FC2ブログ
ホーム > > 待ってました!伊良部先生!

待ってました!伊良部先生!

待ってました!奥田英朗の精神科医・伊良部先生シリーズ第3弾「町長選挙」。
「イン・ザ・プール」「空中ブランコ(直木賞受賞)」の続編である。

IMGP8358.jpg

なんで今回もこんなに痛快なんだろう!
いつもながら主人公の伊良部先生の素頓狂な治療?には思わず拍手を送らざるを得ない。
今回前半は、最近世の中を騒がせた実在人物を登場させ、より一層具体的なイメージできるところが特に面白い。
ライブファストのアンポンマンっていったら誰だかすぐ分かっちゃうよね!

時の権力者がいつものようにズルズルと伊良部ワールドに引きずり込まれ、本来の自分からかけ離れた姿で演ずるはめになって、精神の悩みを自然解決させていくのである。
僕はいつも奥田作品を単なる娯楽小説とは受けとめておらず、現代の歪みを問題提起してその解決方法を指南してくれている小説だと感じている。つまり人間がちょっと悩んだ時の気持ちのもっていき方のような‥‥‥。
この今の社会、仕事をしていても、遊んでいても、なんかストレスが溜まりやすくなっていると思いませんか?
「病は気から」と言いますが「気は病から」とも言えます。からだの調子がすぐれなければ、悪い方悪い方に考えて、結局アリ地獄のような極地まで追い込まれて、気が滅入ってしまうってことないですか?
パソコンだって、メールだって、ブログだって、楽しいのが大半でしょうが、ときたま嫌になることもないですか?。人間関係も目に見えないところで意外とストレスとなっているかも。
奥田のこのシリ-ズ本は、弱りかけた現代人の活力源、エネルギ-源みたいなところがあって、とてもお気に入りなのです。
もちろん元気な人はもっと元気になれます!

ひとりで静かにほくそ笑みながら読んでみてください。
電車に乗りながらだと吹出してしまうシーンがありますのでご注意!


IMGP8356.jpg

アンポンマンのモラルと品格が上記の本でちょっと話題になったところで、もうひとつ今ベストセラーになっている話題作「国家の品格」について一言。
作者はお茶の水女子大学教授で数学者、作家・新田次郎の息子でもある藤原正彦。
日本が世界で唯一の「情緒と形の文明」であると言い切る作者。

「論理より情緒」「英語より国語」「民主主義より武士道精神」などいろいろな提言をこの本の中でしている。歯切れのよい文章とちょっと右翼的な思想が見隠れするが、良く読んでみると自分もこのくらいのことは感じていたよ!という内容でもあるのだ。この本を読み終えた時に、新たな発見があったかな?とちょっと首をかしげたくなったのだ。
「国家の品格」というほどでなく、「日本人としてのプライドと道徳について」くらいのタイトルの方が良かったのかもしれない。画期的日本論?‥‥ではない!
人間そして社会においてはバランスが大切だといつも僕は意識して生活している。よって前述の「論理より情緒」など極化してしまうと、地球人としてのバランスが崩れ、文明が逆に衰退していきそうな気持ちにさえなってしまった。
「情緒より論理」「国語より英語」「武士道精神より民主主義」となってもなんの不思議も違和感も感じないと思いません?


0212_9.jpg

そこで狭いヴィジョンの「国家の品格」を読むんなら、もっとヴィジョンが広がる私の「座右の書」である1冊をご紹介。
オーストリアのノーベル賞受賞の動物学者コーランツ・Z・ローレンツが著わした、
「文明化した人間の八つの大罪」。

第1章 生きているシステムの構造の特徴と機能の狂い
第2章 人口過剰
第3章 生活空間の荒廃
第4章 人間どうしの競争
第5章 感性の衰滅
第6章 遺伝的な頽廃
第7章 伝統の破壊
第8章 教化されやすさ
第9章 核兵器
第10章 まとめ

上記のコンテンツで人間の危機と崩壊のシステムを明示しながら、人類回復への普遍的な道を示してくれる。
現在では古典的になりつつあるが、その内容には今読み直しても感銘するものがある。

ということで関係のなさそうな本が3冊。
でもどこかで繋がっている接点を感じ、ダラダラとしたためてみた次第です。
「町長選挙」と「文明化した人間の八つの大罪」はお薦めの2冊です!


[ 2006/04/17 16:45 ] | TB(0) | CM(8)
「この世に、パーフェクトワールドは無い」って判っていながらも、いろいろ拘りや理想をいだいてしまう私としては、かなり興味深い作品なのですが、特に「伊良部先生シリーズ」が気になりますー☆
書店でチェックしてみま~す!

「国家の品格」の、「論理より情緒」「英語より国語」 って云うのは、その言葉の羅列だけで「あ~ぁ」って思い当たる節があります。 私は無意識に双方に矛盾を抱きつつも、アメリカ社会にいる時は、「論理&民主主義」で、日本人には「情緒&作法(ってかなりナッテナイ・・・)」って振舞っているのでは?って思わず自答してしまいました。 地球人としてのバランス模索中です・・・


[ 2006/04/17 23:07 ] [ 編集 ]
いつも興味深い本を紹介してくれるので、読みたい、と思い乍ら、人に借りている本がまだ10冊以上たまりながら、なかなか手を出せません。
私は文明化した人間八つの大罪がかなり気になります。
[ 2006/04/18 02:47 ] [ 編集 ]
奥田英朗ワールドは一度はまると抜けだせません。
人間の細かいところの性格、行動のちょっと外れた部分を、奇想天外な言葉や行動で伊良部先生が直していくそのプロセスがとても興味深いのです。
人間ってそのちょっとしたきっかけで、気持ちが変わることありますもんね!

「国家の品格」は目次をみると判ってしまうのです、その内容が。極論するには具体性に乏しく、かと言って全部を鵜呑みにもできず、未消化のままでした。
僕もアメリカ中心のグローバル化がこれからの地球全体を考えれば悪影響を及ぼすと考えますが、島国根性で日本だけを見据えていてもこれからの日本の未来も先が見えてしまいます。
地球のバランスといっても、原点は「自分」や「自分のまわり」とのバランスだと思います。自分でできることからやっていくつもりです。
[ 2006/04/18 09:27 ] [ 編集 ]
本屋が好きなので、ほとんど毎日のように駅ビルの下の本屋に足を運んでます。とにかく表紙デザインとタイトルが最近の本(昔から?)は優れています。とにかく興味を引くのです。
奥田の伊良部シリーズの本も実物はラメ調で3次元の奥行感ある表紙なのですよ!
そんなわけで、僕もつい買いだめしてしまい、現在11冊あります。

「文明化した人間の八つの大罪」は人間が地球の上に住まわせていただいている上で、必読の作品だと思います。作者が動物学者です。人間も地球上の動物の一員、ただしちょっと知恵があるので、この本を読めば人類存続のヒントを見い出すことができると警告したのだと思います。
罪を認め、正しい道をまた進む。
宗教・人種・文化の相違をお互いどう認めあって生きていくかという問題は、人類の永遠のテーマなのでしょうか?
[ 2006/04/18 09:41 ] [ 編集 ]
といっても、もちろん本当の匂いではなく。

私も本屋さんをぶらぶらするのは大好き。
頻繁に出入りしていると、やはりアンテナが鋭くなるような気がします。

私が本を選ぶのは、もちろん、好きな作家や話題作、受賞作などはチェックしますがその中から何を選ぶかというと、「匂い」なのです。好きな匂いがする本って外れたことがないですねー。

逆に話題性やタイトルに惹かれて買ったものは、外れることもしばしばです。

奥田英朗、早く読みたいなー。
[ 2006/04/18 22:07 ] [ 編集 ]
なるほど!「匂い」とは上手い表現ですね!
その「匂い」って、背表紙の概要文とか、パラパラめくってみて感じるものなのでしょうか?
自分の好きな本の傾向ってありますが、僕なんかはもっぱら新聞の新刊広告や書評(タイムリーではないが)でチェックし、読みたい本は購入リストに書いておきます。本屋でそれを見ながら探し、吟味した上で購入って感じかな。
用賀のビル下の本屋も以前は、時代遅れで全然ダメな本屋でしたが、最近なんとなく話題の本や、僕の欲しい本がタイムリーに置かれるようになりました。本屋としては当たり前だけど。
「x」の次にまたどうぞ!
[ 2006/04/19 09:54 ] [ 編集 ]
陳腐な表現ですが、昔だったら「ピンとくる」といえば、ぴんとくるかなw

人や食べ物に関しても、そういう直感を大事にしています。
[ 2006/04/19 15:51 ] [ 編集 ]
う~ん、古より備わる動物的なカンなんでしょうね!
今度本屋さんへ行って、目に付いた本でやってみましょう。
「ビビッ」と感電するでしょうか?
直感とか嗅ぎ分けが研ぎすまされていた方が、この世の中を渡り歩いて行くには好都合です。
衰えないように鍛えなくては!
さて、どうやって?
[ 2006/04/19 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する