FC2ブログ
ホーム > カメラ・小物 > 洗濯機/今昔物語

洗濯機/今昔物語

今は昔、私の生まれた1959年にはもう電気洗濯機が出現していた。
電化時代と呼ばれるのは1950年からで、それまではいわゆる「洗濯板」を使用して作業をしていたのである。主婦の家事は過酷であり電気洗濯機の出現が「家事革命」を引き起こすこととなる。「三種の神器」と呼ばれるテレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫は、家庭に入り込み生活をより一層便利なものに変えていくことになる。1960年は電化製品は「白モノ」と欧米文化に影響され、やがて日本の家電もカラー化の方向に進んでいく。

s30tosyibasentak2.jpg
初期(昭和30年頃)の洗濯機
大きなバケツのイメージ
ハンドル付ローラーで脱水

さて私が小学生のころは母によく洗濯絞りを手伝わされていた。もちろん全自動でなく自動脱水機でもない。2本のロ-ラーの間に衣類を挟み、ハンドルをまわしながら水を絞り切るタイプのローテクなものだ。ローラーを通り抜けた衣類はスルメのようになって奇妙な形で出てきた。たまにはボタンも割れた。若い人にわかるかな~?。でもそれは子供心に面白く、喜んで私はやっていた記憶がある。弟と手をローラーに入れては挟んで、ケンカしながら脱水をやっていたのだ。母には怒られながら、弟とは喧嘩しながらのコミュニケーション洗濯作業だったわけだ。

1958pop_img01.jpg
私の記憶ある洗濯機(1958年モデル)
白が主流

今は違う。全部機械が最初から最後までやってくれる。機械だけが黙々と作業を進める。
最近「空気(オゾン)で洗うエアウォッシュ全自動洗濯乾燥機」なる新商品が発売された。空気で洗うとは?一体どうなってるの?と探究心が芽生え調べてみる。
オゾン自体には殺菌作用・脱臭作用・脱色作用があることは良く知られている。水槽の金魚をそんなオゾン発生装置(水槽のプクプク)の中で育てると鯉のように大きくなるのをご存じだろうか?巨大金魚にはビックリ!

060202-02.jpg
エアウォッシュ全自動洗濯乾燥機
高さが1m20cmある。

このエアウォッシュ全自動洗濯乾燥機には、(1)簡単に除菌・消臭 (2)オゾンで水を浄化 (3)水を捨てず節水、という3つの特徴が伴っているそうだ。今時の地球環境に優しい電化製品となっている。デザインは好きではないが、注目するには値する洗濯乾燥機の出現である。

ちなみにわが家のAEG全自動洗濯乾燥機(ドイツ)は、時間かかるがなかなか性能よく、デザインもとても端正で美しい。家事も美しい環境の中であればより一層楽しくなるんじゃないのかな!

20060221143232.jpg
AEG全自動洗濯乾燥機

便利な世の中は誰もが実感していると思うが、この便利さだけに慣れてしまうのはいかがなものか?。汚れたものを手でゴシゴシ洗う、汚れがひどい時は洗剤を付けて洗う。冷たい水でも暖かいお湯でも手を使ってモノを洗うという基本行為を忘れずに「便利さ」のお世話になりたいものである。洗濯機がないからといって、自分の着ている服を洗えない子供達が出現するのも困りものですから。人間の知恵を退化させないためにも。
[ 2006/02/21 14:35 ] カメラ・小物 | TB(0) | CM(17)
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。
[ 2006/02/21 14:41 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。ところでなんのランキングサイトでしょうね?
[ 2006/02/21 15:16 ] [ 編集 ]
あの、ローラーなつかしいなぁ。
大阪に住んでいたころ、よく母が洗濯している傍らでくるくるってぺっちゃんこになった洗濯物が出てくるのを眺めたり、ローラーを回させてもらったりした記憶があります。

アメリカにいたころは、当時日本ではまだ出回っていいなかったドラム式洗濯機でした。洗濯物を干すという習慣がないため(LosAngelesの日光がもったいなかった)、暗いガレージの片隅で、1日1回ウィーンウィーンと音を立ててうなり、気がつくとふわふわに乾いた洗濯物ができあがっておりましたな

我家の洗濯機は、結婚してからはや3代目です。普通の全自動だけど。三人息子のおむつを洗い、今は部活で汚れたジャージを毎日文句も言わずに洗ってくれています。

っていうか、ちゃんと洗濯もの、出せよ、息子たちっ
[ 2006/02/21 18:47 ] [ 編集 ]
今から思うとこのローラー、笑えちゃえますよね。あんまり厚い衣服は通らないし、完全に水が切れるわけでもないけどあの時代にしては重宝なものでした。僕はとにかくあの中に指を入れるのが好きでした。
確かにロスの太陽を利用しない手はないって感じですね!なんかガレージの片隅当たりがアメリカらしい光景で、目に浮かびます。洗濯機も消耗品とはいえ、家族がいるとたいへんですね。私の祖母からも、7人の子供の手洗い洗濯で1日が終ってしまう話を何度も聞かされました。さすがに我が家2人だと量がないので楽ちんです。といっても僕が洗濯するわけではないのですが‥‥。

PS.もちさんの前にレイコさんからコメントいただいたのですが、過って消してしまいました。レイコさんにお詫びメール出しましたが。
[ 2006/02/21 20:03 ] [ 編集 ]
ローラーの間から出てくるぺちゃんこのタオル、強烈に覚えてますよ。1回ではしぼりきれないので、何度もローラーに通してしぼったりして・・。

「おはなはん」のテーマソングが白黒TVから流れていて、ベランダの金だらいの水面に反射して白い天井にゆらゆらと朝の日光が揺れていました。
シャボンの香りとやさしい母の気配がして、私は洗濯機からあふれ出てくる泡をいつまでも見ていました。
4階建てのアパートに住んでいたのですが、そこでの生活とても気にいっていました。(だから今もコンクリート好き)

ところで、私の使っている全自動洗濯機は1990年頃のNEC製です。(たしかNECホームプロダクツ製。もう、この会社はありません)。機械部分は好調に動いているのですが、最近蛇口の金具がこわれてピューと水が吹き出るようになってしまいました。通信販売で部品を買ったのですが規格が合わなくて困っています。ちょっとユーツです。
[ 2006/02/21 20:33 ] [ 編集 ]
先程はスミマセンでした!再コメントありがとうね!
今は溢れんばかりの電化製品の中での生活となってますから、私たちの時代と洗濯機ひとつとっても思い入れが違うのかも知れません。なんかテレビでもチャンネルを取合うことで家族の接触があったりしましたもんね!
「おはなはん」なんて懐かしい!。メロディーまでしっかりきおくしてますよ。確かに泡が円筒状になって洗濯機から溢れてきたことも覚えています。
レイコさんの洗濯機も15年ものですか!パーツの供給体制は最近の使い捨て傾向からすると、あんまりしかっりしてないかも。実物をはずして東急ハンズで探した方が間違いないかもしれません。
[ 2006/02/21 21:12 ] [ 編集 ]
私も子供の頃、ローラーに洗濯物つっこんで水切りしてました。母が仕事でほとんどお家にいなかったので、千卓は再位から私の仕事でもあった。水に浸ったバスタオルとかをローラーに入れるのは子供にはとても重くて大変だったけど、干すのよりは好きだったなあ。
今は洗濯機が全部やってくれるけど、どうせなら、たたんでクローゼット収納もお願いしたいわ。:)
それにしてもオゾンで巨大金魚できちゃうなんて凄い。想像すると、ちょっとホラーです。
[ 2006/02/22 05:19 ] [ 編集 ]
ローラーの絞り機は、私はしりません(笑)
なんか、コイン洗車場にある、マットとかを洗うやつみたいですね!

じつは、うちの洗濯機もう10年以上使っているのでそろそろ買い換えようと思っています。
エアウォッシュの洗濯機はすごそうですね!
でも、AEG全自動洗濯乾燥機のほうが、やっぱり見た目はカッコイイ!
映画に出てくる洗濯機って感じです。
おしゃれなArchitect さんのおうちにはピッタリ♪
[ 2006/02/22 06:21 ] [ 編集 ]
ローラーは画期的なロ-テク発明だったのでしょうが、今考えると「遊び心」もいっぱいのように感じますね!この洗濯機時代は子供が必ず関わっていたように思えます。おもちゃみたいなところがあるから‥‥。
オゾンを利用して洗濯なんて、自分の理解力を超えたところのテクノロジーななので今いち把握できてません。でも私たちの知らないところで一生懸命研究している人たちがいっぱいいるんだなということは理解できました。
オゾン水槽で金魚が巨大化するのだったら、人間が入ったらどうなるんでしょう?という疑問。MIHO さん、ちょっと大きくなってみます?!
[ 2006/02/22 10:23 ] [ 編集 ]
そうそう、コイン洗車場の小型版のようなものです。こんなので脱水していたんです。私の子供時代はテレビが白黒からカラーに変わったり、電話も黒電話でみんなの家にあったわけでもなかった時代です。まあいつの時代も革新がおこってますから。ちょっと時代を感じさせるブログでしたね、今回は。
エアウォッシュ洗濯機は実物が大きいようです。特に出し入れ作業に負担ないようにドアが高い位置にあり、AEGより40cm高いのです。AEGはカウンターの下にピシッと納まるので、それはそれで有効にスペースを確保/利用できます。どちらを選ばれるかはやっぱりいろいろなファクターに因りそうです。私のところは狭いので、即、AEGでした!
[ 2006/02/22 10:33 ] [ 編集 ]
本題ではない変なトコに反応しちゃいました。私はArchitectさんと全く同世代なんですが、家庭の事情って違いますね!(単にウチが貧しかっただけか!?)小さい頃の強烈な記憶は業務用の手ぬぐい(ウチは床屋でした)などの大量の洗濯物を母と祖母が洗濯板で必死に洗っていた姿です。
その後「スルメ製造機」が我が家にもやってきたわけですが。
[ 2006/03/15 17:00 ] [ 編集 ]
僕達の世代は微妙なのかも知れないね!
特に床屋さんだと洗う量も多いし、手間を考えると洗濯板の方が効率的だったのかも。ついでに一緒に家族の洗濯物もという感じでしょうか?
でもさぞかし大変だったことが想像できます。ご苦労様!
僕も親戚に床屋さんがいるんですが、きっと同じだったと思いますよ!あの暖かい手ぬぐいを顔に当てられるのは好きでした。
[ 2006/03/15 17:19 ] [ 編集 ]
これをレポートに出すのですがいいですか。
[ 2011/06/11 12:30 ] [ 編集 ]
こんなのでよろしければ、どうぞご自由に!

でもなんのレポートかしら?
[ 2011/06/11 13:09 ] [ 編集 ]
レポートにのせるので!!

中学校の宿題です!!
[ 2011/06/11 13:11 ] [ 編集 ]
了解です。

頑張って勉強して下さいね♪
[ 2011/06/11 13:13 ] [ 編集 ]
ありがとうございますv-238

なんか、今と昔でのべんりになったもの。
みたいなかんじのしゅくだいなんですが・・・。
[ 2011/06/11 13:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する