fc2ブログ
ホーム > > 鈍感力とQP

鈍感力とQP

IMGP4400.jpg

渡辺淳一の「鈍感力」。テレビを観ながらあっと言う間に読んでしまいました。
作者の言う、「今を生き抜く新しい知恵」=「鈍感力」という方程式は成立するのでしょうか?
自分のことを考えてみますと、あんまり「鈍感力」を兼ね備えてない人間だと思います。この本を読む前から、「鈍感力」という言葉は意識してませんでいたが、実生活において実はここ2・3年、鈍感になるよう意識的に生活してたのです。それでもまわりからは「神経質」とか「細かい」とか「口うるさい」と言われることは多いですが。(笑)

要は「クヨクヨせず大らかな気持ちで生活せよ!」ということでしょう。渡辺流「鈍感力」というキーワード(言葉遊び)でこのエッセイ集をまとめたに過ぎません。内容はフンフンとうなずけませんが、特に新しい内容でもなく、日頃から行き詰まった時に自分の頭で「こんな時はこうしよう!」と誰もが考えていることだと思いました。結局は「鈍感になれ」といっても、実は「まわりに敏感でありながらまわりに気付かれないようにセルフコントロールをしろ」ということを言いたいんだと勝手に解釈してしましました。

渡辺淳一の小説はその昔高校生の頃、大好きで読破しました。初期のころの医学・生命を主題としていた小説です。もともと外科医だった渡辺の生きざまにその強さと繊細さを感じ取ってました。でも今の渡辺文学は違います。男と女の恋愛小説。どうもいただけません。まったく渡辺の作品から遠ざかってしまいました。

IMGP4371.jpg

そうだ!
以前からなのですが、QPの左後ろのドアが少しずれています。ボディ-剛性の問題でしょうか、ドアヒンジのせいでしょうか?それともイタリア職人気質の問題でしょか?。腫れ物をさわるように静かにドアの開閉をしてますが、一向によくなる気配がありません。ガレイタもちょっとこれだけはお手上げ状態。こんなときこそ「鈍感力」が私の心を救ってくれるのかしら?。きっとイタリア人は地球上で一番「鈍感力」を兼ね備えた国民かもしれませんね。
やっぱり「鈍感力」は必要です!(爆)

[ 2007/03/15 09:55 ] | TB(0) | CM(20)
私も渡辺淳一は好きです。
医学生の話も読みましたし、エッセイや恋愛ものも読みました。最近は不倫ものばかりですね。
でも、話題になっているので「愛ルケ」も読んじゃいました(^_^;)
この本もぜひ読んでみます。
[ 2007/03/15 12:35 ] [ 編集 ]
渡辺淳一の本は、不倫とか何だかドロドロ面倒くさそうで実は読んだ事がなかったです。さけてしまう作家のひとりでした。
神経質なのはAB型の特徴でしょうかね?私は普段はおっとりとして、しかも自由気ままに見られがちですが、実はそれはあまりに神経質なのをカモフラージュしているだけなんです。(と自分で言い訳)壊すと言う作業がとても恐くて、壊さないと新しい物が生まれて来ない、成長しないとわかりつつもつい守りに入ってしまう自分にまたイライラします。そういうことがなかなか思い切って出来ない、というのも鈍感力が必要だということですかね?
[ 2007/03/15 15:25 ] [ 編集 ]
渡辺淳一さん確か、0安在住です。

うちのマッティー号はフロントバンパーとフロント左フェンダーのすきまが広がったような?(納車当時の写真と比べ)
ディーラーに見てもらいましたが押したぐらいで動くはずないしぶつけた様子も無いみたいだし!?(ぶつければ傷が有るだろうが、、、怒)
気にしだすと、キリがないので気にしないようにしてますが、気になってます(笑)
今度のイベントの時、見てください。

初代マッティー号はビアンコでしたが、右リアドアの色が年数が経つにつれてだんだん色が違ってきまして磨屋さんにぶつけて修理したのとまで言われましたよ。(輸入時、船内か陸送時に傷をつけて納車前に修理したらしいまで突き止めましたが・・・ガレイタの人は知っているかも1997年最初に入ったⅤ811台(白二台)のうちの一台です)

やっぱり「鈍感力」は必要です! (引用しました)
[ 2007/03/15 18:07 ] [ 編集 ]
久しぶりに本屋さんにいったら、
どっさり「鈍感力」がならんでいて、びっくりしました。
流行に鈍感でした!

渡辺淳一氏の作品は、
初期の医学ものが好きでした。
「失楽園」も「愛ルケ」も死がからんでしまいますが、
私は、死んじゃあいかんだろうと思いながら、
読んでいました。

でも、私自身、けっこう神経質なので、
あまり周りを気にしないようにしたいです。
[ 2007/03/15 20:31 ] [ 編集 ]
 Architectさん、おはようございます。
ドアのずれ、私のもなっておりますよ。
ついでに色のずれも。。。(汗)
「敏感」に気づいて、「鈍感」に乗りこなすセンスがイタリア車には必要なのですかねぇ?(笑)
ドイツや日本とは違った文化の趣と申しましょうか。。。(汗)
どちらかと言いますと私も神経質なほうなのですが、
QPに乗るとともにこういうのも「アリ」なのかなと…
おかげで私はイタリアという国も好きになりました。(笑)
ではでは。
[ 2007/03/16 08:41 ] [ 編集 ]
おはようございます。
そうでしたか、ファンなんですね!
いつの頃から恋愛・不倫を扱う小説が多くなってしまい何となく、離れてしまいました。きっと医学小説の中で繰り広げられる人間模様で、普遍だったのが「人間愛」だったのでしょう。
「エ・アロール」を最後に久しぶりに渡辺作品を読みました。
本屋さんに2日通えば、立ち読みできちゃうよ!(イカン?)
[ 2007/03/16 09:47 ] [ 編集 ]
MIHOさん、ABだったの!
僕もです!
よ~く言っていることが理解できます。血液型性格もまわりから、「AB型のひとは神経質で2重人格」などと小学生のころから頭に擦り付けられてしまうため、そういう性格になってしまうという説もありますが、それもあっているのかどうかわかりません。
でもあくまで個性を殺してまで生きていく必要もないので、これからも自分を主張して生きていきましょうね。まわりを思いやりながら‥‥
[ 2007/03/16 09:55 ] [ 編集 ]
そうですか!それはお近くですね!
一度お会いしたいものです。

さてQPのそういう「すきま」は微妙なところですね。先日、外苑MTGの際にもそういうマセの個体について話し合いましたが、1台1台みんな微妙に違うのがマセのいいところだなんて結論が出ました!(笑)。程度にもよりますが気になりますよね!
また色もそうです。私のQPは扉の把手が4枚ともボディーより多少黄色くなりかけてます。どんどん症状が進むと、まっ黄色
になってしまう危惧も!(爆)
今度お互いに確かめ(慰め)合いましょう。(大爆)
[ 2007/03/16 10:04 ] [ 編集 ]
小泉首相が「鈍感力」を口にしてから、すぐには本屋に出てこなかったですね。最近増刷してか凄く本屋に積まれています。
とさっそく内容は想像がついていたにもかかわらず、ついつい買ってよんでしまいました。
ぼくもねぎぼうずさんと同じ感覚で読んでました、というか読むのやめました。
神経質はある意味、まわりに気配りできる能力だと思うような「鈍感さ」がまた必要になりますね!
同窓会もすごく「鈍感力」が必要です!!!
[ 2007/03/16 10:09 ] [ 編集 ]
おはようございます、ジョニーさん!
いや~、ジョニーさんのお言葉ですごく元気になっちゃいました。やっぱりQPの宿命でしょうか?(笑)
僕も実はQPと付き合う前までは、車については細かかったのですが、QPのおかげですごくある意味、大らかに変身させてもらいました。もちろん隅々までいつも気にはしながら乗ってますが、QPとの付き合い方を自分なりに固めていかないと、あのじゃじゃ馬娘とは付き合えませんよね!(爆)
QPに限らずマセには人格がありますよね。この個性をのばして付き合っていきたいものです。またこれからもご教示をよろしく!
ところで4月のCONCORSOは参加されるんですか?
[ 2007/03/16 10:17 ] [ 編集 ]
 Architectさん、こんにちは。
>ところで4月のCONCORSOは参加されるんですか?
日曜日にギャラリーとして出没できればと思っておりますが、お腹の出具合と相談です。。。
私のではありませんよ。(爆)
ではでは~。
[ 2007/03/16 12:45 ] [ 編集 ]
私も参加は日曜日の朝からと思ってます。
たぶん1時間半くらいで辿り着くとは思うのですが。
お会いできるといいですね!
ではでは~。
[ 2007/03/16 13:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ドア気になりますね。Maseratiだからしかたないですよね。
コンコルソ是非楽しんできてください。
ジョニーさんこの場を借りてですが、第2子おめでたですか?
[ 2007/03/17 02:00 ] [ 編集 ]
 おはようございます。
>ジョニーさんこの場を借りてですが、第2子おめでたですか?
Kookieさん、そうなんですよ!
7月の予定です。
何かと忙しい1年になりそうです。(笑)
Architectさん、おじゃましました。
同郷の好みで私もお会いできたらうれしいです!
ではでは。
[ 2007/03/17 07:50 ] [ 編集 ]
笑い飛ばしちゃいましょ~!
仕方ないと言われれば鵜呑みしちゃいます。(爆)
何でしょうね、原因?
まあ扉が走行中に落ちなければ「善し」としますか。
コンコルソは楽しみにして行って参ります。
[ 2007/03/17 09:49 ] [ 編集 ]
そうかな~と思ってましたが、それはそれはおめでとうございます!
夏が楽しみですね!!
一生懸命、お子さんとQPの為に働いてください。(笑)
ご都合あえば、お会いしたいですね。そちらからだと150kmくらい東名を突っ走ってくればいいでしょうか。
浜松弁が懐かしくなってきました。
[ 2007/03/17 09:53 ] [ 編集 ]
 Architectさん、ありがとうございます!
一生懸命働きます!(笑)
裾野までQPならちゃっと飛んできゃあ1時間ちょいぐらいだらねぇ。
がんこ遠いじゃないだで行けるといいなぁ。(笑)
ではでは~。
[ 2007/03/17 11:17 ] [ 編集 ]
いやいや目出たいお話で明るい気分になりますよ!
1時間ってことは‥‥‥‥制限速度で!!
ってことは、裾野は東京と浜松の中間ってことだらぁ~?
(すっかり浜松弁から遠ざかってます)
[ 2007/03/17 11:52 ] [ 編集 ]
以前に155に乗っていたときです。新車で買って半年くらいの時に、金沢の兼六園に行ったときの帰りというか帰ってから気づいたのですが、運転席のドアを開けたら
ネジが1本5cmくらいのものが外れていました。
何処のネジかは不明です。高速だったのに、ドアが外れなくて良かったです。
[ 2007/03/18 01:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。
高速でドアが!なんて想像するだけでも恐ろしいことですね!
ましてやそれが運転席だなんて!!
不明のネジも恐怖です。
どうも私のQPもガレイタによるとヒンジではなさそうです。一度だけは直ったことがあったんですがねぇ~(笑)
イタ車の特性とでもしておきますか!
[ 2007/03/18 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する