FC2ブログ
ホーム > 建築 > 表参道ヒルズ再訪問

表参道ヒルズ再訪問

IMGP8789.jpg

小雨降る日曜日の朝、洗面室の小さな窓を開けると窓の下にいっぱいの「ドクダミ」。
南側のほとんど陽の当らぬネコの額のような狭い場所に力強く成長する。もともと根が強く、生命力ある植物でもあるらしい。
名前はインパクトあるが、花言葉は「白い追憶」。意外と?ロマンチックだよね!。
白く見えるのは花ではなく、葉の一部が白く変化したものでその中のフサフサした部分が花らしい。毎年この時期になると、窓から腕を出して「ドクダミ」を摘んで、リビングや洗面室に生けるのだ。雑草と言えども、とても清楚でかわいらしい姿が気持ちを和ませてくれる。
お気に入りの雑草のひとつ!!


さて午後近くになって雨もやみ曇り空の中、表参道へ出かけることにした。
1月に表参道ヒルズのレジデンスを特別見学させてもらったが、ショッピングモールが未体験だったのでさっそく突入。
ウッ、凄い人!。外の表参道もひと、ヒト、人でいっぱいだったが、モールにアプローチしてみたらやっぱり同じ密度状態だ!
大きな吹抜け空間、大階段、吹抜けを回る連続スロープ、上の大きなトップライト、安藤忠雄建築のボキャブラリ-が満載。でもなんかあんまり感動が起きないんだ!。こんなもんか?とちょっと醒め気味な目でこの空間を見てしまった。

IMGP8821.jpg
人で賑わうスロープデッキ

IMGP8809.jpg
大階段は人がまばら‥‥

人がいっぱい集まっているのは素直にいいことだと感じる。でもショップが均質に並列に並べられ、訪問者はひたすらスロープをダラダラと流れに沿って歩かなくてはならないのだ。界隈性が乏しいというのか、ショップと人間の関係が希薄というのか、ちょっと小綺麗なデパートやショッピングモールでもありそうなというか、感激するには乏しい建築空間だと率直に感じたしまった。なんて言うのかな?このスロープを歩け!とばかりに機械的に命令されて移動させられている感じっていうのかな?
これだけの大きな建築だったら、ひとりのマスターアーキテクトを決めて、いろいろな建築家にデザインしてもらった方が多様な空間ができて面白いものになった気もする。また保存された同潤会アパ-トが片隅にあるのが、そこでもショップが営業している。その昔の暖かい雰囲気の名残りをもっと感じさせてくれる方が僕は良かったのではないかとその場で感じたのだ。行かれた皆さんの感想はいかが?

改めて再開発の難しさを感じてしまう。
昔の時間軸の長いほんのりしたコミュニティーを再生することはもうこの表参道ヒルズではできないと思う。かといって昔のままでは絶対再開発プロジェクトは進行・実現しない。どちらも両極端だけど、折衷案というのもいまいちしっくりこないね。
時間が答えを出してくれるのか、この表参道ヒルズ!。


ちょっとがっかりしながら表参道をあとにして、渋谷に向うキャット・ストリートをブラブラ歩きながら途中の明治通りに面する「カッシーナ・inc PRIVATE」でちょっと休憩した。
家具で有名な「カッシーナ」は南青山に本店があるが、最近ショップの一部で喫茶できるようになっている。それもカッシ-ナの家具に座りながら。しかも家具を見ながら。ちょっとリッチな気分にさせてくれる。

IMGP8823.jpg
「タルトタタン」 リンゴとキャラメルのパイ、バニラアイスを添えて。

IMGP8825.jpg
「カンノーリ」  シチリア直送のカンノーリとリコッタクリームとフルーツ、
         バニラアイスを添えて。

真っ黒な革のジンジャーチェアに身をまかせ、ボリュームも味も満足できるスイーツを堪能した。
初体験のカンノ-リが堅いものと知らず、ナイフでも切れず、手で摘んでかじって食べたがこれも旨い!
14:00からのケーキセットのサービスタイムの30分前に入ってしまって、ちょっと後悔したが(せこい?)食べたあとの満足度が高く、店を後にするころには忘れていた。

カッシーナを出たときは、太陽の日ざしが暑く感じられるようになってきた。
今年は特に貴重な陽射し。できるだけ浴びるように今年は努力している。
皆さんも日光浴を忘れずに!
[ 2006/05/29 15:38 ] 建築 | TB(0) | CM(14)
売れっ子建築家っていいなー。
おしゃれ♪

さて、私はまだ表参道ヒルズは行ったことがないのですよ。訪れることができるのは、いつになることやら。

どくだみは、その昔、母が煎じて、よく飲まされたものでした。そういう意味ではあまり好きではなかったのですが、でも、姿はきれいだなぁと、認めたくないような複雑な気持ちで花を眺めていたことを思い出しました。

イタリアのお菓子って、固いものが多いですよね。
タルトタタンも美味しそうです。
[ 2006/05/29 18:33 ] [ 編集 ]
ヒルズはぜひ行って、感じてみてください。
何より自分の感覚がどうだったかが大切だと思います。
ショッピングには事欠かないと思うけど、僕が買うような感じのものがなかったので、スルーパスって感じでした。
でもヒルズに来ている人は、東京タワーのような観光名所にみたいな雰囲気もあったけどね!

ドクダミ茶葉飲んだことありますが、薬としては未体験。
即効性があるような感じもしますね!

スイ-ツ好きとしては、タルトタタンはまた食べてみたいくらい旨かったです。なによりアイスクリームがいっぱい乗っていたのも魅力的です。お試しあれ!
[ 2006/05/29 20:09 ] [ 編集 ]
あたしも行ったんですが、正直興ざめして帰って来たので、自分だけアンドウケンチクの良さが理解できないのかと疑問を抱えてしょんぼりしたんです。写真では吹き抜けた大空間がどーん!て感じなのに、実際に行ったら・・狭っ!これだけ!?って・・・

スロープの動線が強すぎて、ひとつひとつの店に出たり入ったりしにくい雰囲気だと感じたのは私だけでしょうか。外からも完全に隔離されて、「で、買うの?買わないの?」みたいな・・・・・ショッピングの楽しみは、ふらふらと見たり触ったり思いついたり出会ったりすることだと思うのですが・・・お金がある人が、目的のブランドに直行して買う分には良いのかもしれないけど、「なんとなく休む」ところもないし、歩く、食べる、休む、すべてが「しなければいけない」感があって・・・お金のない自分には、用のない場所でした・・・
[ 2006/05/29 22:03 ] [ 編集 ]
しょんぼりすること全然ないよ!
僕もけえさんのフィ-リングが凄く良くわかります。
あのスロープを歩いていてちょっと寄ってみようかって感じにならなかったでしょ!
ヨ-ロッパのようなウィンドウショッピングって感じにならなかったでしょ!
安藤さんは凄く建築と人間と環境のことをマスコミに話しているけど、実際できているものとのギャップは大きいと僕は感じてます。まずあのヒルズは人の「ショッピング」という行為がないがしろにされている! まさにけえさんが指摘している点は正論というか全く同感です!!
それが証拠にあれだけ写真に人が写っているけど、ショップの中はあんまり人がいない。買わなくともショップに入ってみようと思うような空間演出がないんだよね。
レジデンスの方はもっとデキが良く無いよ!
初期の安藤建築はどこへいってしまったのでしょうか?
いろいろな体験って貴重だね!そういう意味では行って良かったです?!
[ 2006/05/29 22:25 ] [ 編集 ]
どうして安藤さんはこの仕事を断らなかったのか、途中でや~めたって言ってもよかったんじゃないか。妥協を重ねてできた建築物っていう気がするのですよね。やめられない理由があったとしか思えない。地価が高いですからあのあたりは。。

建築という仕事は金儲けを前提としてしか成り立たなくなってきていて、権力に立ち向かうのは安藤さんとても難しかったということなのでしょうか? う~ん納得できない。

Brandショップが入っているわけだけど、最近のBrandって金儲けの誘惑に負けました~って感じで表参道と銀座に出店していて、Cultureの香りがしません。地に落ちてますね。。市民にも買わない、行かないっていう意志も必要かと。

もうひとつの視点としては、建築物に漂ういい香り、雰囲気は使う人、街が作るもので、建築物が主語になって町を作るのではないのではないか。同潤会アパートや東京タワーもそうだと思うのですが、時間が立てば表参道ヒルズがいい雰囲気の空間になる可能性がなきにしもあらず・・かも。森ビルが倒産するとか?

というようなことを考えさせますよね、あの建築物は。
[ 2006/05/30 00:28 ] [ 編集 ]
スウィーツがおいしそうです。
モールの中は本当に何だかどこにでもありそうですね。ロスのモールもこんな感じの所が多いです。何だか味気ないような気がします。お店も一軒一軒の個性が全く感じられなくなります。
今、良いか悪いかは別にしてもバーチャルゲームが凄い勢いですよね。モール内もいっそのこと迷路みたいにしちゃって、モール内の地図がないと、行きたい店にも辿り着けないとか、誰が地図なしで全ての店をまわる事が出来るか、とか、ってのはどうでしょうかね?:)面倒くさいか、一生モールから出られない事もある、とか?
[ 2006/05/30 05:24 ] [ 編集 ]
Architectサンと散歩したらとても楽しいんでしょうね☆
建築屋さんは色々な観点から空間を把握するので
普通気が付かない細かいかすかな演出に
目がいったり、
偶然の産物を見つけたりと建物を100%
楽しめますよね♪
ぼくは週末に久々に蜆塚遺跡に足を運んで来ました。
昔の人はおもしろい!
そしてそのまま旧中村家も見てきましたよ。
日本人は素晴らしい!と痛感しました。
今、モノが多く情報も多いこの社会で
ぼくも良いといわれるモノ作りをしていきたいです!
[ 2006/05/30 08:52 ] [ 編集 ]
なかなかこれだけのプロジェクトを拒むのには勇気が必要ですね。きっと安藤さんの自信がこの仕事を完遂させたと思いますが、建築設計もまず自信がなくては成立しません。
ただ今回は森ビルのがデヴェロッパーとして機能したわけですが、その時点で森社長が安藤さんに心酔して全てを任せたところにも、大きな影響があります。マーケタビリティを考えれば、条件は相当に厳しかったはず。できたものがあの結果!
レイコさんのおっしゃるように「街」は人やそのまわりが時間をかけてつくられていくもの、建築はその最初のステップとしての存在と考えられます。どう街が成長していくかはこれからの社会の動き、経済の動きなどにも大きく左右されます。
表参道にこぞって集まる外資系ブランドの建築群。建築的には楽しいもので街の表情を変えているのに貢献はしてますが、文化的に向上しているかは、いたって疑問ですよね!
表層文化はすぐに廃ってしまいます。
[ 2006/05/30 09:49 ] [ 編集 ]
実は5月の連休に名古屋の実家の近くできた「イーオン」という巨大ショッピングモ-ルを一応見てきました。何でもありなんですが、人を集客する仕掛けはいろいろとよくできてきる。同じような吹抜けがあるけど、もっと有機的でうまく機能してるんです。はっきり言って、安藤建築より好感がもてるんです!
あのヒルズは人が動かされる仕掛けが作られているのを肌で感じてしまう。どうもあの空間にいると人がアクティブでなく、パッシブになってしまうのが居心地悪いのです!
入り隅空間や出隅空間などを取り入れた工夫も感じられないんですよ!あそこは。
僕も迷路案は賛成です!出て来られないのはちょっと困りますが!!
[ 2006/05/30 10:01 ] [ 編集 ]
どうも何処へ行っても建築の視点でみてしまう職業病みたいなところがあり、買い物どころではないのです。
もっといろいろな観点から「もの」を見つめていきたいものです。
「蜆塚遺跡」とは懐かしい。僕も小中学生のころよく自転車で遊びに行きました。そのころ高町に住んでましたから。
昔の住居はそれなりにいろいろな工夫がされていて興味深いです。材質こそ違えど、床があり、壁があり、天井があり、現代と変わってはいないのですから。今の便利な住環境を作り上げる前に、プリミティブな原始住居をよく体験してみるのもとてもいいことだと思いますよ!
[ 2006/05/30 10:31 ] [ 編集 ]
ショッピングモールといえば、フィリピンでMall of Asiaというアジア最大のショッピングモールに行ってきました。モールがオープンしてから初めての週末でした。

マニラの埋立地に立地していて、贅沢に空間を使った建築物で(すみません建築の視点でまったく見てこなかったです)、縦に空間が見渡せる。とにかく視角に入る人数がめちゃ多い。歩きごたえがあり、あまりに広くて最後まで今自分がどこにいるのかわかりませんでした。

入っている店はスタバ、マクドナルド、ナイキ・・などのグローバルブランドから地元のお店までさまざま。高度経済成長時代の日本を彷彿とさせるような人々の表情、みんな楽しそうでした。スケートリンク(!)の周りにはすごい人だかり・・資本はもちろん入っているのだけど、お金のパワーにも負けないバイタリティ、生命力にあふれていました。
(まあ、マニラ湾沿いのフェスティバルほどではなかったけどね)

アジアで最大だぞ!というよりも、アジア全体からのパワーが湧き出ているような感じがしました。個人的にはマレーシアのアパレルなどアジアンブランドにとても惹かれました。それがこのモールの許せるところかな。

路上生活者のあふれるマニラの街のすぐそばにあるにもかかわらず違和感もなく、否定的な気持ちは少しも沸いてこなかったです。が、これがお金の魔力なのかもしれません。。。

10年後にこのモールはどうなっているのでしょうか。
[ 2006/05/31 22:51 ] [ 編集 ]
お帰りなさいマセ。
フィリピンは暑かったんじゃないですか?
グッドタイミングでモールが見学できたんですね。
コメントを読ませていただくと、きっとこのモールも何処にもっていっても通用する「グロ-バル建築」なんでしょう。日本、中国、韓国、どこでも生き残っていけるモールなのでしょう。消費意欲の強い国民には支持されること間違いないって感じですか!
ただ大型の商店建築はまわりの商店街を破壊する力もあり、
そのあたりの配慮って、日本でも全然見られませんよね。大きな課題だけど解決困難!!
[ 2006/06/01 09:46 ] [ 編集 ]
どこかの国の住家みたいですね!

カッシ-ナでお茶ができるのは、うらやましぃです~。
しかも、なかなかのボリュームでおいしそうです!
しあわせなひと時ですね♪
[ 2006/06/04 22:34 ] [ 編集 ]
なかなか上手い所をついたアイデアと思います。
実は名古屋のカッシーナではじめてお茶したのですが、ここよりもう少しゴージャスな感じで良かったですよ!
カッシーナのようなお洒落な家具好きには、お茶飲む環境といてはいうことない場でしょうね!
やっぱり気に入った空間に包まれている至福のひとときって、とても必要だと感じます!!
[ 2006/06/05 10:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する