ホーム > スポンサー広告 > こんな体験ないですか?ホーム > 社会 > こんな体験ないですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな体験ないですか?

医療改革法案が国会の委員会で強行裁決された。
法案骨格は
(1)七十五歳以上を対象とする健康保険の新設
(2)高所得の七十歳以上の窓口負担率を三割に引き上げ
(3)高額医療の自己負担限度額の引き上げ
だそうだ。

改革もいいが、庶民の受ける診療内容をまずよく把握してくれよと切に思う!!
以下、長々と書きしたためるので、興味ある方は我慢して呼んでくださいませ。

■第1章 中病院にて
昨年の暑~いお盆に体調を崩した。お盆休みで近所の診療所も休みで途方にくれた。
熱、めまい、動悸などが夜になってもおさまらず、タクシーを呼んで近くの中規模病院夜間救急外来に行った。幸い他の急患もおらず、熱を測ってすぐに若い医師に診てもらえた。しかしなんか自信無さげな表情と対応。
「軽い熱中症でしょう、点滴をしておきましょう、念のため血液検査もしておきましょう」
とそのままベッドで2時間点滴。血液検査も愛想のいいおばちゃん看護士で、一回目の採血は血がドボッと溢れ失敗。2回目になんとか成功。検査結果も20分後に出て、さっきの若い医師が顔だけカーテンから出して、「特に問題ないと思うけど、原因わからないけど白血球がちょっと多いかな?。もし心配だった明日大きな病院で診てもらって!」と言われた。なんか白血球が多い原因があるだろって!!
そのうち救急車が来て、おじいさんが運ばれてきた。経過は省略するが、結局深夜になんでも無いということで、病院から追い出されたのだ。タクシーとか乗せてあげればいいのに!「これはひどい病院にきてしまった!」と思ったが後の祭り。点滴を終え、抗生物質薬をもらって、タクシーで家まで帰った。二度と来るもんか、こんな中病院!!!

title1.jpgのコピー


■第2章 大病院にて
翌日はやはり調子よくなく、11時ころに中病院の先生に従って大病院に行った。凄い診察待ち!!
結局2時間待っても呼ばれない。妻が何度か確認しに行ったが、「もう少しお待ちください」と何回も言われるのみ。3時間後、「Architectさん」と呼ばれ、やっと診察かと思いきや、「まず点滴をやっておきます」と若い看護士。診察なしでいきなり点滴かよ!。点滴チェアに座って待つこと20分、僕の後ろで点滴待つおじいさんに「Architectさん、お待たせしました!」と別人に呼び掛けている。僕はここだよ!と心の中で叫ぶ。
若いインタ-ンみたいな医者がまず採血用の針を射す。しかし採血後、点滴チューブに接続しようとするがうまくいかない。挙げ句の果てにブザーでベテラン看護士を呼ぶ。ヘタクソ!このインターン!!そうこうするうちに点滴チューブの中を空気が流れていく。血管に空気が入っても大丈夫なの?
点滴2時間が終り、やっと医師の診察。「どうしました?」「こうこうこういうわけで‥‥」「血液も異常ないしなんでもないでしょう」おいおいこんな問診だけかよ!触診もないのかよ!と頭にきたので「のど診るとか、おなかの触診もないのですか?」と言ったら、「じゃ、横になって下さい」「じゃ、横になるよ!」と結局どこが悪いかわからず終い。もう夕方になっていた‥‥。二度と来るもんか、こんな大病院!!!

p_gaikan.jpgのコピー


■第3章 義姉の診断
家で大人しく横たわり、医師の義姉に電話で状況報告。容態を話すと「まず風邪の場合、ウイルス性のものと細菌性のものがある。白血球が増えているなら細菌性の風邪を疑うべき。中病院で処方された抗生物質が効き、翌日の血液検査では異常が発見されなかったのね。細菌がいなくなるまで抗生物質を飲んで休養しなさい」と言われとてもほっとした気持ちになった。
適格なインフォ-ムドコンセントがどんなに患者を心から安心させることか実感できた一瞬であった。

■第4章 産むそして産んでから
今たまたま、小児科の先生と、産婦人科の先生の住宅の設計に関わっている。
どちらも医師の数が減少して社会問題になりつつある。どちらも時間に区切りがつけられない、病院を離れることができないなどかなりハードな医療環境に置かれている。でも患者は小児科や産婦人科がなくなってしまっては困る。それこそお先真っ暗な社会問題なのだ。幸いにして?患者さんは途絶えることがなく、一日の診療は相当な激務になっていく。それがまた医者の卵達が避ける理由にもなっていく。この悪循環をどう解決していくか良く考えないと、私たち患者サイドもそのうちに途方にくれる環境に追いやられてしまうと思う。現に東北地方で産婦人科医がいなくて家の近くでお産ができない事が現実となってきているのだ。子供を産みたくても生めない環境、子供を産んでも子供を診てもらえない環境。
どうなる日本?どうする日本?
たくさんの優秀で立派なお医者様もたくさんいること信じるしかない!
まず国は医療政策として、安心して診察してもらえる医療環境の整備に力をいれてほしいと切に願う気持ちでいっぱいだ。

[ 2006/05/17 22:47 ] 社会 | TB(0) | CM(17)
産婦人科の減少は助産婦さんが補うことになるでしょう。小児科の減少は、親の子の病状を見る目を養うことになるでしょう。
何でもお医者様にお願いすることを諦めて、自分で対処する割合を深めるしかないと思っています。
それが、医者の過剰労働を減らす特効薬ではないかと思っています。
[ 2006/05/18 00:50 ] [ 編集 ]
小児科、産婦人科は医師不足なんですか。何でもかんでも医者に頼るのもおかしいけれど、子供なんかの場合、親がこの病状を見る目を養うといっても、素人判断がとんでもないことにつながったりするんじゃないだろうか。産婦人科も、普通に子供だけ産めればいいわけではなく、婦人系の病気を患っている除染は実は驚く程多い。しかも婦人家系の病気は症状がはっきりしないものが多いから気づかないでいる事も多い。
医療改革法案にしても、病院にひまつぶしのように通うご老人もいるようだけれど、収入の無い老人にとって本当に病気の場合、3割はかなり大変な事なのじゃないかな。
医療問題って本当に大変。アメリカは保険が高くて、4人に一人は入っていないようです。私もその4人に一人の一人だけれども、アメリカで保険に入っていても保険が利かないものが多過ぎる。癌などの重病に冒されると、保険があっても破産し病気の上に仕事をふたつもみっつも持っても借金だけがどんどん膨らんで行く、というような事になっているらしい。
医療、保険問題ってとても大事な事なのに、どうしてこう改善されないのか?
しかし、いきなり点滴とか触診なしとか聞くと、ビジネスですね。いかに楽してお金を取るか、っていう腐敗構図が見られます。いやいや、私も病院にはかなりの怒りがあるもので…。
[ 2006/05/18 04:07 ] [ 編集 ]
上のコメント、婦人科系の病気を患っている、女性、は…です。すみません。
[ 2006/05/18 04:10 ] [ 編集 ]
今日は健康診断で、小医院に行きます。もう最小限、健康を維持していくしか無さそうです。が、年々不健康へ至る数字が増加中。今回はちょっと憂鬱ですねえ。
[ 2006/05/18 07:36 ] [ 編集 ]
>MIHOさん、コメント返していただいて有難うございます。
(Architectさん、すみません。少し書き込みさせてください)

もちろん、自己責任というか自己防衛だけでは解決しない簡単な問題でないのは、承知しています。
が、あえてこうした書き込みしたのは、日本での実感として、あまりにも人に頼る発想ばかりが横行しているように思える為、あえて反対意見的に書いてみました。
舌足らずで申し訳ありません。

日本の小児科・産婦人科の混み具合は、良く問題となる老人の病院通いに匹敵するくらいです。鼻たらしただけで、子どもに薬を飲ませる人が多いのは、どう考えても行きすぎだと思います。
また、問題のない出産もすべて病院に管理してもらう必要はない。元々お産は医者が扱うものではなかったのです。

これが、上手く回っていないお陰で、逆に急患の場合の子どもの診療が手が回らない。出産前後のトラブルに対処するのに、小規模病院や助産院からの転院受け入れが簡単にできない(遠くに回されてしまったりする)。ということになり、皆最初から大病院に患者が集中し、悪循環に陥っているという状況です。

アメリカも保険の問題もあり、又別の意味で上手く行っていないのですよね。
デンマークだったかは、病院に行く発想はあまりなく、まずは自分で治すのが対処法、それでも治らない・おかしい時に病院に行く・・という話を聞きましたが、どうなんでしょうか?

最後に付け加えると、「産科」は減っていますが、「婦人科」はちゃんと残ってますので、ご安心を。
若い開業したてのうちは「産科」も掲げているけど、年中無休で大変&また上手く行って当然でトラブルがあると即訴えられかねないから割に合わないということで、初期投資が終わると「産科」を辞めてしまう開業医が多いのです。少子高齢化ですので、更年期や不妊などの専門に限り、お産そのものは扱わない「産婦人科」は、需要が逆に増えるくらいなので、今後もそれほど減ることは無いと思います。
[ 2006/05/18 10:03 ] [ 編集 ]
ぼちぼちさん、ご丁寧にありがとうございます。日本人は本当によく病院行きますよね。今は核家族が多いし、都会ではご近所とのおつきあいもなかなかないためか、小さいお子さんを持った方など、本当にそれこそ鼻水だけで病院に行ってしまうのかもしれませんね。
こちらは保険を持っていない人が多いせいもあるけどなかなか皆病院には行かないようです。でも女性は皆30歳を迎えるとなぜか半年に一回は婦人科に通ってますね。私は去年、こちらの病院では散々な目にもあって、その上借金も作ってしまい、こちらの保険のシステムには本当に腹がたっています。先日やはり癌に冒された知り合いが入院しましたが、保険があっても使えない物ばかりで日本に帰りました。そういう点は日本はいいなあといつも思っています。
[ 2006/05/18 16:43 ] [ 編集 ]
なるほどね!
そういう視点もあるかもね。
やはり日本は人口に対する医師数が少ないのが問題なのかも。
このあいだ何かで見たけど、世界で医師数比率の高さは世界で60位台だったはずです。(かなり悪い!)
数多ければ言い訳じゃないけど、今の厚生労働省の医療システムはとんでもない方向に行くかも知れません。
医師数、労働量、患者数、診療時間などバランスがとれればいいのですが、かなり困難を極めるものでしょうね!
[ 2006/05/18 20:11 ] [ 編集 ]
現在の病院に対する日本の方針は、ベッドを持つ診療所、中小病院をなくし、大病院への一極化を計らんばかりの政策となっています。
大病院はホームドクターなる街のお医者さまからの紹介状がないとダメというように徹底化しないと解決しないと思います。
アメリカはどうですか?そのあたり。
病院や診療所もしっかり住み分けして、患者にヒエラルキーをつけていかないとダメだと思うんです。
日本の保険も一生使わないかも知れないし、いざという時は有効なのですが、掛ける人の判断次第というところでしょうか?
アメリカのように破産して、肉体だけでなく、精神まで破壊させられるのはご免です!!
[ 2006/05/18 20:21 ] [ 編集 ]
健康だけど、血を採られたり、採尿したり、なんか気分のいいものではありませんよね!
でも1年に1回の健康診断って、僕は大切だと自分なりに感じ、がんばって胃カメラも飲んでますよ。
なにか見つかった時は、またその時で、なるようにしかならないでしょう。
今日の検査は問題なかったですか?
[ 2006/05/18 20:26 ] [ 編集 ]
ぼちぼちさんのご意見も良くわかります。強い母からの観点である感じもします。
確かに患者サイドの意識改革も重要ですよね?
でも誰がこれを啓蒙していくのでしょうか?
行政のなんらかの指導に自然に引っ張られるしかないのでしょうか?よくわかりませんね!
医師の倫理観も問題です。今年、全国の大学でインターンになる医師の卵の中で、「脳外科」になろうとする人が1人もいなかったそうです。やはり重労働、時間に自由が無い、ミスが死に直結して裁判が多いなどの理由で避けられているとのことです。じゃこれから脳外科医がいなくていいのか、そんなこと絶対にありえません。医学部に入学する覚悟・意識の低下が問題なのでしょう。医師が儲かるのは確かでしょうが、それなりの仕事をしていれば納得できるはず。
知人の小児科医も婦人科医もがんばっています。でも医師だけで解決はできず、まわりを巻き込んでの環境作りをしていかないと、本当に安心できる医療環境は生まれてきそうもありません。
[ 2006/05/18 20:38 ] [ 編集 ]
日本の保険制度、それさえも入れないアメリカの保険制度、どちらも極端ですが、ぼちぼちさんの話にあったデンマークもちょっと調べてみようと思います。
医療は金持ちだけのものじゃない!アメリカの叫びが聞こえてくるような気がします。
帰国された方は、安心して日本の医療をうけられたのでしょうか?
[ 2006/05/18 20:43 ] [ 編集 ]
視力が悪くなってますね。パソコンのやり過ぎかも?体重もだんだん増えてるし…まだ胃カメラ経験はないですね。バリウムも飲んだ事無いですし。もうそんな事言ってられない年齢だとは判っているんですが。今日はとりあえず結果待ちです。一年に一度の憂鬱な日でした。
[ 2006/05/18 21:03 ] [ 編集 ]
僕も老眼がひどいです!
バリウム飲むんだったら、胃カメラをお勧めします。
その方がしっかりした検診ができますよ!
まあ、明日からは通常とおりにお仕事頑張って下さい!
[ 2006/05/18 21:08 ] [ 編集 ]
こちらの保険は大雑把に2種類にわかれています。高めの方は主治医を決めて、其のお医者様の紹介状で他の病院に行けます。少し休めの方はどこの病院でも行けるようですが、補助額が少なめです。どちらにしても余程高い保険に入らないと歯科と眼科は入っていません。私のように保険のない人は、風邪など大病でない限りはフリークリニック(代金は寄付として支払われるのでそれこそ$1でも)を利用しますが、朝でかけて帰ってくるともう1日終わりというくらいの待ちを覚悟で行かなければなりません。
日本に帰られた方はお友達のお友達なので詳しくはわかりませんが、まだ若く末期癌のようです。末期癌でも奇跡が起こる事もありますから、がんばって欲しいです。
[ 2006/05/20 06:20 ] [ 編集 ]
お国違えば、保険も違うのですね。
フリークリニックの寄付とは、想像してなかったです。
朝行って、1日終わりは日本の大病院もそうですが!
お友達もがんばって生きてもらいたいです。
[ 2006/05/20 10:06 ] [ 編集 ]
こういう書き出しだと年齢が行っちゃってる感じがして嫌だな。
こう見えても?小さい頃身体の弱かった私には(田舎だと私に限らず)、掛かりつけのお医者さんがいた。もう、何から何まで面倒を見てくれる。何で町医者をやってるんだろうという高学歴(東大出)の医者なのだが、そんな素振りは一切見せずに働いていた。確かに激務だったと思う。自分の手に負えない(設備、知識)場合は的確にネットワークの中から頼りになるところを紹介してくれた。
多くの医者が高い志を持っていると思う。それを生かすも殺すも社会なのだが。
[ 2006/05/21 14:35 ] [ 編集 ]
いいお医者さんですね!
実は僕の家の近所の診療所のお医者さんもすごくいい先生です。大学の講師をやってる方ですが、行けば
「どうされましたか?」
「もう少しでよくなりますよ~!」
とか優しい言葉と、インフォ-ムドコンセントがしっかりしています。安心して身を任せられる戸いった感じです。
やっぱり、現状を知らない官僚が作り上げているシズテムの弊害が、大規模病院の診療体制に現れているということでしょうか?
izmyさんが身体弱かったなんて信じられません?!
[ 2006/05/22 09:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。