ホーム > スポンサー広告 > 金環日食ホーム > 社会 > 金環日食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金環日食


今日は朝『金環日食』が東京でも見ることができました。
特にデジタル一眼レフカメラも、色眼鏡も用意することなく、コンパクトデジカメのモニターに映る画像をチェックして金環日食に挑戦!。

a0097020_1159699.jpg

でもやっぱりそんなに甘くはなかったです、、、撮影失敗!(汗)
しかし曇り空が幸いしてか、金環後の部分日食はなんとか撮影できました。
壮大な大陽と月のドラマに感動でした。

ところが宇宙から日食を覗いてみると、もっと大きなドラマがあるんですね♪。まさか地球にこんな大きな月の影が投影されていたなんて!

a0097020_11594652.jpg

[ 2012/05/21 13:04 ] 社会 | TB(0) | CM(6)
美しさと神秘に感動して見てました。

にしても、「物事を違う角度から見る」と想像もしない出来事がそこにはあったりするものなんですね。

見られて本当に嬉しかった!!
[ 2012/05/21 13:49 ] [ 編集 ]
早起きして窓際に三脚でビデオをセット。二度寝してから観察開始。観察メガネをビデオにかませて撮影してました。結構映りましたよ~。

朝なのに薄暗い感じで、なんとなくセピア色の昔へタイムスリップしたみたい。少し子供の頃の様に興奮したのは気のせいでしょうか?
[ 2012/05/21 23:36 ] [ 編集 ]
ほんとですね!
実に神秘的な現象でした、、、古の人は恐怖だったに違いありません。いろんな日食の観察方法があったようですが、いろいろと楽しめば良かったと、ちょっと反省です!(笑)

物事を多面的に見るのも重要ですね、、、こうやって地球への影は想像してませんでしたが、宇宙のスケールの大きさには感動します。マンパワーなんてなんいも役立ちそうもないね、、、宇宙では!
[ 2012/05/22 14:57 ] [ 編集 ]
ぱぐさん、とてもしっかり者ですね!(笑)。
僕は今回事前準備ができなかったので、いい加減な撮影に終わりましたが、やっぱりしっかりと準備しておくべきでした!。
雲がちょうどいい加減にかかって、いい雰囲気でしたよね。

とにかくもう見れないであろう金環日食を愛で着ことができて良かったです。近所の子ども達も尋常ならぬ喜びの声を上げておりました、、、
人は感動すべきこと多い方がとっても人間らしくなるような気がしました!
[ 2012/05/22 15:01 ] [ 編集 ]
皆既日食があったのを覚えていらっしゃいますか?
実は今回私の住んでいるところでは
雲が厚くかかっていて、金冠日食を見ることができませんでした。ただ、雲っているとはいえ、朝7時半にしては
暗い感じがしていましたね。

20年前の皆既日食の日、私は長男を実家の庭でビニールプールに入れていたのですが、晴れているのになんだかブルーのフィルターを通したように、まわりの色合いが感じられたのを覚えています。当時はあまりTVなどを見る余裕もなく、その夜のニュースで皆既日食だということを知ったのでした。

こちらのブログ、気づくのが遅くなりました。
さすが、Architectさん、ちゃんとはずさず撮影されていましたね。
[ 2012/05/22 16:27 ] [ 編集 ]
皆既日食でしたか?、、、覚えていますけど!
もちさん、日食ってわかってなくても肌で感じていたんですね!、、、それはそれで凄いです。なかなか敏感ですね♪。大陽が月に喰われてしまうなんて、想像するだけでも科学の発展してない時代は恐怖だったことでしょう、、、

さて今回の金環日食は雲のせいでご覧になれなかったのですね?、、、それは残念です!。
とりあえず目覚まし時計で起きてみたのでしが「曇りなんだ、、、」と思っていると、東京はかえって良く見えやすいじゃありませんか!。カメラも一眼レフなんか用意してないけど、コンデジで急遽チャレンジしてみた次第です。
でもやっぱり減光フィルターを装着して、一眼レフ望遠レンズで撮るべきだったと反省。でも那須旅行帰りだったので疲労も重なって、、、とは言うものの那須で一緒だった友人は素晴らしい写真をやっぱり撮影してました。見習うべき姿!(汗)。
僕は金環日食もですが、地球への大きな月の影の方にかなり魅かれましたけど、、、ネ♪
[ 2012/05/22 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。