ホーム > MASERATI > Maserati Shamal - Blu sera

Maserati Shamal - Blu sera


『Maserati Gandini Touring』 は友と一緒に走るその共有感に真意がある。
「風の名」をもつMaseratiたちは、言葉無くとも阿吽の呼吸でワルツを円舞するかの如く灼熱のアルファルトの上へ滑り出る。そこで風のように吹き叫んだあとの静寂な場には、過去存在をも認識できない余韻を残すだけとなる。ガンツーはそんな「風」のようなツーリングなのである。

Pandaで参加の私。ツーリングで一緒にスピードを合わせていただきました唯一のMaseratiが、クエストYさんの運転するKOGUさん所有のブルーセラのShamal!!!。ということでこの素敵な紺シャマルのエレガンスなシーンをどうぞ、、、

DSCN1606.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1597.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1601.jpg

DSCN1604.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1633.jpg

DSCN1634.jpg

DSCN1636.jpg

DSCN1650.jpg

DSCN1651.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1652.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1654.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1655.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1656.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1657.jpg
【クリックで拡大】

DSCN1658_20110917144736.jpg

DSCN1667.jpg

このShamalに言葉は要りません、、、
眺めているだけで、一緒に並走するだけで至福感に包まれる思いでした。
また一緒に走りたいなぁ~♪
ありがとう、紺シャマル!


[ 2011/09/17 20:00 ] MASERATI | TB(0) | CM(6)
です マジで(^J^) 内外装/機関とも良好だと思います。

それでは Architectさんがキーを受け取ってくれる日までしっかりメンテナンス管理しておきますね(笑)。。。

美しい写真の数々 ありがとうございました♪
[ 2011/09/18 04:58 ] [ 編集 ]
Shamalってこの色抜群に合いますよね!ROSSOの放つスーパーカーの華やかさ、妖艶さ、シェイプの際立ちも最高ですが、NEROの持つ力強い美しさ、迫力、鋭さも最高です。このBLUE SERAはマグノリア系のインテリアと相まってか、大人の男を演出する渋み、オーラ、唯一無二な特別感が溜まりません。。。Shamalいいわ~~~♪
[ 2011/09/18 11:50 ] [ 編集 ]
遅れましてすんませんです。次はQP復活で、私のカップも次回まで壊さないようにします。で!
このシャマル高速でYさんが運転してるの見てカメラよりシャマルに眼がいちゃって前方不注意で危険でしたよ~
[ 2011/09/19 15:34 ] [ 編集 ]
あまりに感動的なシーンでした。
みなさんのペースには憑いていけませんでしたが、復路で1台だけゆっくりと走って下さったのが、Yさんがハンドルを握るKOGUさんの紺Shamal!!!。

今回帰路にて東北道をクルーズするShamalをゆっくりと撮影することができました!。Yさんにも感謝ですね♪。追い抜いてもまた走行車線に入って待っていてくれたり、ジェントルな走りがこれまた紺Shamalの品格をアップさせてましたよ!、、、

ということで、僕がキーを受け取るまでヨロシクお願い申し上げます!、、、な~んて、自分で思いっきりハードル上げてど~するんだっ!!!(汗)。

話は元に戻して、マジにKOGUさんの愛情溢れるメンテナンスといたわりを紺Shamalに注いであげて下さいマセ。
ウ~ン、、、やっぱり、、、(^_^)(^_^)(^_^)
[ 2011/09/20 13:00 ] [ 編集 ]
eijiさんの賞賛の文で全てが網羅されてます、、、(^_^)
地味ながらも実はもの凄いパワーとオーラを放っている個体だと思います。

特に僕はこの紺Shamalとは2007年に井の頭通りで運命的な出会いをし、
http://architect3002.blog25.fc2.com/blog-entry-252.html
そして2009年にShamal生誕20周年イベントでも出逢い、その前にはガレイタでも入庫中の時も2回程出逢っておりましただけに、とても親しみを覚えております。

紺Shamal、見てるだけでも興奮してしまいますが、KOGUさんのメンテナンスの心意気には頭の下がる思いでいっぱいです。貴重な個体が大切にされていくことが一番ですね(^_^)

[ 2011/09/20 14:00 ] [ 編集 ]
こんにちは。(レス大変遅くなりスミマセン (;^_^)
さてガンツーではご一緒できて楽しかったです。ありがとうございました。

今回は黄鰤カップ酒さんの黄Ghibli Cupも調子が良かったようで、、、せっかく往復路ともご一緒できたのに、、、、僕のQP嬢が入院してて残念な結果に終わってしまいました。パンダ君で頑張ってもやっぱり無理でしたね(;^_^)

ヴィデオ撮影のカメラマンさんも「みんな気を遣ってせめてカメラ前でゆっくり走ってくれればイイのにぃ~、、、」と嘆いてました。みんなアグレッシブに走行していた証拠です(^_^)。僕はその点ゆっくりだったので、パンダ君走行シーンはバッチリですよ!。

確かにあれだけのマセが一同に走行すれば、目を奪われてしまいます。お互いに注意しましょうね♪。安全こそガンツーの基本ですから!(;^_^
ではまたご一緒できるのを楽しみにしてますネ♪
[ 2011/09/20 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する