて行ける。

IMGP4046.jpg

海に浮かぶ社殿全景。ちょうど訪れた時は運良く満潮であり「海上の神殿」を実感する。奥に本殿を構えるが海上にありながらこの本殿が倒壊したことはない。本殿の前に建ちふさがる5つの「平舞台(国宝)」が守ってくれているのだ。この平舞台、実は海の中の土台に固定されていない。よって大波を受けるとプカプカ(大袈裟な表現だが)といかだのように浮く構造で、波のエネルギーをこの「平舞台」で吸収する仕組みになっているのだ。何たる古人の知恵!。その上、平舞台や廻廊の床は板張りになっているのだが、7mm程度の隙間があり、下からの波の力をその隙間で逃がすような工夫さえされている。

IMGP4056.jpg

「東廻廊(国宝)」より「本社祓殿(国宝)」をのぞむ。厳島神社が海の上にあり、背景が緑あふれる山に囲まれている感じがとてもよい。自然崇拝の思想を感じ取ることができる。日本建築における自然を背景とした神社・寺院建築群の「重なりの美学」にはいたく魅了されてしまう。

IMGP4075.jpg

本社祓殿前の舞楽を演ずる「高舞台(国宝)」。能楽の舞台では最小のものだが、一度は本物の能楽をこの目で見たいものである。

IMGP4073.jpg

東廻廊越しに五重塔と千畳閣をのぞむ。

IMGP4069.jpg

廻廊板張りの床。流石にこれだけの観光客の固い靴底で踏まれれば傷むのも当然。前述の7mm程度の隙間から海水が噴水のように出てくるのも一度見てみたい。廻廊にとっては酷なんだけど‥‥。

IMGP4079.jpg

高舞台より大鳥居を見る。さすがに平舞台先端の「火焼前」は大鳥居をバックに記念撮影のメッカと化している。

IMGP4088.jpg

「能舞台(重要文化財)」は江戸時代に建立。日本では唯一の海の上の能舞台。床板を伝わる音が海に反射し、太鼓のような響きがあるという。また潮の満ち引きによって、板底と海面の距離で違う音を奏でる魅惑的な舞台である。

IMGP4110.jpg

安芸名物の「焼き牡蠣」。いい香りにつられてついついお店へ。あまりの旨さにお皿いっぱいに盛られた焼き牡蠣の写真を撮り忘れた。我としたことが!!!

IMGP4118.jpg

「千畳閣(重要文化財)」。桃山時代の豊臣秀吉により経堂として建立が発起され実現。

IMGP4139.jpg

千畳閣に実際タタミを敷きつめると850帖とのこと。大きな屋根を支える複雑な小屋組も素晴らしい。暑い陽射しを遮り、中はとても快適空間に変身。

IMGP4135.jpg

千畳閣から本土・宮島口方面をのぞむ。秀吉もこの光景をここから目にしたのだろうか?

IMGP4159.jpg

本土宮島口と厳島神社を10分くらいで結ぶフェリー。

IMGP4161.jpg

フェリーに乗って安芸の宮島にも別れを告げ、厳島神社をあとにする。
次はいよいよ広島の旅、最終地、どこに行くのかお楽しみに!

[ 2007/03/10 17:14 ] 建築 | TB(0) | CM(8)
わたし、広島っていったことないんです。
前の回に出てきたような近代的な建物もとってもステキなんですが、この海の上にある厳島神社。
なんとも言えない感じで、見ていて鳥肌がたちました。

本物をみたら、もっとすごいんだろうなぁ~と思います。
いつも、ステキな写真つきのブログををありがとうございます。
[ 2007/03/10 18:43 ] [ 編集 ]
宮島、行ってみたいです。鳥居はよく写真などで見ているけど、社殿はこんなことになっていたのか。平舞台っていうのがどれのことなのかよくわからないけど、固定されてないでプカプカ浮かんでいるなんて想像しただけで凄いです。しかもそのおかげで崩壊しないでこの建物が存在する、なんてどうやって考え出されたんだろう?凄すぎ。
何だか水の中から姿を現した竜宮城みたい。
眺めも良さそうですね。
[ 2007/03/11 06:32 ] [ 編集 ]
ひさびさ宮島にも行きたくなりました~
前に行ったときは、ロープウェイと徒歩で弥山山頂まで登りました!
360度のパノラマですよ

神殿の床板は台風で何度も流されたり、崩壊したりして再建されました
ニュースで、流されそうになる板を必死に押さえてる人たちの姿が目に焼きついてます
最近はちょっとした雨でも、満潮とかさなると板すれすれまで水がきて浸水することも、
地球温暖化がこんなとこころにも影響をあたえてます

かきおしかったことでしょう(笑
[ 2007/03/11 15:07 ] [ 編集 ]
何週間構えに足しか世界遺産で宮島をやっていたように思います。カメラをなんだったかなあ?ちょっと思い出せませんが、多分ハングライダーかなにかで移していました。目線が海の上からなのでとても綺麗でした。やはり広島行っておくべきですよね。
[ 2007/03/12 01:30 ] [ 編集 ]
ここ厳島神社は私も初めてでしたが、歴史・建築の仕組みなどの知識をちょっと頭のなかに叩き込んでから行ってみると、とても感動すると思います。実際の能楽などを見たいところですが、予約がとれないと友人から聴いています。能楽を演じているところなどを想像してみるのもいいですよ!
是非ご家族で一度、広島・厳島神社など訪れてみてください。きっと楽しい旅になると思いますよ!
[ 2007/03/12 09:16 ] [ 編集 ]
遠景からの写真で前の方にある建物が「平舞台」なのですが、よくわからないかもね!。でも実際行ってみると屋根があっても部屋になっているわけではないので。
古の人たちの夢を見事に実現した建築です。わざわざ建築場所としては条件の悪いところに建てた訳ですが、それ以上にこの建築場所と建築に魅力が割るのだと思います。平家が滅びた後もさすがに源氏はこの建物には敬意を表して、取り壊しをしなかったそうです。そして何度も壊れながらも原型に忠実に再建して今の姿があります。世界文化遺産の中でもとても貴重な財産だと実感できました。
[ 2007/03/12 09:23 ] [ 編集 ]
厳島神社にいたのは3時間程度だったんですね、実は。ほんとは山の上に上ったり、水族館に行ったりして宮島をもっと楽しみたかったのです。大自然のパノラマ!見たかったです!!
厳島神社のニュースはさすがに全国ネットでも放映されますよね。台風・高潮など自然の猛威には流石の浮き床もかなわないことがあるようですが、地球温暖化だけはなんとか人類の力で阻止できるものと思いたいです。イタリアのヴェネチアのようになってしまうだけは避けたいものですね!
牡蠣はうまかったぁ~!また宮島で食べる焼き牡蠣は最高!!本場で本物を食べることがいかに贅沢なことかこれも実感できた旅でした。
[ 2007/03/12 09:31 ] [ 編集 ]
おはようございます。kookieさん。
そうでしたか、そのテレビはみそびれてます。上空から宮島・厳島神社を見たら相当に美しいでしょうね。ぼくもグライダーから見下ろしてみたいものです。海・神社・山・森など一目で確認できたらどんなに素晴らしいことでしょう。そういうツアーはないんでしょうかね?(笑)
是非Spyderで広島に飛ばして行ってみてください。広島から宮島口まで車、そして厳島神社まではフェリーに車を載せて、宮島をSpyderで走ってみてください。スピードは全然出せないと思いますが(爆)

PS.昨日お台場に行き、Caro Gran Sport RC 2007のゴールに行ってきました。ミストラルやギブリがいましたよ!また日記で紹介しますね。
[ 2007/03/12 09:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。