ホーム > スポンサー広告 > ちょっとティーブレイクホーム > 健康 > ちょっとティーブレイク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっとティーブレイク

IMGP7051.jpg


金沢旅行記が4編にわたり、ちょっとここらでティーブレイクとしよう。

私はお茶の専門家でもなんでもない。
でもお茶の愛好家、と言う程でもないがお茶が大好きである。
銘柄も詳しいわけではなく、味を知り尽くしているわけでもない。

でも最近美味しいお茶に出会うことができた。
設計させていただいた住宅のオーナーからの頂きものなのだが、ちょっと感動する美味!。
あくまで個人的嗜好の範囲を抜け出ていないので、「もっと旨いの知ってるよ!」って方もいらっしゃって当然。
お茶イメージの色彩らしい箱に何袋かはいっているのだが、「新茶・503」という。
「うおがし銘茶」というお茶やさんのもので、築地に本店があるらしい。銀座の「うおがし銘茶」には行ったことがある。遠州浜松で長く生活したもの(私含め)にとって、「お茶」といえば静岡県だろう!ときっとそこの出身者は自負しているだろう。ご多聞にもれず、工場は静岡県の島田市と袋の裏に明記されていた。浜松に住んでいると、「おっ茶おっ茶、おっ茶おっ茶の竹○堂!」というお茶のCMが、30年近く経った今でも頭の中にインプットされ続けている。

さてこの「新茶・503」についてだが、まず開封した際にすでにそのお茶っ葉の香りから期待を持たせる。香ばしい甘い香りがする。お湯を注いで待つこと2~3分。程よい色合いのお茶を湯のみに注ぎ、香りを堪能しながら口元へ。のど越しまろやか。ウ~ン!旨い!。ちょっと甘味があって香ばしさが口の中に残る。日本人で良かったと思う実感できる瞬間。

IMGP7045.jpg


お茶はお抹茶に限らず「おもてなしの心」が大切だと思う。人の家に伺った時、おいしいお茶が出されるとほっとして自然にそこから会話が始まったりする。人間関係を親密にしてくれる効力もあると感じる。
私の事務所でまず新人に教えることは、「お茶」の美味しい入れ方なのである。若い人(ああ歳とるとこう言い方になってしまうのか?!)はみんなペットボトルでお茶を飲んでいるのか?。きっとあんまり家でお茶をいれたことがない人が多いのでは。まずお湯の沸かしかた。沸騰させない、直前でやかんを五徳から離す。お湯を人数分の湯のみに8割くらい注ぎ、ちょっと湯飲みがあ温まったところで、急須に入れる。お茶っ葉が軽~くひらいてきたら、順番に湯のみに注ぐ。3つ湯のみがあれば、1→2→3、3→2→1、1→2→3、3→2→1という具合に同じ濃さになるよう何回かに分けて注ぐ。注ぐ量は湯飲みの7分目。あとは丁寧にお客さまの前に気持ちを込めてお茶を出す。ここまでまずできないと、設計うんぬんの話はしない!。
この「新茶・503」になってから、打合せ後の帰り間際に、「美味しいお茶でした。」と言って帰られる方が多くなった。その言葉だけでも打合せが上手くいった感じ(錯覚?)にさえなる。
お茶の体に及ぼす効能はいうに及ばず、私たちにとってとても大切なコミュニケーションを図る媒体としての「お茶」。これからもちょっとした時間での「お茶たいむ」を楽しんで大切にしていきたいと思う。
美味しいお茶(紅茶でもコーヒーでもいいよ)があったらみなさん、教えて!。

IMGP7047.jpg


PS.「新茶・503」は11月までの限定品で、また新茶の季節まで待たなくてはいけないようです。


[ 2005/12/09 14:10 ] 健康 | TB(0) | CM(15)
お茶からこんなたくさんの物事を学べるとは…。
入れ方に心と愛情を込め、そしてこだわりを持つことによって
格段の味を引き出すんでしょうね。
それに今は特にお茶を楽しむにはもってこいの時期ですよね!
栗蒸羊羹とお茶。
やきいもとお茶。
おしることお茶。
そこにひとつの幸せがありますね☆
[ 2005/12/10 02:24 ] [ 編集 ]
日本人は昔から、一歩下がったところから遜(へりくだ)ることを美徳としてきました。贈り物でも「粗品ですが‥」とか言う人が多いですけど、僕は言いません。やっぱり人に贈る(手渡す)ものは、自分で自信あるものしか渡せないと思いませんか?。だから「これとっても美味しいですから‥‥」と言って渡した方が気持ちが伝わると思います。
お茶も値段でピンキリありますが、自分の美味しいと思ったのが一番。それでも必ず試飲はさせてもらい、確かめますがね!。
利休のお茶の世界も究極だと思いませんか?。一帖の茶室空間でも人をもてなし、人の心を動かす力を持っているのですから。そんな空間であのような所作ができればいうことないですよね!。一説に利休はクリスチャンで、あの躙口(にじりぐち)のある小さな茶室では庶民に宣教していたともありますが。真相はいかに?
[ 2005/12/10 10:18 ] [ 編集 ]
コーヒー、紅茶、日本茶、カフェイン中毒です。なかでもやっぱり日本茶。玄米茶は好きじゃありません。朝起きたてはコーヒーを飲みますが、2杯目はお茶。一日4、5杯は飲むと思います。きらしたことないけど、一日でもきれたら禁断症状でるかもしれないくらい好きです。でも、銘柄はさっぱりわかりません。私の母はコーヒー党なので、もらいもののお茶がほとんど私にまわってきますから、ほうじ茶以外自分で買った事がないんです。おいしいお茶は勿論おいしいですけど、そんなに高くなくても入れ方次第で随分おいしくなったりもしますよね。
でも私はいつもお湯を沸騰させてしまいます。2、3分の辛抱もなかなかできなくて、お湯を注いでこぼれないように、でも烈しくゆすってすぐ湯のみへとか、お湯を注いで他ごとに走り苦くしてしまったりと、Architectさんの所で働いたら仕事教えてもらう前に首のようなものです。
コーヒーはやはりブルーマウンテンが好きです。高くてなかなか買えないので、普段はフレンチローストを飲んでいます。紅茶はダージリン、時々アールグレイも飲みたくなります。お茶もそうですけど、カフェインは濃いのが好きです。
それにしてもArchitectさんは本当に物知りで勉強になります。私なんか聞いたはなから忘れてしまう。かなり認知賞がすすんでます。ああ、あの時代のあれはあんな感じで、あの何とかって人がああしたんだよね、なんて誰にも何も説明できないです。一体Architectさんの頭の中はどうなってるの?皺一杯あるんだろうなあ。
だから本当にArchitectさんの日記読むのいつも楽しみ。一瞬、物知りになるもの。どうしたら忘れないでいられるかしら?
[ 2005/12/10 14:20 ] [ 編集 ]
すみません、私知識も常識もないですけど、話が長くて…。
あのArchitectさんがペットボトルの事を言っていたので、ちょっと。
私は子宮筋腫があるとわかって知ったんですが、プラスチックは身体には良くないようです。どのくらい良くないかとか実際に身体に影響を及ぼすかどうかというのは定かではありませんが、筋腫など現代病には関係があるのではないかということです。アメリカ人はあまりしないようですが、マイクロウェーブ(日本語で何でしたっけ?残り物とかチンするやつ)を使う時にラップをかけて入れる人多いですが(私もそうでした)あれはもっての他らしいです。ラップの科学成分が熱で食べ物に入り込むらしいです。自然界にないものはやっぱり良くないということでしょうかね。
ペットボトルは水もお茶も気軽に持ち運べて楽だけど、本当はガラス製か金属の水筒に自分でいれたお茶というのがいいんですよね。
[ 2005/12/10 14:55 ] [ 編集 ]
カフェイン中毒ですか?。同じです。
今年の夏にちょっと体調を崩し(自分では重症と思っていたのですが、結局医者に診てもらったら単なる夏風邪との診断)、それ以来ちょっとコーヒーを避けています。とはいうものの1週間に数杯はいただきますが。一時エスプレッソに凝り、まずそのマシーン探し。結局イタリアの「SAECO」というメーカーのものにしました。ちょっと胃に負担があり過ぎのような気がします。今はちょっとマシーンもインテリアと化していますが。

MIHOさんの烈しくゆすってすぐ湯のみに注がれたお茶も、パンチ力あって美味しいことでしょう。でも本当に美味しいいれ方しだいでどんなお茶でもいかようにもなるんですね!。紅茶でもなんでも会話の時に目の前に一杯あれば、楽しくなるものです。ブルーマウンテンは僕もほとんど高くて買えません。キリマンジャロやマンデリンとか体の調子によって、今日はちょっと酸味あるマメにしようとか、苦いヤツにしようとか気紛れです。
紅茶だけはアールグレイですね。どういうわけか。
あと以前からカモミールやミントティーも好んで飲んでいます。
当然ティーパックなのですが、モロッコでのミントティーは上手かった!。アトラス山脈を越えて、サハラ砂漠の街を見に行く途中、お金をおろすため銀行に寄ったのですが、日本人ということで珍しがられ、やっぱりミントティーが出てきました。そこでおしゃべり30分。
ミントというと日本人はロッテガムや歯磨き粉をイメージしてしまいますが、むこうでは耐熱?ガラスのコップに、雑草のようなミントの葉をめいいっぱいいれ、そこに思いっきり砂糖を入れて飲むのですが、実に美味しい。砂糖なんか日本人の3~4倍入れのですよ。だからモロッコの街を歩くとやたらと歯医者が多いんです。日本ではありえないのですが、入れ歯なんかショーケースにディスプレイして。笑っちゃいます。

申し上げておきますが、私の頭の中の脳は、皺少なく、ほとんど平らだと思いますよ!。物忘れもひどく、このあいだも打合せで、ある3人の名前を挙げてお話しようと思ったら、なんと一人も名前を思い出すことできず、話がしぼんでしまったお粗末な経験もあります。
逆にお聞きしたいです、どうしたら忘れないでいられるかしら?
[ 2005/12/10 15:33 ] [ 編集 ]
コメントバックしたら、新たにコメントがありました。
そうですか。「電子レンジ」でのことですね!うちも思いっきり多用してます。しかもサランラップで包んで。最悪だ!。
便利な世の中。いろいろと時間がたたないと分らないこと多いですよね!。日本でもアスベスト問題でたいへんです。
MIHOさんはお身体それで大丈夫なのですか?。
[ 2005/12/10 15:41 ] [ 編集 ]
私もそうですねぇ。
コーヒー、紅茶、緑茶など何でも好きです。

この夏凝ったのが、水出し紅茶。冷水ポットに茶葉を入れて常温で6~12時間ほど置きます。その後茶葉を取り除いて、冷蔵庫に入れておけば、2日間くらいは大丈夫なようです。水出しをすると、タンニンが抽出されないため、渋みのないまろやかな味になります。

紅茶は、電車男でべノアが有名になりましたね。ミーハーな我が家は、いただきもののべノアを飲んだあと、マリアージュフレールの紅茶をいただき、もともとコーヒー党だったにも関わらず、しばらくは紅茶ばかり飲んでいました。

あ、誰ですか? 私のことをカフェイン中毒じゃなく、アルコール中毒じゃないかって言っているのはw
[ 2005/12/10 17:33 ] [ 編集 ]
もちさん、僕からの口からは、決してアル中なんて言えません!???。。。

でも水出しコーヒーって聞いたことありますが、水出し紅茶もあるのですね!。その存置時間からするとかなり美味しそう。すぐに飲めるわけでもなさそうなので、それなりに余裕のある時に準備をしておかなくては。とういうことは熱いからタンニンがでるということですね?。ちょっと味が想像できました。これは普通の紅茶の葉でいいのでしょうか?専用葉があるのでしょうか?。一度チャレンジしてみます。

電車男は少し録画して、案の定、見ずじまい。べノアとマリアージュフレールもちょっと調べて試してみます。(現時点でメーカーか葉の種類か不明)
そういえばこのあいだの幹事会でももちさん、紅茶でしたね。紅茶ってポットで出されるからなんかお徳感がある感じします。貧乏性の私にとっては。
でももちさんの家は紅茶のあるオシャレな感じがします!。
[ 2005/12/10 17:48 ] [ 編集 ]
そうです、電子レンジです。これは単にど忘れです(ということにしておいて下さい)。
ただの夏風邪で良かったですね。若いときは多少具合が悪くても気にしなかったのに、この頃は私もちょっと風邪ひくだけで怖い想像をしてしまったりします。
筋腫の方はいっぱいありますが。食事療法とサプリメントで少し小さくなってきたようです。この頃さぼっているのでいけませんが。今まで健康だけが取り柄と思って生きて来たので、身体にメスをいれるのはなかなか勇気がいります。痛みなどはほとんどないですし、できればこのまま自然に直したいと思っています。
アスベスト、サイトで調べてしまいました。また、何のこっちゃという感じだったので。本当に色々時間がたって実は…なんての多いですね。今更だめだなんて言われても今までの事はどうしてくれるのって思っちゃいます。
モロッコのミントティーは旅行番組で見ました。びっくりする程お砂糖入れてたのも。入れ歯陳列見てみたいですねえ。笑っちゃいますね。
私もミントティーはたまに飲みますよ。自分でミントを育てたときはそのミントを使ってたけどちょっと臭みがありました。今は市販のものですけど、お砂糖は全くいれません。お砂糖は煮物なんかもみりんだけでまず使う事ないですね。
あ、マンデリン忘れてた。私も日本にいた時はマンデリンでした。こちらにはどうしてだかないんです。キリマンジェロは酸味が強くてちょっと苦手です。私もエスプレッソはちょっと胃に負担がかかります。
[ 2005/12/10 17:49 ] [ 編集 ]
レピシエというお茶専門店によれば、水出しに向いている葉と、そうでないものがあるみたいです。

私は、さわやかなフルーティ系のフレーバードティを水出ししていました。食事にもあいますので、かなりお勧めです。
[ 2005/12/11 07:37 ] [ 編集 ]
 「電子レンジで加熱した時に、油分(脂肪)がある場合、こいつは120度以上に行ってしまい、プラスティック中の有害成分を溶け出す可能性がある。」というのは読んだことがありますが。
 溶質と溶媒、水溶性と脂溶性、溶出温度、PH、などなど、いろいろな要素が考えられます。「何でもダメ。」というのは、ちょっとおかしいと思います。

 お茶といえば、この間就学児健診で小学校に行った時に6年生の男の子がお茶を入れてくれたんだが、不味かったので、講義実演してきました。
 あと、新潟で食堂に入った時に番茶が出てきて、「これはなんだ??? お茶も出ねえのか!」と、思った奴知ってます。
[ 2005/12/11 08:57 ] [ 編集 ]
ぎいちさん、
電子レンジは油分があるといけないんですか。じゃあ、ごはんなどを暖める分にはいいのですね?
色々勉強になります。
[ 2005/12/11 09:08 ] [ 編集 ]
ほんとにちょっと体調が崩れると、大袈裟に悪い方向に考えてしまいます。別に他に考えなくっちゃいけないこともたくさんあるはずなのに。前向きにと考えれば考えるほど後ろ向きになっちゃたりして!?。
でもお身体の方は大切にしてください。

ミントはミントティーがベストのような気がします。ケーキの上の小さなミントも見てるだけの方が好きです。食べると口のなか中、ミントになってしまうので。
きっとモロッコの人たちはミントティーやコーヒー(これも凄い量の角砂糖をいれる)で必要な糖分を摂取しているのでしょうか?。日本人の感覚からするとやっぱり驚きます。
[ 2005/12/12 09:24 ] [ 編集 ]
レピシェですね!一度足を運んでみます。
なんかやすらげそうなティーを見つけることができそうで、楽しみです。
食事に紅茶なんてそんな洒落たことしたことないです。どんな晩餐になることやら!?。
[ 2005/12/12 09:28 ] [ 編集 ]
電子レンジの知識ありがとうございます。エンドユーザーへの細かい情報って、本当は説明書をよく読めば書いてあったりしますが、結局読まず仕舞いが多いですよね!。(わたしだけ?)
まずは油分の多いものは気をつけるように心掛けます。とはいってもどうやってチンするのでしょう?。
お茶もせっかくいれてくたのに残念でしたね。さすがぎいちさん、講議実演するところなど。子供達ってそういったちょっとしたところですぐに覚えてしまうのだから、親もちょっとお茶のいれ方くらい、子供に教えてあげればいいのになあ。出し方と気持ちも一緒に。
[ 2005/12/12 09:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。