FC2ブログ
ホーム > 雑誌掲載・TV放映 > 自邸がスカパー&インターネット放送でオンエア中!

自邸がスカパー&インターネット放送でオンエア中!

11111.jpg


私の自邸「用賀の家」が

   ■ スカイパーフェクトTV・280ch
    「家を建てるぞっ!Vol.2 ~空に向って開く家」

で現在放映されています。
プログラムは「Act on TVのHP」にありますのでご覧下さい。
ほとんど毎日放映(~2月末)されています.

http://www.actontv.com/tv/house/0601house/index.html

http://www.actonbb.com/contents/house/0601house_house/

また同時にスカパーでご覧いただけない方(私もそのひとり)は、この上記のHPより

   ■ インターネット放送(Act On BB)

でパソコンからもご覧いただけます。こちらの方が手ごろかも知れません。
また追ってW0W0Wでも放映予定です。

みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしてます。
暑そう!寒そう!響きそう!顔がヘン!?喋りがヘタ!?‥‥などなど。


※上記の撮影風景は下記ブログにあります。
http://architect3002.blog25.fc2.com/blog-entry-21.html
[ 2006/01/26 21:03 ] 雑誌掲載・TV放映 | TB(0) | CM(10)
凄い!Architectさん、生見できた。画面の中だけれども、普段、活字でしか会話をしてないので、しゃべってたり動いてたりするのを見ると、ドキドキしちゃいます。
一つ気づいた事があります。ArchitectさんのHP、あれはちょっと若い頃の写真ですね。写真、変えましょう!だって、今の方がずっとステキだもの。ウフッ。
男の人は歳をとっていくとどんな生き方をしてきたかが顔に出ると聞きますが、一生懸命きちんと生きて来られた事がよおくお顔に現れていました。10年後はもっと格好良くなってるんだろうなあ。(褒め過ぎ?照れます?でも、本当!)
一緒に会社をされてる方が奥様だったのですね。綺麗で頭もきれそうでお話もお上手で、素晴らしい奥様ですね。
お家の方は本当に素晴らしいです。18坪なんて信じられない。一階が寝室っていうのもドギモを抜かれました。螺旋階段もステキ、夜のリビングルームもステキだし、話されてるように光の動きが自然なアートを生み出していますね。
私がそこに住めたら、絵を描くのに良い壁だなあと、描きかけの絵だらけになってしまうだろうけど、光のアートがあるので、こんなふうに何も無い方がいいんでしょうね、上の窓も、そのまま空の絵ですものね。本当にステキなお家拝見させて頂きました。
ひとつ、やっぱりちょっと寒そう。日が陰ったら寒くないですか?
[ 2006/01/27 08:17 ] [ 編集 ]
いよいよ正体がバレてしまいましたね。
なんてとにかく自分の顔が自分でないような、自分の声が自分でないような感じでとても不思議な感じでした。どちらかと言えば、やっぱり人が出演しているのを見ていた方が気が楽です。
ホームページは更新しないままなので、準備中です。あのままでは詐欺になりますね!老眼鏡もいかががでしょう?といってもいつも掛けっぱなしですが。
井上春生さんという映画監督が映像を撮ったのですが、なかなか綺麗にとれているでしょう!この自邸は別のテレビにも出たことあるんですが、断然井上監督が上手かったです!外国の映画祭なんかにも出展しているらしいです。あんまり映画詳しくないものだから。
空間は実体験してみるのが一番だけど、かなり忠実に撮れていますのであんな感じです。
光は生活の原点です!
寒さは寒いですが、厚着(ウぉームビズ/和製英語?)すれば大丈夫です。むしろ夏がどうにもなりません。脱いでも、冷房かけてもコンクリートの壁は無情にも熱を私に放出し続けますから。過ごしやすいのは春と秋の一瞬です。とても季節感いっぱいの住宅ですよ!

[ 2006/01/27 10:03 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/01/27 16:31 ] [ 編集 ]
知的な奥様が、「ここで、お酒を…」って、お洒落でした。 空につながっているおウチなんですね☆
ところで、どこかに大きな収納があるんですか? すごくキレイに片付いていて、3年間暮らしてらっしゃるとはビックリでした。

おふたりで、建築や設計をされて「住」にかかわってらっしゃるなんて、素晴しいです。
雰囲気があって、個性的で、本当に素敵なご夫婦っ、実際の年齢より絶対若いですよぉ!!

[ 2006/01/29 21:52 ] [ 編集 ]
間違えて2回投稿してしまいました。
最初のを、できましたら削除してください。
不慣れなもので、失礼しました…
[ 2006/01/29 21:57 ] [ 編集 ]
あんな高いところでお酒飲んでいたら、いつかきっと落ちることでしょう。見張ってなくてはいけません。
屋上庭園は外に出なくとも、そこに「ある」のが見えるだけでも気分的開放感があり気持ちいいものです。自分だけが独占できる大空って、この都会で贅沢だと思いません?
収納は1階に壁一面(白い扉)に確保してます。もともとモノ持ちでないので、十分なのです。子供などいたら話は別でしょうが‥‥。
自分では若いと思い込んでも、体力低下・シワには叶いません。まあそれも歳を重ね、生きている証しと思うしかないですよね!
[ 2006/01/30 11:18 ] [ 編集 ]
ほんとにステキなおうちですね~1
私は、家の間取り図とか見るのが昔から好きだし、渡辺篤史さんの“建もの探訪”とか、大好きなのでこんなおうちに住めるなんて、ほんとにうらやましいです!
しかも、奥様もキレイ!!
[ 2006/02/02 20:34 ] [ 編集 ]
観ていただき光栄です。ありがとうございます。
そうでしたか!間取り図見ていていろいろと想像を膨らしていることでしょうね。不思議なことに私たちが平面図を見ても、予想できない空間だったりすること良くあります。やっぱり建築は3次元の世界で考えられているわけですから‥‥。

「建もの探訪」も昨年はたいへんでした。ロケに立会ったのですが、まさに朝の9:00から夜の9:00まででバテバテでした。当然オーナーであるご家族一同も。でも放映されたら友達から電話はかかってくるは、会社では話題になるわで結構喜んでいただき、とても想い出になり良かったとハッピーエンドで終えることができました。
事務所作品の出演は2回目だったのですが、渡辺篤史さんとも前半ロケ終るといつもお話させていただきました。さすが住宅建築はお詳しい!。当然私たちより数多くのお宅を見ているわけですから。
あの番組では、渡辺さんは事前には住宅を意図的に見ません。いきなり訪問するのです。ですから最初に部屋に入ると「わっ~」って言うでしょ!。あれは本当にファーストインプレッションを大切にされているお言葉だったのですね!
最後にカミさん誉めていただきありがとうございます。
また宜しければ覗いてみてくださいね!
[ 2006/02/02 20:54 ] [ 編集 ]
ストリーミング拝見しました。都会で暮らすための理想を、追求されてますね。はじめから「こう住む」という括弧たる信念やライフスタイル(来客や間仕切りの部屋を想定しない)があれば、無駄な部分をそぎ落として、よりカスタムで個性ある住宅になるのですね。私が設計事務所に居たのは15年くらい前なので、久しぶりに勉強させて頂きました。
[ 2006/04/09 23:36 ] [ 編集 ]
どうしても東京で設計活動していると、小さな土地に建てる機会がおおくなります。まわりが家に囲まれて上の方にしか自由になる空間がなかったりします。
クライアントの生活は様々で、その多様性を楽しみながら設計させていただいております。
[ 2006/04/10 12:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する