ホーム > > 『聖徳太子の密使』

『聖徳太子の密使』


平岩弓枝さんの本は読んだことがなかった。
70年代の「肝っ玉かあさん」そして水前寺清子主演の「ありがとう」などは、テレビで楽しませてもらった記憶がある。
そんな平岩さんが聖徳太子の時代を舞台に書かれた本に興味を持ち、さっそく読み始めた。といっても歴史小説ではなく、聖徳太子の娘と猫3匹の冒険譚、もっと言えば西遊記みたいな寓話である。

P1140034.jpg

聖徳太子の命により、これからの倭の国(日本)を良くするために、太子の娘・珠光王女を説き旅に出させる。多くの国々に出向き、見聞を広め、そこで多くの知識を学び、いかなる文明が存在しているのかを知ることがいかに大切なことかを、身を以て教えるのである。
お伴に3匹の猫がいるのだが、それぞれ知恵者(笑)。人間の様相に呈し行動するが、ある国では動物同士の会話も可能で一役買うことに、、、
日本の将来の姿を見据え、南の島々から西へ西へと船の旅を続ける。そこに様々なドラマが生まれ、無理難題と出逢うのだが、話し合いとお互いを認め合うことから問題の解決へと向かわせるのであるが、その対処は小娘ながらアッパレであるのだ♪(笑)。

この本は寓話として読んでしまえばそれまでだが、もう少し深く奥まで探ってみるのも興味深い。
土地にはその土地の文化や文明が存在する。それは外からの強引な力で犯されるべきではない。常に尊重されるべきであり、お互いの共存を認め合わなくはならない。その有効な手段は、人間と人間の顔を向き合わせての会話であったり、話し合いであったりする。どんなかたちであろうと、相手を思いやって尊敬の念を持ちながら接するその姿勢が必要であることを、この王女は教えてくれたような気がする。

平岩さんが書いた小説を初めて読んだが、テレビのドラマでも同じことをメッセージとして残しているのではないかと感じた。これからの日本の未来、、、子供たちが担って、夢ある日本づくりのできる環境にしてあげる責任は、私たち今の大人の重大な課題であることも痛感した次第である。

[ 2010/01/14 22:34 ] | TB(0) | CM(4)
聖徳太子の時代が舞台の物語、しかも、船の旅ですか~ すごく読みたいです。古代の日本、それをとりまく国々ってどんな感じだったんでしょうね~。物語と同じように、船に乗って未知の世界に旅した人ってきっといたよね! 今はいろいろ情報があってから出かけるけど、当時、海の外といったら未知の世界だものね、どんなにワクワクしただろう。
おもしろい本紹介してくれてありがとう。アマゾンコムのほしいものリストに加えました♪

[ 2010/01/14 23:33 ] [ 編集 ]
図書館リクエスト、26人待ちでした。(汗)

つぎにお会いするときまでには読破できているかと思います。(笑)

面白そうな本を見つけるのがうまいなぁといつもながら感心しております。
書店の店頭?新聞広告?ネット情報?

聖徳太子の”愛娘”というところが期待しちゃいます。変化の時代、活躍するのはやっぱり女性なのかも??
[ 2010/01/15 12:28 ] [ 編集 ]
こんばんは。
聖徳太子の時代はほんとに興味深いものです。
哲学者・梅原猛さんの『隠された十字架 法隆寺論』で理論展開されている聖徳太子像はかなり面白いので、ぜひ一度読んでみてください♪。かなりこのあたりから僕の梅原ワールドは広がりましたから、、、

さてこの物語、歴史的背景は細かく描写はされていません。船の旅で辿り着いた国々の時代は合致してるようですが、やはり寓話的な展開が主になります。実際の航行の様子も、潮の流れに任せて移動しますが、科学的ではなくやはり寓話的です(笑)。
でもそこの国での展開はなかなか楽しいもので、まるで人形劇をみているかのようです♪。そうそう「ひょっこりひょうたん島」みたいな光景をイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。
本も読み手がどう受け取るか、、、、、また感想を聞かせてね!(笑)。想像逞しくして読むと、より一層面白いですから!
[ 2010/01/15 20:29 ] [ 編集 ]
こんばんは。
今回もそんなに待ち人数があるんですね!?。
人気なんでしょうか?
この本、お子さんでも楽しく読めると思いますので、待ちがあるのかな?。
ぼちぼちさんやレイコさんの方が、う~んと深い「読み」をされるので、毎回僕もドキドキですが、しっかり最後はご自分の判断で読み始めてネ!(笑)。

僕は用もないのに本屋さんに立ち寄るのが大好きです。ですからいつも新刊や人気作家の辺りはチェックはしてます。その中で自分の興味ありそうな本を嗅ぎ分け、読み始めてみるって感じでしょうか。そんなに特別なことはしておりません。
日曜日の朝日新聞でも新刊の紹介みたいなのが掲載されていますが、案外アレは情報が遅い!(笑)。それより新刊広告の方がタイムリーで、数行の文言に吸い込まれ、買いに出掛けることもしばしば、、、
な~んて、案外適当ですから、ぼちぼちさんに感心される程のことをしておりませんので誤解のないように、、、(笑)。

いつの時代も「女性強し」ですぅ~、、、♪(汗)
[ 2010/01/15 20:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する