FC2ブログ
ホーム > 社会 > シンドラーのリスク

シンドラーのリスク

人間の足の裏の感覚は優れています。
裸足であればなおさら、ちょっとしたフロアーの段差を見のがすことはありません。
それがたとえ1mmの段差であっても‥‥‥。

0.2A32.jpg


さていま話題の、といってもあまりに大きな事件・事故があり過ぎてみなさんはどれを思い浮かべることでしょう。「シンドラー・エレベーター」についてコメントしましょう。
以前マイブログ「命を守るストラクチャー」の文頭で
  「建築は第一に人の生活・命を守る「器」です。」
と僕は記しました。

今度はシンドラーのエレベーターが人命を奪う凶器となってしまいました。
自転車と一緒にエレベーターを降りようとした高校生が、扉も閉まらず急に急上昇したエレベーターと建物の間に挟まれたという悲惨な事故です。いや、これは殺人事件といっても過言ではないでしょう。
とにかくシンドラーの社長、日本支社長、関係者の言葉の中に,御遺族そして国民に対する事件に対しての誠意というものがちっとも感じられません。責任逃れ、責任転嫁とか言い様がありませんよね。驚くことにシンドラー・エレベーターのホームページには、未だにこんなコメントが載っているんですよ!

     「2006年6月6日時点では、この事故がエレベーターの設計や設備に
      よるものではない事を確信している旨を述べさせていただきたい
      と思います。」

じゃ、どうしてこんな事件が起きたのですか?
製造メーカーの責任は全然ないというのですか?
あれだけ日本だけでも「閉じ込め」「着床レベル段差」「扉開閉不調」「異常昇降」が発生しながら、全てをメンテナンスのせいにするのですか?
これは間違いなく、シンドラー・エレベーターの機器・制御関係に問題があるはずです。
アメリカにおいてはシンドラー社はエレベーターだけでも100件の訴訟を抱えているといいます。日本だけでなく、世界において同じことが起きているのをどうお考えなんでしょう?

建築の中では事故は発生するものです。でもその中で生活・利用する人間が注意すれば大きな事故に繋がらないと思います。でも今回のように注意していてもエレベーター自身が凶器となってしまうと不可避です。自分の命さえも守りきることができません。
利用者に対するあの冷酷な態度と無反省な態度で、シンドラー社のこの先は見えてきませんか!

     ・まず全てのシンドラー・エレベーターは使用しない。
     ・全てのシンドラー・エレベーターを別会社のものに交換する。
     ・二度とシンドラー・エレベーターを建築で採用しない。
     ・世界中のシンドラー・エレベーター製造をやめてほしい。
      極論すると、製造する資格などない!

見捨てられる「シンドラーのリスク」など同情するに値しないものです。
それより「私たちの生活のリスク」をよく噛み締めて、事件解決への改心をしてもらいたいと切に願うばかりです。
[ 2006/06/09 13:42 ] 社会 | TB(0) | CM(10)
シンドラー社としては海外での「謝ったら負け」という考え方なんでしょうけど、日本では通用しないことをここで学ぶべきかと僕は思います。他の外資企業への見せしめのためにも。
でないと次も別で同じようなことが起きますよね。
郷には入れば郷に従えとはよく言ったものです。
[ 2006/06/10 03:52 ] [ 編集 ]
サンドラー社の対応をみていると、訴訟慣れした感じがしませんか?
あくまで刑事・司法が判断するまで自分達は一切コメントしないというのは日本では通用しないはず。もっと情に働きかけるコメントとかが必要です、この日本は!
村上氏や堀江氏のやり方も、海外で行われた刺激ある手法なのでしょうが、日本の風土・慣習・道徳を吟味しておかなくっちゃいけなかったのでは?
まさに「郷に入っては郷に従え」です!
[ 2006/06/10 09:59 ] [ 編集 ]
日本と言う国は、30年くらい前の日本という国は、まだ日本人は何が尊いことかというのを知っていたように思います。
日本人は、潔かったし、日本人は外国人が憧れる奥ゆかしさを持っていた。
長い間アメリカにいる私なんかの言う台詞じゃないけど、アメリカにい乍ら見ている今の日本は、とてももったえないことをしているなあ、と時々思います。日本人はお金や合理性だけでは昔は動かなかった。むしろ、お金なんかは汚れたもの、だからちゃんと封筒にいれてその上に布までかけて人様に渡してたし、自分さえ良ければいいなんて思ってたら、村八分だったよな。
私は勉強不足で、シンドラー社というのを知りません。きっと知らずにシンドラー社のエレベーターに載って来たんだろうな。これからエレベーターに載るときは、シンダラー社の物か確かめてから、シンドラー社のものだったら、階段を使おうと思います。そんな会社、村八分じゃなくて、国八分にしてやって下さい。
[ 2006/06/10 16:44 ] [ 編集 ]
外国から「もの」を輸入するのは、それを使う人が自分なりに使いこなせばいいと思います。
でも外国から入って来たシステムや外資系会社のやり方っていうのは、日本風にアレンジしていかなくては受け入れられないと思うのです。生の文化は、抗体のない日本にとってあまりにダイレクト過ぎるし、少しクッションなり、日本仕様にしないとそこに問題が発生すると思いませんか?
マネーゲームも蓋を開けてみれば今回の事件のよう。日本の特捜部の筋金入りの方針は今後も楽しみです!
シンドラーは世界2位のシェアを強調していますが、それも虚構です。なんせ危険率は世界1位ですから!
これからの世間の反応もしっかりと見極めていきましょう!
少なくとも私はシンドラーエレベーターを採用しません。
MIHOさんも気をつけて下さい、階段の昇り降り!
[ 2006/06/10 17:19 ] [ 編集 ]
もはや「シンドラー」という名前が「オーメン」に聞こえます・・・。
[ 2006/06/12 10:49 ] [ 編集 ]
確かに本性を隠すこの不気味さ!
というか、あれがシンドラーの本性なのかもね。
管理の問題も今後浮き彫りにされるでしょうか、製造者の責任をどのように考えているのか、注視していきたいと思います。
建築は本来、安全なものなのですから。
[ 2006/06/12 13:05 ] [ 編集 ]
あのシンドラー社の人たちの態度が、すごく頭にきます。
さきほど記者会見やっていましたが、今頃なんなの?ってかんじです。
人が死んでいるのに・・・
[ 2006/06/13 00:23 ] [ 編集 ]
結局、シンドラーの体質があんなもんだってことですよね!
自分の会社のプライドばかりを強調して、エレベーター自体の欠陥を認めようとしない。許せない記者会見でしたね!
まあ、認めてしまったら世界中の事故を認めることになってしまうからでしょう。
日本の記者会見のやり方を経営CEOに教えることもできない日本人幹部もダメ人間ですが!
とにかく便利なエレベーターのイメージを破壊するシンドラーの態度は許せませんし、エミリーてさんもシンドラーに乗らないように気をつけてください。
[ 2006/06/13 09:21 ] [ 編集 ]
大体、皆さんのコメントと同意見なんですが、白人って、訴訟世界に生きてるからかどうなのかわかりませんが、自分が悪くても絶対謝りませんもんね。
昔、LAで自動車事故を目撃したのですが、(当時、AT車の暴走とか騒がれてた頃)明らかに、アクセルとブレーキを踏み間違えた為に起きた玉突き事故なのに、事故を起こした当事者は、謝罪もせず、車から一歩も外に降りて来なかったですから・・・。
シンドラー社の対応は別に驚くべきものではありませんが、そういうメーカーであると解かっていながら、使用する、利用する業者の神経も疑います。
[ 2006/06/16 22:26 ] [ 編集 ]
なんでもかんでも訴えられたら、訴えられた方もたまりませんが、今の世の中、訴訟社会も悪循環のような気がします。
心情的に素直に謝るべきところで、謝罪しない姿を目の当りにすれば、それが怒りに変貌する。
JoJoさんの目撃された事故も、自分の過失を自らは認めず、司法に任せようとする姿なのかも。
とにかく今回の事件はエレベーター業界のあり方に大きな警鐘となることでしょうね。
[ 2006/06/17 11:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する