ホーム > > 『日本復興計画』@大前研一

『日本復興計画』@大前研一


ついついタイトルにつられて購入してしまった本。
実は大震災2日後の5/13にYouTube「ビジネス・ブレークスルー 大前研一ライブ」(●)で放映された内容をまとめた本なのである。
大前研一氏の復興理論展開を楽しみに読み始めるも、前半ほとんどが原子力発電の専門解説書のよう、、、それもそのはず!、彼はマッキンゼー在籍の頃から「もの申す」人物として印象を深めていったのだが、その経歴はMIT大学院で原子力工学博士号を取得して、日立製作所に就職。そこで原子力の高速増殖炉の設計に携わっていたという逸材!。だから今回事故を起こした原子炉に関係していたこともあって相当な知識をもって意見している。僕自身未知の原発の勉強にもなった。だが今となってはタイムリーに新聞でその詳細を読んだ方が臨場感に溢れるのも事実(大前さん、ゴメンなさい)。この本で改めて、いかに日本の原子力行政そして東電の危機管理のお粗末さを知り飽きれてしまい、同時に強い怒りを覚えたものである。話が逸れるが、浜岡原発も菅首相の立派な思いつきで停止の方向に向かったと喜んでいたのもつかの間、3年後くらいに完成させる津波防潮堤が完成したら原発始動再開だと!、、、またまた開いた口が塞がらない!!!。この国は一体どうなってしまうのだろうか?。

P5120006_20110512141636.jpg

ちなみに表紙の裏にまとめられた項目を列記してしまうが、これだけでこの本の内容がかなり想像ついてしまうことだろう(笑)。
 • 原子力立国は終わり、3分の2の生活へ
 • 東京電力は倒産、原子力発電は国営化
 • 原子炉完全冷却には5年以上。5キロ圏内には未来永劫、人は住めない
 • 愚かな計画停電をしないですむ3つの方法
 • 津波に流された地域は緑地に、新しい街を高台につくれ
 • 変人首長を競わせ、復興モデルを構築する
 • 復興資金に「財源なき国債」はNO! 日本国債のメルトダウンを防止せよ
 • 期間限定・目的限定で消費税2%アップ。大いに使って飲んで食べて、復興しよう!
 • 国は何もしてくれないよ。「自分だけでもサバイブする」覚悟と防衛術


いくつかの気になったところ点を記しておこう。

1.『アメリカ大使館では目下、合衆国のパスポートを持つ人にヨウ素カリという薬(ヨウ素とカリウムの結合物)を配っている』大前氏の奥さんはアメリカ人なので大使館指定の薬局で処方済みとのこと。日本人がノン気なのか、アメリカ人が慎重過ぎるのか?
2.『東京電力は倒産する』を断言していたが、5/11(ちょうど大震災から2ヶ月)に東電は公的管理下になってしまった事実。喩え再生しても配電会社に変身せざるを得ないとのことも予言している。
3.『誰も気づいていないことだが、実は世界の中で日本だけが20年間貧乏になり続けているのだ』
何はともあれ先進国の中で日本だけがマイナス12%の家計所得になっているのが事実。フランス、イギリス、アメリカはこの20年で2~2.5倍の所得倍増、新興国は10倍!。これに関しては本文の中で、原因解明→事実認識→解決方針提案を大胆に述べまくっているが、最後には「個々人のメンタリティーの変革」に辿り着いているのが面白い!。精神論でこの日本を打破、打開していこうというのだ。笑える反面、真剣に精神改革を行わなくては生き延びていくことのできない日本人なのかもしれない、、、

最後に大前氏はこの本の印税を放棄、そして本の売り上げ12%を被災地に寄付することになっている。1冊1200円(税込)のうち137円が被災地救援に役立てばと思えば「イイ本」なのかも知れない。とにかく大前氏の理論展開に対して、読み手がどう思うか、自分自身で考えるきっかけを作ってくれる本であるようだ。

[ 2011/05/12 12:59 ] | TB(0) | CM(2)
今回の震災と原発問題で日本人は色々な事を
考えさせられていますね!!!

我が家など人生の折り返しを過ぎ(シャマカリ家と同世代!)イタグレライフに癒されながらなるべく穏やかに進んでいけたらなんて、のほほんとして過ごしていましたが…

電気はなくてはならない現代社会ですが、
果たして原発は…
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/2689178.html
http://www.magazine9.jp/interv/hida/index.html
ここに記載されたことを読んでも原発は…
色々なしがらみと人類の未来とどちらが大事なのか。
難しい決断と日本、或いは人類の歴史の岐路に立たされているのでしょうか?!

是非この本を読んでみます!
[ 2011/05/13 22:34 ] [ 編集 ]
こんばんは。レス遅くなってスミマセン。
さて今までの日本人があまりにみんなが適度に幸せだったために、呆けてしまっていた感があるような気がします。
今回の大震災の被災者たちにとってはまず今を生きる術が当然最優先になってきますが、僕たち非被災者は別の観点からもこの震災を通して、これからの日本のヴィジョンを考えなくてはならない大きなきっかけになったと思います。
電気も暗くたってイイじゃないと感じたり、多少のモノ不足も問題ないじゃんと思ったり、余りに便利になれた日本人を反省をして、これからの新しい文明を築き上げなくてはいけないと思ったりしてます。実行するのは難しいことだけど、みんなでこれを機にやらなければいつやるんでしょうね?。

原発も結局何もわかっちゃないのに発電してるとしか思えません。リスクマネージメントの甘さは目を覆いたい程。国民は日本の原発を全て停止してでも不便な生活を強いられるのを覚悟すべきであり、日本、地球を守る体制作りをしていかねばならないタイミングなんでしょうね。まだ予断を許さぬ福島原発。浜岡も全部停止しましたが、廃炉ではありません。復活を不気味に待ち構えているその姿と、それを許す政府、政治家をどうにかないといけないでしょうね。

とにかく書ききれないほどの今回の震災と事故。もっと自分なりに頭の中を整理していかなくては、、、大前氏の結論となっている「メンタリティーの改革」に尽きるかもしれません。
ちなみにこの本はアッという間に読まちゃいますよ!(笑)。
[ 2011/05/14 21:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する