ホーム > スポンサー広告 > 大空を深呼吸ホーム > 健康 > 大空を深呼吸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大空を深呼吸

IMGP8363.jpg

きのうの嵐は凄かった。
真っ黒の雲の中、ロケットが飛んで行くようなヒュ~~~という聞いたことない音がしていた。
竜巻が起きたところではこんな音がしたとか、しないとか‥‥。

きょうは対照的に真っ青な大空。
仕事中、ふと窓の外をのぞいてみたら雄大なモコモコ雲が浮いている。
太陽の光で雲の立体感が増し、綺麗な陰翳のある自然造形美を創りだしている。

いろいろなものに見えてくる。
空飛ぶカメ、綿菓子、人間の脳、ミシュランのマスコット、巨大なUFO‥‥‥
この雲の浮かんでいる青い空の果ては無限の宇宙だと思うと、人間なんかちっぽけだなと思う。
宇宙から青い地球を見ても、きっと同じ気持ちなんだろうな‥‥‥

そうこうしているうちに、モコモコ雲は東の方へ姿を変えて行ってしまった。
さあ、デスクに戻って仕事、仕事!
この地球の上に小さな家を建てさせていただきます!!
モコモコ雲のような変幻自在な建築ができるといいな!!!

IMGP8367.jpg

[ 2006/04/21 14:44 ] 健康 | TB(0) | CM(16)
Architectさんの違う一面を見たような気がします。思えば、私も子どもが小さな頃は一緒に空を見上げては、「あの雲、プリンみたいだねー」とか「あの上を歩けたらいいねー」なんて話していたものでした。

今では、よほどのことがない限り、息子と空を見上げるなんてことはないなー。

そういえば、今日は富士山の斜面に日光があたり、雪がとてもきらきらと輝いていてきれいでした。毎日見ていると、きっともっといろいろな表情を見せてくれるのでしょうね。
[ 2006/04/21 19:20 ] [ 編集 ]
お誉めにあずかり?光栄でございます。
な~んて、立体感のある空がふと目に留まったものだから、眺めていました。
ちょっと頭の中が行き詰まっていて、窓を開けてももう暖かいので深呼吸してました、気分転換に。
今度、お子さんと一緒に空を見上げてみて下さい。
僕は家への短い帰路もほとんど星や星座を眺めているんですよ!
富士山のまわりも確かに雲の表情は豊かなことでしょう。
ところで明け方の地震、大丈夫でした?
[ 2006/04/21 20:37 ] [ 編集 ]
昨夜の地震は、震度4ということもあり、さすがに目が覚めました。揺れただけで、特に家の中のものが倒れるとか落ちるとかいうこともなかったので、とりあえずテレビをつけました。市で設置している広報スピーカーからは、「海岸近くにいる人は速やかに避難するように」との放送が流れていました。

翌朝確認したところ、次男坊は爆睡により気づかず、三男はちょっぴり心配そうな顔で「昨夜、地震あったよねー」なんて言ってましたよ。次男は遊び疲れゆえの爆睡なんですけどね^^;
[ 2006/04/21 21:57 ] [ 編集 ]
ここのところの伊豆沖地震は心配です。
昔も長いこと地震が続いたことありましたよね!
まあ僕も車をアテ逃げされても気付きませんでしたので、今回の地震くらい(世田谷区は震度2)ではビクともしませんでした。
今また高嶋哲夫さんの最新刊「巨大地震の日」を読んでいるので、地震に感覚的には敏感なのですが、体感的に鈍感なようです!
[ 2006/04/21 22:10 ] [ 編集 ]
いくらみていても、飽きないんですよね~。
雲のゆっくりとした流れのなかで、ゆったりとした時間をすごしている時って、なんだかしあわせです。

最近は日々の生活に追われて、ゆっくり雲を見る時間がなかなかないですが、ちょっと気にしてみてみたいです。
[ 2006/04/21 22:45 ] [ 編集 ]
雲の自由さには憧れます。
気の向くまま、風に身を任せて、目的も無く、形をいつも変えながら、地球の上で出たり、消えたり、そして人の心を癒してくれます。
たまにはゆっくりと空を眺めるのもいいもんだとつくづく感じました。
またあしたの雲も気になりますね!
どうやって癒されようかな~?
[ 2006/04/21 22:57 ] [ 編集 ]
雲って季節によっても形状が違うし、時々刻々に変化していくから飽きないですね。自然からの素敵な贈り物だと思います。
そういえば金沢の21世紀美術館に、雲をキャンパスに仕立てた部屋がありましたね。部屋の天井が切り抜かれていて、空が絵のように見える部屋。時間を忘れてたたずんだことを思いだしました。
日常の忙しさについ追われてしまうけれど、ふと足をとめて周りをみれる気持ちをもっていたいものです・・・。
[ 2006/04/21 23:15 ] [ 編集 ]
色んな形の雲を見てると、我を忘れて童心に帰りますよね。お家に帰ってくるとすぐ忘れちゃうんだけど、雲を見乍らそこに色んな形を思い描くっていくつになっても楽しいですよね。
日本は嵐だったんですか。嵐の後って、淀んだものがすっかり洗い流されたみたいで爽快感がありますよね。
こちらは一昨々日あたりからすっかり夏のようです。暑い!もう日焼けしそう!
[ 2006/04/22 04:06 ] [ 編集 ]
Architectさんの写真見てたら、のっぱらに大の字になってぼ~っと雲を眺めたくなってきました!
流れる雲を見てると、どんどんカタチをかえていきますよね。想像力?をかきたてられます。(笑)
子供の頃は、空を見ながら歩いてましたが・・・
最近では、すっかり忘れてました。
人間、上をみるといいことがあるんですよね!
すぅも、大空に向かって深呼吸をしてみよ~\(^o^)/
Architectさん!いい写真ありがとうです。
[ 2006/04/22 04:46 ] [ 編集 ]
21世紀美術館はJ.タレルの部屋のことですよね!
僕が行った時は雲ひとつない真っ青な空でした。
「タレルの部屋」は青い大空、白い壁、そこに移る影、黒い花崗岩に溜まった雨の水に映った空と、美しい自然のキャンバスになってました。
ちょうど金沢は日本海独特の目まぐるしい天気の変化で、晴れたり、真っ黒な雲にあっという間に覆われたり、土砂降りになったりしていろいろな自然を味わいました。
雲のおおらかさが自分にもあればな~とさえ思ってしまいますね!
[ 2006/04/22 09:53 ] [ 編集 ]
雲ってそれ自体も変態していくけど、その雲のまわりのシチュエーションも凄く演出効果に影響しますよね!
朝焼けだったり、夕焼けだったり、富士山の笠雲だたり、飛行機の軌跡をあらわしたりしておもしろいよね。
だからひとつとして同じ雲がないので、見ていても飽きなし楽しいのでしょう。
そうそう、MIHO さんのロスだって、場所が変われば見え方違いません?。日本からジェット気流で西海岸までは同じ雲は移動できないけどね!
もうそっちは夏バージョンなのね?
[ 2006/04/22 10:04 ] [ 編集 ]
ようこそいらっしゃいました!
坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」という歌をご存じですか?。

上を向いて 歩こう
涙が こぼれないように
思い出す 春の日
 一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ 星をかぞえて
思い出す 夏の日
 一人ぽっちの夜

幸せは 雲の上に
幸せは 空の上に

上を向いて 歩こう
涙が こぼれないように
泣きながら 歩く
 一人ぽっちの夜

ほんとに子供の時によく歌ってました。今はアメリカで「スキヤキ・ソング」などと呼ばれ、訳わかりませんが。
「幸せは 雲の上に」なんてロマンチックなフレーズですよね!
大空に向って深呼吸して、空の上の幸せを少しでも自分のものにしたいものです!!




[ 2006/04/22 10:16 ] [ 編集 ]
Architectさん、発想がやはりアーティストです!
変幻自在な建築ってどんなのでしょっ?

私もよく青空の向こうの宇宙やそのまた向こうのブラックボックスのことをイメージして同じように、なんて自分は小さな大都会で暮らしているのだろう?とか、他の惑星で暮らす生き物の存在とかに想いを馳せてみたりしま~す(・・*)。。oO
[ 2006/04/23 22:12 ] [ 編集 ]
雲のような建築って、「場所」と「時間」に拘束されない建築というイメージです。
建築は固有な場所にドスンと腰を据えることとなりますが、そうじゃなくてもっと気楽に場所を移すことができたらな~と思う訳です。
今日は東京、今度は山のふもとの牧場の中とか、来年は南国の島になんて気軽にスペースワープができると楽しいだろうと想像してしまうわけです!
時間に付いても、いつも同じ空間でなく、雨の日はしぼんだり、暑い日は天井が高くなったり、10年後ふたりだけの生活になったら不要な空間を折り畳んでしまっておけるような可変装置みたいな、時間とともに変化できるイメージが頭の中に浮かんだだけです。

僕も地球外生命を信じる人間(矢追純一とは違う!)なのですが、
  「地球外生命体/存在の確率」
   (アーミア・D・アクゼル著 原書房)
という本を読むと、宇宙人の存在確率が「1」となります。
つまり地球外生命が必ずいる!ということ。
[ 2006/04/24 14:30 ] [ 編集 ]
「上を向いて歩こう」もちろん、知ってますよ!
元気が出る歌ですよね!

建築って住む人や環境でいろんな空間ができるような気がします。
すぅは、勉強をした訳ではないので思ったことや空想でしか言えないですが・・・(^_^;)

ちなみに、すぅはくるまが大好きなのでガレージングに興味があります!ミニカーケースみたいに飾りたいし、部屋からも眺めていたいです!
くるまも、大事な家族?と考えてるもので。あは。
夢の家を方眼用紙に描いてます!
[ 2006/04/25 01:45 ] [ 編集 ]
歌をご存じで、ほっとしました!
すぅさんの空間認識はなかなか鋭いですよ!
車と一緒に生活っていいですよね。
僕も、もしもう一回家をつくることあれば、寝室の中の愛車と一緒に寝ます。
「大事な家族」、まさに共感!!同感!!
[ 2006/04/25 10:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。