ホーム > スポンサー広告 > 名古屋の家への思いホーム > 建築 > 名古屋の家への思い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名古屋の家への思い


1/8(日)、名古屋は典型的な雲ひとつない冬晴れ!。
この日竣工しました『名古屋の家』の竣工写真の撮影をしました。
建築写真家は上田宏さん。
朝から晩まで1日かかりの大仕事でしたが、いろんなカットを楽しみながら、上田さんの豊かな感性で撮影していただきました。

さて『名古屋の家』は私が生まれた家。
銀行員だった父の関係で私は3ヶ月くらいしかこの場所には生活はしておりませんでしたが、お米屋さんを営んでいた祖父母、米屋を引き継いだ叔父夫妻、従兄弟夫妻家族がかつてここにあった家を守り続けてきました。そして建て替えの際には私たち夫婦に設計の機会をいただき、ようやくこの竣工の日を迎えることができたのです。

IMG_2661.jpg

和瓦が葺かれた木造平屋のこの家は中庭があり、光と風を感じられるようになっています。
「家」は完成してクライアントに引き渡されてから、住み手にまた新たな息吹が与えられます。どんな風に「家」が変化していくのか、とても興味深いところです。

この家に顔を出したとき、新たに何かを発見できることを楽しみにしています、、、

[ 2012/01/10 14:17 ] 建築 | TB(0) | CM(4)
平屋で、縦にも横にも余裕のスペースのリビング&ダイニングが贅沢です。
私も大好きなYチェアも嬉しそう。

そして、自分が生まれた場所を設計できるなんて素敵です。
この広い空間がどう変化していくのか楽しみですよね。
私なら♪♪♪

私も晩年は広い平屋に住みたいです!
でも晩年って何歳からでしょう(笑)
[ 2012/01/10 14:34 ] [ 編集 ]
素晴らしい!!!
の一言です。
どのくらいの建坪があるのかしら…
とても広くて清々しい感じが伝わってきます。
住まう人が大切にされてきた土地に、
新たに住まいをしかも平屋の二世帯とは
素敵で羨ましいです。
ましてやお二人でその住まいを手がけるなんて
お幸せな仕事ですね。

出来るなら他の角度からの色々なところも
拝見したいです!
[ 2012/01/10 22:48 ] [ 編集 ]
こんにちは。
今年もよろしくお願いいたします!。

さて新しい家を褒めていただき光栄です、ありがとう。
Yチェア、ご存知なんですね。我が家にも6脚あります(^_^)。
今回は幸いにも親戚家族のおかげで、貴重な設計機会をいただき、生家再生ができてとっても至福な思いでいっぱいです。物心ついた時から、この場に通っておりましたので、今回の運命的な巡り合わせにも感謝です。
これからのこの家の成長が楽しみでなりません。あんまり親戚に口を出しても煙たがられるといけませんので、ホンワカと訪問しようと思ってます。

平屋の住宅、とっても贅沢ですよね!。
まあ晩年はもっとアトということにお互いしておきましょう♪(;^_^)
[ 2012/01/12 14:03 ] [ 編集 ]
こんにちは。
今年もよろしくお願いいたします。

この住宅は延床で65坪強です。
中庭を介して、すべての部屋が引き戸となっていますので広がりを感じると思います。またこの家には開き戸がひとつもありません!。日本建築の知恵ですね、引き戸って!。
これからどんな生活をされていくのかも楽しみです。まあもともと年に数回訪れている親戚なので、その都度の変化が楽しみです!。

またお会いした時にでも、写真をご覧下さい。写真家の写真はいましばらく時間がかかります!。
ではことしも一緒に遊んでいただけるのを楽しみにしてますね♪
[ 2012/01/12 14:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。