FC2ブログ
ホーム > 音楽・映画 > 映画2題:マイ・アーキテクト/バベットの晩餐会

映画2題:マイ・アーキテクト/バベットの晩餐会

1000784_03.jpg
ルイス・カーン

建国記念の日、久しぶりに渋谷に映画を観に出かける。
映画館は建築家・北山恒氏設計の出来たて渋谷シネマコンプレックスQ-AX。
(円山町なので東急本店通りからのアプローチをお薦めする。)

 ■「マイ・アーキテクト - ルイス・カーンを探して」    
    第76回アカデミー賞ノミネート作品

1000784_01.jpg
バングラディシュ国会議事堂

建築に携わる者であれば誰もが知っている建築の巨匠「ルイス・カーン」。
その愛人との間にできた息子ナサニエル・カーンが、11歳の時死別した父の生き方を追うドキュメンタリー・ヒューマン映画である。

1974年3月、ペンシルヴェニア駅で一人の男性の死体が発見される。パスポートの住所などが消されており安置所に3日間も放置される。世間は後になって新聞でそれがルイス・カーンであることを知る。
カーンの死、カーンの生き方、カーンの建築、カーンの人間関係を、この映画監督でもある息子が記憶と取材を続けながら明らかにしていく。
正妻の他に2人の愛人を有しそれぞれに子供を設けた。カーンの事務所スタッフの家庭はみな多くが、その純粋な建築追求の犠牲となっていく。ユダヤ人としてのプライド、建築家としてのプライドを最後まで全うする人生を送る。建築作品の単なる紹介作品ではなく、カーンを中心とした人間模様から写し出された建築が非常に興味深いものになっている。
その建築家の残した建築にその魂を見出せないわけがない。光・建築・精神の絡み合った見事な結晶はこれからも多くの建築家や人々の心に残っていくことだろう。
建築への希望を与えてくれる貴重な作品のひとつになることだろう。

ルイス・カーンの素材への敬意と賛美(ペンシルバニア大学での講評会にて)をひとつ紹介しておこう。カーンが煉瓦に問いかける。
「君は何になりたい?」
すると煉瓦は、
「アーチになりたい!」 
カーンは、
「アーチは金がかかるから、コンクリートのまぐさでやるけどいいか?」
煉瓦は、
「アーチがいい」
という。

http://www.myarchitect.jp/



日曜日はこれまた久しぶりにレンタルDVDを借りて自宅鑑賞。
先週、建築家の椎名英三さんがポルシェに乗って、わが事務所に遊びに来られた。その楽しい会話の中で「芸術家たるもの、観ておかなくてはならない作品」とお薦めだったのがこの映画。

 ■「バベットの晩餐会」
    1987年のデンマーク映画作品
    1987年アカデミー賞優秀外国映画賞。

D110494067.jpg


小ささな漁村で11人の静寂な時間が流れていく。
2人の姉妹、そして訳あってメイドとなったバベット。
数少ない村への訪問者とその姉妹、村の住人、そしてバベットたちが、時間軸と空間軸の中で交錯していく。
「貧しい芸術家はいません」
というバベットの言葉。(このあといろいろと重要な言葉が続くがあえて割愛。映画でご堪能あれ!)
人生を豊かにする術(すべ)、自分自身が生きていく上での身のおき方、演出する術、また前述がまわりの人たちを幸せにしていく有り様が、最後のシーンで凝縮され映し出される。
音楽家パパン、将軍ローレンスの言葉も聞き逃してはならない。
晩餐会シーンも素晴らしいが、その表現されているものに感動するだけでなく、奥に秘められたメッセージの重さを噛み締めて味わいたい作品である。
[ 2006/02/13 14:48 ] 音楽・映画 | TB(0) | CM(10)
トレーラー見ました。色の使い方もきれいで、是非見てみたいです。
バベットの晩餐会は気になり乍らもいつものがしている映画のひとつですね。機会があれば見てみたいと思いますが、
『貧しい芸術家はいません』 って、ここにひもじいのが一人いるよ~!:)
[ 2006/02/13 15:56 ] [ 編集 ]
「マイ・アーキテクト」はアメリカでも見られるのかしら?。っていってももともとそちらの映画なんだから大丈夫なはず。とにかくかなりダイレクトな人間模様なので、それぞれの子供3人がカーンの設計した住宅で討論する場面も見もの!。キンベル美術館の設計者ですがMIHOさんは行かれましたか?
「貧しい芸術家はいません」っていうのも、まさに今のMIHO さんそのものですよ!。物理的なお話でなく精神的なお話ですからぜひご覧ください。納得できると思います。映画の感想メールを見ても、多くの人が晩餐会・フランス料理のことに集中して書かれてますが、本質は違うところです。その後半は私なんぞは励まされてしまうものでした。全てを見終り回想してみてみると、出演者の心憎いほどまでの演出に心打たれます。

[ 2006/02/13 16:17 ] [ 編集 ]
キンベル美術館って、テキサスににある美術館ですよね?
残念乍らテキサスはエルパソにちらっとしか行った事がないので(それも15年前)ないですね。自然光を使った美術館とかだそうですが、テキサスっていくつか有名な美術館があるので、いつか行ってみたいです。
うふ、せめて精神的には豊かでいたいですね。この間、久しぶりにMOCAにエクスタシー展を見に行きました。いいなあと思ったのはいっぱいある中のほんの3人のアーティストでしたが、それでも、やっぱりたまには行かなきゃな、と改めて思いました。
作品作りが一段落したら、映画見てみよ!
[ 2006/02/13 17:24 ] [ 編集 ]
そうです!そのキンベルです。
間接光を見事に取り込んだ世界的名建築です。
kimpaさんはMOMAに近いけど、MIHOさんはMOCAに近いんですね!磯崎新設計の美術館。うらやましいこと。
美術館に行って全ての作品に感動することはないけど、ひとつでも感動する作品に出会えると嬉しいものです。また行った甲斐があったというものです。
とにかく展覧会に向け、作品作り頑張って下さいね!
from Tokyo.
[ 2006/02/13 18:03 ] [ 編集 ]
バベットは、気になっていながら、見るチャンスを逃してしまっております。今度DVDを探してみようと思います。
[ 2006/02/13 18:32 ] [ 編集 ]
はずかしながら私はこの「バベットの晩餐会」を知りませんでした。なんせ映画あんまり見ない方のなので。それが2本も続けて観たこと自体が私にとってすごいことです。
でもその2本とも、凄く集中してその世界に入り込んでしまったのです。用賀のTSUTAYAにはなんとか1本だけDVDがありましたのでラッキーでした。しかも175円。
ぜひ観たらこのブログにでも、映画通のもちさんのご感想をお聞かせ下さいませ。楽しみにしてま~す!
[ 2006/02/13 19:58 ] [ 編集 ]
2本とも、とても味がありそうで面白そうです!

煉瓦に問いかけて、「アーチになりたい」って答えを聞き出しただなんて、こうゆう精神からは、建売り住宅に見られるような、一枚パネルの煉瓦柄の外壁やプリント木目の壁紙なんて生まれないですよね。

発想や感受性が貧しいと、芸術家にはなりえないってすごく納得してしまいました。
逆に粗悪なモノを世に出し、ただ、その利便性や安価、表面の華美さ、宣伝効果などで、大衆受けしていて、富豪になった人間がいたとしても、決して『豊かな芸術家』にはなりえないのでは、って思いをめぐらせてみました。

デンマーク映画って結構面白いようですね。
久し振りに映画が観たくなってしまいました。
[ 2006/02/15 00:29 ] [ 編集 ]
「マイ・アーキテクト」はインタビュー形式で建築・エピソード交えて展開していきますから、テンポがとても早いです。ルイス・カーンをはじめ世界的な巨匠建築家がカーンについて答えるところなど私は興奮して見入ってました。あの有名な「アーチ」のお話も実際の映像で見ることができたなんて!
giorniさんのおっしゃるとおりで、建築も本物を大事に扱っていきたいものです。

対照的に「バベット」の方はもの静かにゆっくりとした流れです。バベットの正体や、窮地に立たされたバベットを2人姉妹のもとに紹介した音楽家パパンの意図を書きたいところですが、やめておきますのでぜひご覧ください。
芸術家といかないまでも、もの創りしている人の心を揺り動かす崇高な映画です。
デンマーク語も全然わかりません。字幕スーパー参照!
[ 2006/02/15 11:09 ] [ 編集 ]
良質な映画です。
 残念ながらDVDは現在廃盤です。
 地味な映画なので、あまり売れなかったのかもしれません。
[ 2006/02/18 02:06 ] [ 編集 ]
確かに地味で静かで内容の奥深い作品でした。
見る人が見ると感動する映画ですが、私は久しぶりに楽しめました。DVDは廃盤ですか。TSUTAYAで見つけたものですから、メジャーなのかなと思ってました。
もう一度見ておきたい作品です。
[ 2006/02/18 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する