ホーム > スポンサー広告 > 東京會舘「プルニエ」にてホーム > > 東京會舘「プルニエ」にて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京會舘「プルニエ」にて


IMGP1326x.jpg

食べることは「幸せ」なこと
食べることは「生」を感じ、その「喜び」を味わうこと
食べることは「永久」のこと、「生」ある限り

東京會舘「プルニエ」(●)でフランス料理を堪能して参りました。
東京會舘はご存じのように歴史あるインターナショナルな社交場の老舗。(●)
多くの国賓たちの晩餐会が開かれたり、多くの著名な政財界の方たちのパーティーがあったり、その歴史はもう大正11年から85年の月日が経っております。
みなさんご存じなのは、「芥川賞・直木賞」の表彰会場としての東京會舘でしょうか。
私は個人的に、高校の同窓会でお世話になったり、結婚式も東京會舘で挙げております。
いつ訪れても最高のホスピタリティーを受けることができ、最高の料理を味わうことができます。今回もいろいろと十数年来、お世話になっております東京會舘支配人のU様にお声をかけていただき、伝統のフランス料理レストラン「プルニエ」でのお食事が実現いたしました。
皇居の杜をのぞみながら、不思議なほど静かな「プルニエ」の空間でフランス料理をいただくことはこの上ない至福の時です。

さてさっそくお料理のご紹介です。
一度ぜひとも「プルニエ」で素晴らしいひとときを味わってみてください。
(写真は東京會舘さんの許可をいただきて撮影、アップさせていただいております)

DSCF5451.jpg
Entrees-1
帆立貝・芝海老・ズワイ蟹とフルーツトマトのサラダ セルフィユの香り

DSCF5456.jpg
Potages-1
山菜入り コンソメスープ

DSCF5465.jpg
Poissons-1
鮃のロティ ゴマと塩漬けレモンの香りを纏ったホウレン草のジュを添えて

DSCF5475.jpg
Viandes-1
仔羊の網焼き シャンピニオン添え ベアルネーズソース

DSCF5486.jpg
Desserts-1
栗添え  アイスクリーム

DSCF5444.jpg
皇居の杜を望みながら

DSCF5453.jpg
Entrees-2
毛蟹とレタスのジュレ仕立て イタリアンパセリの香り シードルビネガー風味のズッキーニを合わせて

DSCF5457.jpg
Potages-2
コンソメ マドリッド風

DSCF5462.jpg
ブイヤベースを目の前で温めて、食べやすいように殻から身をとってくれます

DSCF5472.jpg
Poissons-2
ブイヤベース マルセーユ風

DSCF5480.jpg
Viandes-2
フランス地鶏のグリエ 三種の葱の煮込みを添えて

DSCF5489.jpg
Desserts-2
フレッシュチーズとヨーグルトのラ・ヴァリエール風 桜のソースを添えて

DSCF5490.jpg
ホールには満開の桜が!
[ 2008/03/17 09:51 ] | TB(0) | CM(16)
どのお料理も美味しそうで美しいです。
舌で味わっても目で見ても幸せになれるメニューですね~。
春を先取りの桜も素敵ですね♪

シャマルくん、やんちゃな顔を出してきましたか。
イタグレのジャンプ力、けっこう侮れませんよ~。
[ 2008/03/17 11:09 ] [ 編集 ]
こんにちは!
お越しいただき、ありがとうございます。
それにしてもお写真上手ですね。
私たちも日々広告を作成していて、お料理の写真には苦労しているんですよ。
こんなに美味しそうに撮っていただいてありがとうございます!

[ 2008/03/17 12:56 ] [ 編集 ]
芸術ですね~~!!お料理は目からですからね^^
昨日はスペイン料理頂きました。

ワイン2本コースで(笑)

二日酔いはありませんよーーーw
[ 2008/03/17 15:55 ] [ 編集 ]
行っていらしたのですね。
おいしそうですー。
ブイヤベースとデセール2にとても惹かれました。ほかのお料理ももちろん、とてもおいしそうなのですがw

もしかして、栗添えアイスクリームはArchitectさんのリクエストで実現したのですか?
[ 2008/03/17 16:01 ] [ 編集 ]
前回の食 和の和三盆

今回の食 洋の仏料理

すばらしい!!

私なんか、あっ料理が来た、早速いただきます。
だがArchitectさんはまず、料理を観察!?
写真に収める角度を決め、シャッターを、、、
どうしてもまねできまへんどぇー

質問:奥さんに叱られません!?
(そうですか、うちだけかな叱られるの)

3/22は、車と食ですね。
楽しみにしてます (羨)
[ 2008/03/17 20:32 ] [ 編集 ]
おおお!!美味しそうです!!
食い意地はった私の脳がもう止まらなくなっちゃいます!
週末は私も美食してきました♪
私は試食を兼ねたランチで偵察組(笑
食べ物への執着はとどまる事を知らない?!ですよね。
生きている限り追求しつづけたいものです。
思わず手が、呼吸が、停止してしまう美食 料理って本当に感動を与えてくれますよね。
[ 2008/03/17 20:45 ] [ 編集 ]
ほんとうにおいしそうですね~
華やかなお料理はもちろんのこと、
山菜のコンソメスープにもすごく惹かれました。
マドリッド風のスープもいいな、きっと
2つのスープ、味が違うんでしょうね、
家ではなかなか味わえない・・・

それときっと、その場でしか味わえない
東京會舘のホスピタリティも
堪能されたのでしょう、
お料理もそうだけどそれが東京會舘
なのだろうなあ。

それにしてもこんな素敵なお料理、
え~ともしかして結婚記念日?!
[ 2008/03/18 01:25 ] [ 編集 ]
こんにちは。
とにかく食べることのできる幸福感はとても素晴らしいことですね。毎日のことながら、食べる瞬間が幸せな時です、私は!。
たまに(ほんとに!)こういう本格的なお料理はいろんな刺激があって楽しいものです。まさに五感を研ぎすませてのぞんでしまいます。
シャマルも自我発育期(?)です。クルトくんも相当ジャンプしますか?。シャマルはまだそれほどでもないですが、そのうち頭まで届くかな?(笑)
[ 2008/03/18 09:53 ] [ 編集 ]
こんにちは。
お世話になりました。
毒舌姫さんを探してしまいましたが、といっても情報不足で無理でした!(笑)
ということで、素晴らしいお時間を東京會舘さんでいただきました。とにかくゆっくりしながらいただくプルニエのお料理は最高です。またその余韻も楽しませていただきました。
帰りには夕方からの打合せもあったので、春のケーキなどを5個買って帰りました。あの日はちょうど女子大の謝恩会で、ホールも活気ありましたね。(笑)
またよろしくお願いいたします!。ありがとうございました。
[ 2008/03/18 10:05 ] [ 編集 ]
以前、東京會舘クッキングスクールに1年通っていました。
毎回スクールの後は、1階のカフェでお茶。スイーツ全制覇しました~♪
で、無事修了した時に「プルニエ」で食事。ホント美味しいですよね!!!!
1年間で学んだことは、作るより食べるのが好きということでした…(笑)
[ 2008/03/18 14:55 ] [ 編集 ]
こんばんは。
そうなんですよ!。
まずヴィジュアルで魅惑されないと、次のステップにいけません。自分をとりまく環境がしっかりしていれば、次にお料理を堪能できますもんね!!
まさにマセラさんの処もその点、バッチリです!!。
しかもその上にマセラさんのトークが入れば、もう言う事なし!!(爆)
スペイン料理も大好きです。2本とは少なかったですね!。それじゃ、マセラさん、酔えないでしょ!!。
今度の日曜日は「Maserati Festival」 で富士スピードウェイでQPを走らせてきます。でも翌週はQP嬢は入院です(涙)。エアコン逝かれました!
[ 2008/03/18 20:24 ] [ 編集 ]
こんばんは。
11月の予定が体調不全のためにのびのびでした。
ようやくプルニエに辿り着くことができましたが、東京會舘も卒業謝恩会のオンパレード!!。とても贅沢なことに思え、うらやましい限りでしたね。しかもみんな袴姿で、中にはハイヒールのお嬢様も!!(笑)
さてブイヤベース。これはもう絶品中の絶品!!。濃厚な魚介類から滲み出たソース。新鮮な蟹、海老、魚、などなど、もう至福の瞬間でしたね。これだけを食べに来られるお客さまもいらっしゃるそうです。ボリュームも満点!。ちょっと食べ過ぎですかね?(笑)。
D2は春らしいデザートで甘酸っぱいバランスがとても良く、美味しゅうございました。アイスは私のためではなく、ちゃんとメニューにありますよ!(笑)。思ったよりボリュームもあり、大満足のデザートでした。
こんどは目白の方面にも出掛けてみたいと思ってますので、その時はよろしくね!。ぜひご一緒に!!
[ 2008/03/18 20:35 ] [ 編集 ]
こんばんは。
たしかにお料理の絶対条件は「美味しさ」です。
でもその「美味しさ」を引き立たせる環境がありますよね。
空間であったり、見た目の美しさであったり、ホスピタリティーであったり、総合的にバランスがよいのが、私の好みでもあります。
ヴィジュアルはかなり大切です。お料理もとくにアートだと思ってます。センスのない人のお料理はダメです。細かいところまで神経の行き届いたお皿の上のお料理こそが、食べる者を幸せにしてくれますよね。
本来はお料理に集中せねばなりませんが、どうしても観察をしてしまう性です。
土曜日はGhibliと一緒に行くこととなりました!
[ 2008/03/18 20:53 ] [ 編集 ]
こんばんは。
蒼の空さんも美食でしたか!!(笑)
いつも食べる時の幸福感は大切にしたいと思ってます。
お料理を作った人の心が伝わってくるお料理がイイですね!。
デコラティブでも、カタチはそのままで超新鮮でも、料理した人の意気込みが感じられるものほど、美味しくいただくことができますよね。
ですからホスピタリティーについても同じで、マニュアルとおりのお店はそれなりですか、いつもお客の食事に合わせて感じ動いてくれるのは嬉しいものです。
これからも機会は少ないでしょうが、感動できるお料理に出逢いたいものです。また蒼の空さんも巡り会えたら教えて下さいね!
[ 2008/03/18 21:23 ] [ 編集 ]
こんばんは。
美味しかったよぉ~!
山菜のコンソメも春らしくゼンマイが入ってましたが、ちょっと「和」の雰囲気を感じました。お味も品良くあっさりしていながらしっかりした味でしたね。
「マドリッド風」は私も不勉強で無知なのでわかりませんので、判る方がいらっしゃいましたら、教えてください!
とにかく皇居を前にして、目の前の外堀通りのクルマも音をたてずに走っているかのような錯覚に陥るプルニエです。なんか喧騒な世界から別世界にワープです!!
私には贅沢すぎて何回もいけませんが、今回も十分に堪能させていただきました!。
レイコさんもいかが?
[ 2008/03/18 21:34 ] [ 編集 ]
こんばんは。
カークさん、クッキングスクールの卒業生でいらっしゃいましたか!。
なかなかの講師陣で楽しそうな授業がいっぱいだったでしょ!。今もお料理にいろいろと活かされていらっしゃるんでしょうね。羨ましい~!!
「カフェテラス」のスイーツ全制覇ですか!!。畏れいりまするぅ~!!!。わたしもまだまだ未熟者ですね。(笑)
東京會舘は以前在籍してました芦原建築設計研究所がバンケット・ホールや東苑や八千代のインテリアを手掛けておりました。本体自体も谷口吉郎という著名な建築家の作品で、とても趣深い建築となってます。最近は東京會舘も内装を換えつつありますが、これからもまた楽しみなものです。
私もカークさんと同じく、「食べる派」です!(爆)。
今度また、お話を聞かせてくださいね、よろしくです。
[ 2008/03/18 21:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。