FC2ブログ
ホーム > 雑誌掲載・TV放映 > メルセデス・マガジン

メルセデス・マガジン

IMGP9249.jpg
「メルセデスのあるガレージ」にカメラを向けて。

火曜日に事務所で設計させていただいた邸宅(HP参照)の雑誌取材があり、一緒に立会ってきました。
雑誌は「Mercedes Magazine」。
メルセデス・ベンツのオーナーに発行されている季刊誌で、12~14万部刷られているということで、多くの人の目に行き渡ります。100ぺ-ジにわたる綺麗な構成と充実したコンテンツには正直感心いたしました。ベンツの思想、環境との取り組み、オーナーのベンツへの愛情などいろいろなジャンルに渡り、ベンツオ-ナ-でない私もその世界に引込まれました。
今回の取材は「メルセデスのあるガレージ」というシリーズで、見開き4ペ-ジにわたって、ベンツの納まったガレージと邸宅全体が紹介されます。
著名な建築写真家F氏に写真撮影していただき、出来上がりがとても楽しみです。取材も「Men's EX」の編集者とライターが来られ、お話をオーナーと一緒にしてきました。
この邸宅が掲載される「Mercedes Magazine」は9月発行予定。
またブログでもご紹介していきたいと思います。

IMGP9251.jpg
SL(カブリオレ)とAクラス

IMGP9255.jpg
室内も撮影しました。

さてヨ-ロッパでは現在、車といえばディ-ゼル車が主流となりつつあります。
日本ではトラックやバスといった排気ガス公害をまき散らすという悪いイメ-ジが強いのですが、ヨ-ロッパでは積極的に、低公害タイプエンジンの開発、地下資源(石油)の有効利用、電気利用のハイブリッドエンジンなどの環境問題へ取り組んでいます。ベンツ・BMWなどの高級車もこのディーゼル化がみられ、秋から日本でも本格的にディーゼル車が輸入されてきます。
私が小学生のころの「未来の車のイメージ」はタイヤがなく、道路から浮いて走っているものでした。まさにエコロジカルなイメージ!。先日、ピニンファリーナ社(フェラ-リのデザイン担当)の奥山清行氏が同じイメージを語られていたので驚きましたが、歳も同じでそのころのインパクトある未来都市の絵本を見ていたのかもしれません。
いつになったらそんな近未来自動車が現れることやら‥‥。

IMGP9272.jpg
「Mercedes Magazine」
[ 2006/07/12 17:03 ] 雑誌掲載・TV放映 | TB(0) | CM(10)
ガレージも室内もほんっとにステキです♪
まさに、雑誌にのっていそうなかんじがします。

わたしは、残念ながら(笑)メルセデスオーナーではないので、またArchitect さんのブログでの報告、待ってますね~!!

いつかこんなステキなおうちに住みたいなぁ・・・
[ 2006/07/12 23:46 ] [ 編集 ]
クルマも御邸宅もすごく素敵ですね。
見ているだけで自然と笑みが出てきました。

奥山氏といえば、この前のNHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組に出演されていましたが、ごらんになりました?
わざわざコーンズからENZOをかりてきて、スタジオ内に展示してありました。
ENZOは究極の機能美だと。
納得です。
[ 2006/07/12 23:53 ] [ 編集 ]
邸宅、凄く素敵です~。
車からタイヤがなくなったら、ガレージは屋上にできたりするのかな~?
[ 2006/07/13 00:31 ] [ 編集 ]
自分はメルセデス・オーナーですが、『メルセデス・マガジ~ン』なるものは戴いた事も見た事もございません。
それにしても、素敵なガレージで、邸宅ですね。
愛読書が『ガレージ・ライフ』なんで、素敵な家まではいきませんが、素敵なガレージを建てられるよう頑張りたいと思っております。
[ 2006/07/13 03:37 ] [ 編集 ]
お誉めいただき光栄です!
私もオーナーではないのですが、手元に掲載誌は届くと思いますので、お知らせしますね。
これだけ広いと、撮影前の片付けがちょっと大変でした(笑)。
[ 2006/07/13 10:34 ] [ 編集 ]
こんにちは。
笑みなんて言われると、こちらが嬉しくなってしまいます。
「仕事の流儀」は見ましたよ!
彼の仕事ぶりは、昨年の東京モーターショーに出品された、「Maserati Birdcage」の完成までのデザインプロセスを紹介した番組でも楽しめました。
建築設計していると、よくそのあたりのニュアンスがひしひしと解るんですよね!
[ 2006/07/13 10:41 ] [ 編集 ]
ありがとう!
ここの住宅の設計は楽しかったですよ!
お庭のイメージの打合せは、伊香保温泉の旅館の庭園を目の前にしながらしてました。
ルーフガレージのイメージもおもしろいですね!
空飛ぶ車と言えば、映画の「フィフス・エレメント」でブルースウィルスなんかが、3次元空間を自由に乗っていたけど、僕が子供の時みていた本では、浮いた車はなぜか今と同じように道路車線内をしっかり走ってました?!。
[ 2006/07/13 10:52 ] [ 編集 ]
聴いたところ、新車オーナー対象に3年間は無料で送られてくるそうですよ!それ以降は600円だったかな?
もちろんまた買い替えた時もそれから3年間は送付されるとのこと。
コンテンツの充実ぶりは流石で、内容もカッコ良くということで、ベンツが「MEN'S EX」編集部にお願いしているようです。
どんな記事になるか今から楽しみです。
[ 2006/07/13 10:59 ] [ 編集 ]
2年前ドイツ南部を車で旅したとき、借りたAクラスもディーゼルでした。それまで抱いていたイメージと余りにかけ離れていて驚いたのを覚えています。
・エンジン音静かです
・排気ガス綺麗です
・加速も悪くないです
私は車オタクではないので、詳細のスペックの違いまでは踏み込みませんが、ディーゼルの乗用車を日本メーカーも開発したらいいのにな、と思ったものでした。日本車はハイブリッド?ですかね、今は。
[ 2006/07/13 11:01 ] [ 編集 ]
体験者ですな!
僕はディーゼル車は未体験なんですが、イメージばかり先行している感じで、ホントはもっと魅力的なものなんでしょう。
izmyさんの3つの感想は、まさにこのマガジンでも強調され、これからのカーライフのヴィジョンも示されていましたね。
日本も電気の方向にいくんでしょうか?
生きているうちに、「大昔ガソリン車っていうものがあって、地球を汚していたんだよ!」なんて会話ができるのでしょうか?
先行きが楽しみです!
[ 2006/07/13 11:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する