FC2ブログ
ホーム > MASERATI > Museo Maserati

Museo Maserati

100020Future20Systems20A.jpg

2009年モデナにオープンする『Museo Maserati』
2004年の設計コンペティションでイギリスの「FUTURE SYSTEMS」が勝利しました。
MCJ のみなさんはもうご存じのことと存じます。

半地下に潜った建築は大きな屋根に覆われ、訪れた人たちを歴代のMaseratiたちが迎えてくれるように計画され、正面のガラスに重層にまとわり付いたフィン(羽根状ルーバー)はマセラティのラジエーターをイメージしてできたものだそうです。上空から見るとボディーの一部のようにもみえるのですが、この博物館かなりデザインアイテムにクルマがモチーフになっているのが微笑ましいところでもあります。

ちょうど豊田市にある槙文彦氏設計の「トヨタ鞍ヶ池記念館」に訪れたことを思い出しました。エントランス正面に立てられディスプレイされた「トヨタ2000GT」、そのインパクトは衝撃的で記憶にしっかり刻み付けられています。ゆっくりとスロープを下りながらいろんなクルマたちに接する場に身をおく仕掛けができています。

『Museo Maserati』はMaseratiだけの博物館。
どんなに興奮してしまうか、もう今から想像できない自分がいます。(笑)

そうだ! 
2009年はモデナに行こう!! 
心のエンジンはもうかかってしまった!!!
Museo Maserati へ!!!!

20070518140620.jpg
イメージ・エスキース

20070518140604.jpg
クルマのパネルパーツが置かれたかのように

20070518140614.jpg
歴史ある建築群と緑の森の中に

236362043.jpg
ジアロのスパイダーが浮遊していたり

pub_4530_w500h500q75bw1_183.jpg
いろんなMaseratiが浮遊するエントランス、そして空に向けられたトライデント

pub_4530_w500h500q75bw1_181.jpg
昔の建築も残しながらプレリュードとなる空間

20070518140659.jpg
スロープに従って

thumb.1.jpg
土の中に潜り込む



追伸.その後の様子をご存じの方はご一報くださいマセ。
Photographs by FUTURE SYSTEMS
[ 2007/05/18 14:18 ] MASERATI | TB(0) | CM(16)
決定したのですね。2009年には絶対にモデナツアーを企画しなくてはですよね。
[ 2007/05/18 19:53 ] [ 編集 ]
MCJメンバーのみならず、マセ好きの人々にとってはまさに夢の空間ですね!
機会さえあれば、一度は行ってみたいですぅ♪
それにしても、凄く思い切ったデザインで驚きました!
[ 2007/05/18 22:18 ] [ 編集 ]
こんばんは!
ここに行かない手はないですよね!!
どちらにせよ「Maseratiの旅」をしたいと思ってましたので、この完成を機にイタリアへ飛びましょう。
まだmarqueさんもいらしゃるんでしょうかねぇ?
[ 2007/05/18 22:46 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ほんとにこれができれば、またMaseratiも飛躍的に成長しそうな予感がします。FSのデザインはいつも未来を見据えていますので、斬新なのかもしれませんが、歴史あるMaseratiを未来に飛ばしてくれそうな翼にも見えてきます。
行くべき処がひとつまた増えました!
[ 2007/05/18 22:51 ] [ 編集 ]
宇宙から見てもソコとわかりそうですね♪
ツアーに行くなら僕も混ぜて下さい♪お願いします(確)。
[ 2007/05/18 23:52 ] [ 編集 ]
おはようございます。
なかなかシンプルながらも大らかな建築ができるんでしょうね。イサム・ノグチではないですけど地球に施された彫刻のようでもあります。

2年後のツアー、みなさん参加されますかねぇ~?
ワイワイやりながら行っちゃいますか!!

さてさてこのたびはKOGUさんのご活躍をみなさんのブログを通じて拝見しておりますが、ホントにおめでとうございます。KOGUさんの腕はもちろんのこと、黒○・ビトゥルボのパワーは尊敬に値します。実際の走行をこの目で見たかったです。来年こそはこの目で!
[ 2007/05/19 10:29 ] [ 編集 ]
わぁ~、こんな家に住みたいです。屋根から滑り台したいです。
記念館は知りませんが、鞍ケ池に反応してしまいました。
[ 2007/05/19 10:46 ] [ 編集 ]
おはよう。
いいね、その発想!
なんか屋根がツルツルで滑り良さそうだもんね。
きっとクルマのボディーのようなイメージで模型を製作していると思いますよ。

鞍ケ池は昔、近かったじゃない?。
僕は建築家・槙文彦氏が好きなので、わざわざ記念館を見にでかけたんですよ。まわりの環境と調和した建築が素晴らしかった!
今回の「Museo Masrati」とは対照的だけど、古い街並の中にこんな建築も楽しいと思います。実際は地下に潜る空間が大きいので、屋根は低く押さえられているんでしょうね。とにかく楽しみにしてます!
[ 2007/05/19 11:02 ] [ 編集 ]
QPが納車となりました。
これでやっと皆様の仲間入り出来そうです。
ファーストインプレッションは首都高のみでしたが、いい意味で普通に乗れるクルマだなぁと感じました。
思ったよりも低速トルクがあるのが印象的。
ただ一度アクセルを踏み込んだら、獣に変身しましたけど(笑)

まだまだ初心者ですが、今後とも宜しくお願いいたします。
[ 2007/05/19 11:23 ] [ 編集 ]
こんにちは。
それはおめでとうございます!
Quattroporte IVはホントに日常の足としても十分に乗ることのできるクルマです。とにかく4ドアで何げなさそうですが、いざアクセルを踏み込むと豹変しますよね。そこが面白いところで、心の余裕でもあります。(笑)
首都高は路盤の継ぎ目が嫌いなんですが、継ぎ目のない高速を走るともっと真価を体験できると思います。あくまで法定速度内で!。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
[ 2007/05/19 11:36 ] [ 編集 ]
こんにちは。
もうココ、行くしかありませんよね!
MCJでツアー組んで、皆で参りましょう♪
[ 2007/05/21 11:12 ] [ 編集 ]
こんにちは。
そうですよね、行くっきゃないですね!
ツアーでワイワイもいいですね。
実行に向けみんなで調整していきましょう。
イタリアのmさんにちょっとこのプロジェクトの確認をとったのですが、2009年じゃなく、もっと早く来て下さいとのコメントでしたよ!!。(笑)
とにかく楽しみです。Maserati も建築も。
[ 2007/05/21 13:37 ] [ 編集 ]
FutureSystemsのHPからみると、このMaserati MuseoのClientは、Fondazione Casa Natale Enzo Ferrariになってますね。
本文から読んでも、私が記憶していたEnzoの生家がmuseumにという話と一致しているようです。
結局、MuseoMaseratiになるのでしょうか?

個人的に、MaranelloにGalleriaがあるのに、ModenaにもEnzo museoを造るの? と思っていたので、巡り巡ってこのような形で落ち着いたのでしょうか??
なんともイタリアらしい・・・
[ 2007/05/24 16:10 ] [ 編集 ]
こんにちは、marqueさん。
いろいろと情報をありがとうございます。

とあるレポートではこんなのがありました。
「DomusWebがイタリア、モデナのエンツォ・フェラーリ生家博物館とマセラッティ博物館の設計者にフューチャーシステムズが選ばれたと伝えている。」
共存した博物館なんでしょうね。総称で「Museo Maserati」になっているのかも知れませんね。

DomusWebはちなみに下記です。
http://www.domusweb.it/

EnzoとMaserariとの関係もしっくりこないのは私だけでしょうか?。どうしてもFerrari との関係のイメージが強いですよね!
どうなんでしょう?
イタリアらしいのでしょうかねぇ~?
[ 2007/05/24 16:37 ] [ 編集 ]
その昔、FもModenaにありましたからね。。
ScagliettiもModenaですし・・・

Museumに何を飾るんでしょうね~~
そちらにも興味有りです。元Maserati SpaのコレクションはほとんどPaniniに移ってしまってますからね。新たな稀少モデルが飾られるとなると嬉しいですね。

イタリア的>私的には適当なのが、イタリア的です(笑)
[ 2007/05/24 17:37 ] [ 編集 ]
そうですね!
展示が楽しみになってきました。
普通だったら、何を展示するかで、museoのコンセプトも変わってくると思いますが、何となくですが、受け入れ体制万全のmuseoになりそうな感じですね。
ということはMasearti全般というオーソドックスな展示でしょうか?

「イタリア的」を楽しみにしてましょう!!
もしかしたらサプライズがあるかも?(笑)
[ 2007/05/24 17:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する