fc2ブログ
ホーム > 建築 > ノルウェーの森から

ノルウェーの森から

IMGP9501.jpg
英語論文読む準備完了。

今日1通のメールが届いた。
ノルウェーから建築の勉強のため、留学で来ている大学院生のO君からだった。
現在は東京大学大学院で建築学を専攻して、修士論文がまとまったとの報告メールであった。
彼の作成した英語の修士論文もメールに添付されていて、辞書を片手に今から読もうと思っている次第だ。
いつ読み終わるかは誰もわからない。

さてなぜO君から修士論文が届いたかというと、私の自邸が彼の研究テーマの資料のひとつになっているからだ。A4で80ページを超える論文に目を通してみると、確かに自邸の写真や研究文がしっかり記されている。
今年の1月に突然メールで、用賀の家(自邸)を見学させてほしい旨のメールを受け取り、すぐに会うこととなった。ノルウェー人と会うのは初めてだし、英語もしゃべれる訳でもなし、ノルウェ-語など知るはずもない。
会ってみると長身でカッコよく、物腰柔らかい流暢な日本語をマスターしているではないか。多少難しい日本語のヒアリングは出来ないところがあるけど会話は全然問題ない。。自邸を案内していると、どんどん自分の感じた空間感覚を話してくれる。しかもどうしてこうなったのか、どうしてこうしなかったのかとキツイ質問も飛び交うのだ。なかなか面白い留学生だと感じ、後日都内に完成した住宅のオープンハウスにもご招待して来ていただいた。やっぱり空間に対する考えがとてもしっかりしているのをその時も感じた。
そうこうしていたら、O君から結婚の報告メール。相手は日本人、しかも私と同じ出身地。ますます嬉しくなってお祝のメールを送った。とこれを書いていたらプレゼントを送ってないことに気付いたのですぐに準備しなくては!。

ノルウェーでは住宅一区画の最低面積が確か500~600m2と言っていたと記憶している。お隣との距離、自分の庭での充実したくつろぎを可能としてくれるものだ。日本の住宅環境はO君からすれば信じられないものなのだ。特に私の自邸の敷地にいたってはたったの60m2(ノルウェーの1/10だ!)。
そこで彼が研究に選んだテーマが「日本、東京における内部空間のダイナミックス」であった。ノルウェ-人は好きなだけ自分を取り巻く住環境に自然が身近にある。さて日本、特に東京に来て不思議に思ったのが、どうやって都会に住む人はノルウェーのような自然を、ちっちゃな住環境の中の取り込んで豊かな生活をしているのだろうかという比較住居論を研究しようとしたわけである。

実際O君は都内のいろいろな建築家の手掛けた住宅のサーベイをして、自分で空間を感じ、自分独自の空間評価マトリクスを作成している。まだよく論文を読んでないけど、私の家がランキングトップにある。なんか嬉しい!。ということでこれから英語の論文にチャレンジしようと思ったのだ。

それからメールの最後に、今年の11月にノルウェーの大学院を卒業したら、来年の夏くらいまで私の事務所で働きたいと書いてあるではないか!
ありがたいお話だし、涙出るくらいうれしい!

秋からは、ノルウェーの森から建築の友がひとりふえるかもしれない。

[ 2006/08/04 22:26 ] 建築 | TB(0) | CM(14)
うわぁ、さすがですね。国際的な評価を得ていらっしゃるわけですね。
興味を持ってノルウェーから来て色々あったでしょうに、日本女性と結婚するとは、かなり日本のことを理解して好きになってくれたのでしょうね。
それに、architect さんのお仕事と、ご自宅、そしてご自身が、大きく影響を与えているのでしょうね。
いっしょにお仕事をされて、日本のことをもっと好きになってくれたら嬉しいですね。^^
[ 2006/08/05 00:00 ] [ 編集 ]
くつろぎをもたらすものは、隣接する広大な自然だけではないことを、ご自宅で証明なさったのですね。

テレビで拝見した感じでは、素人判断ですが、
ご自宅のガラスやコンクリートが、日本の枯山水の庭園をイメージしているような印象もうけました。
[ 2006/08/05 00:47 ] [ 編集 ]
国際的は大袈裟ですよ!(笑)
でも真剣に空間の研究をされていたので、協力できることはさせてもらおうと思っただけです。
とても(変な意味ですけど)日本人的な感覚の持ち主で、きっと彼女の影響もあったことと思います。
ノルウェーって行ったことないですが、今回のことで興味が湧いてきました。ちと調べてみます。そのうち行ってみよう!

ASHさんもイギリス人青年と一緒に仕事されていますが、日記で様子が伺えますね。異国人であってもどちらかの言語が共有できるとそのボ-ダ-が消えて、とてもフレンドリーになれるものです。特にASHさんはカーデザインという言語がありますもんね!
O君にも近々会って、話をしてみようと思ってます。
[ 2006/08/05 10:41 ] [ 編集 ]
枯山水の庭園なんていわれるとドキドキしちゃいます!

屋上庭園の水盆の水音が3階、2階のリビング、1階の寝室まで響き渡るこの家を「都市の水琴窟」と勝手に自称してます。
鈴木光司さんの小説で「フォーリング・ウォーター」という短編(仄暗い水底から)でも「水」が断片を結び付けて面白い展開になってます。

とにかく広い静かな国から、狭くて雑然たる街並にある住環境はO君からすれば、信じられない光景だったのでしょう。でもそこに工夫があるからこそ、人間的な生活が送れるじゃないかな。日本の家(民家・寺院など)の知恵って、ホントに世界に誇ることができるものだと確信してます!
[ 2006/08/05 10:56 ] [ 編集 ]
やっぱり、外国の人から見てもArchitectさんのおうちは素敵なんですね。

日本の家は外国と比べると本当に狭い敷地にぎゅうぎゅうと建っている感じですよね。
でも、その限られたスペースのなかに、あんな素敵なおうちが建ってるんですもんね!!

そんな素敵なおうちをつくってしまうArchitectさんは、やっぱりスゴイ!!!
[ 2006/08/05 21:59 ] [ 編集 ]
すっかりご無沙汰しちゃいました。

久しぶりのmixiですが、なんて素敵な出来事がArchitectさんの日常で起こっているのでしょう♪

何だかとっても嬉しくなってしまいました。
修士論文で扱われるのはもとより、これはれっきとした国際評価であると私も感じます。

大袈裟ですが、政治を超えた文化の外交です。
いい出会いに乾杯ですね!
「素敵...すてき...!」

それに Architectさんのお宅 是非拝見したいです♪
きっと、「素敵...すてき...好きよ~」って叫んでしまうと...思うわ。

来週から、時間的余裕ができそうなので、遡及してArchitectさんの日記 読ませていただきますね!
[ 2006/08/06 01:52 ] [ 編集 ]
外国人からすると、日本の建築って凄く元気に見えると思うんです。若手の建築家もどんどん実作ができてますし、ある意味恵まれた環境なんです。歴史ある外国では街や家の景観保存などいろいろと縛られて、日本のように自由に家が建てられない現状があります。ですから古い家の中でのリフォームが活発になってます。

私の家なんかは現状を見つめ、都会の中であがきながらも呼吸できるものを考えてみました。でも中には呼吸できない人もいるかもしれませんね!
いろいろな人がいらっしゃいますから。
[ 2006/08/07 09:44 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
なんかたまたまこんな状態になってしまってます。
昨日も「名古屋の家」の2回目の竣工写真撮影(夜景が主)で立会ってきいました。今は日が暮れるのが遅いので8時すぎまでかかり、それから急いで名古屋駅からのぞみに乗り込みました。

「文化の外交」っていい言葉ですね!
まきねえさんの大切にされている「ひととの出会い」がまた生まれました。ノルウェーには実は行ったことがなく、知識も乏しいものです。「名古屋の家」にもO君カップルをご招待してまた意見交換させてもらおうと思ってます。建築が共通語であるため、いろいろと建築を通じてのお互いの文化認識ができます。とても素敵なことであると同時に面白いものです。ノルウェーの生活も非常に興味ありますから、もっと話しを聴いてみと思ってます。

用賀の家、是非実際を体験してください。
いつでもどうぞ!と言いたいんですが、今はとても暑い状態です。私たちは覚悟して作りましたが、RCの両面打放しは心地よく私たちの体をコガしてくれます。
もう少し涼しくなった秋くらいにいらっしゃいませんか?

まきねえさんもお忙しいでしょうが、暑い夏を乗り切るようお身体をご自愛くださいマセ!
[ 2006/08/07 10:01 ] [ 編集 ]
これは、皆さん既にご指摘の通り、国際的な評価を戴いた!と思いますよ。
これで用賀のうどん屋さんにノルウェイ人が来るのも遠くないですかね?

暑いこの時期、水分補給を怠らずに乗り切ってくださいね。(お宅を存じ上げる者より)
[ 2006/08/07 11:49 ] [ 編集 ]
用賀のうどん屋さんって「葵」のこと?
でも「国際的」はオーバーです。
国際派izmyさんは北欧の方とも仕事で面識あるんでしょうか?
ノルウェーも一回行ってみたい国のひとつです。
冬が良いのか?夏がいいのか?

流石に昨日の撮影の際はアクエリアス片手に作業してましたが、発汗量のほうが補給量を優っていたような気がします。
izmyさんこそ腰を大切に!
暑い夏、用賀の天空より地を這うプチオフィスを暖かく見守っていてくださいマセ。
[ 2006/08/07 12:00 ] [ 編集 ]
実は、ビデオ録画失敗hしてしまい、番組を見逃してしまいました(涙)

テレビ無しの生活そろそろ8年目なのですが、不便だと感じたのは今回が初めてです(ホントにっ)

インテリア等で話題を呼ぶ、魅力的な北欧からスタッフがいらしゃるなんて、まさにArchitectさんのセンスとお人柄ですよねっ☆
[ 2006/08/11 21:52 ] [ 編集 ]
僕も機械仕掛けは弱い方です。未だにデッキでBSとかCSが録画できるかもわかってません。無理に機械に合わせない方がいいと思ってます。
でもテレビなしの生活ってすごいなあ!。僕はできないと思う、というか絶対無理な人間です。
機会あれば、本物の家を見て下さい!

O君の方はまだいろいろと決まっているわけでもないのであんまり書けませんが、ノルウェ-の方と出会ったのが初めてなのでもう少し知りたいと思ってます。でも彼のジェントルで頭脳明晰な(これはもともとの才能)性格は、僕の頭の中にノルウェーの国民気質として勝手にインプットされてしまいました。
giorniさんはノルウェーに行かれたことありますか?
[ 2006/08/12 11:01 ] [ 編集 ]
ノルウェーは行ったことないです。
その辺りでは、オランダぐらいしか訪れたことないです。 思い出したら、久し振りにヨーロッパに行きたくなりました。

テレビ無しの生活、余裕ですよ~♪
100年前に流行った音楽とか普通に聞いて生きてます(笑)

是非是非、あのお空に繋がる素敵な本物のお家、見てみたいです♪
[ 2006/09/08 23:59 ] [ 編集 ]
行ってみたいですね、ノルウェー!
お盆にも名古屋でO君と会ったのですが、白夜やオーロラの話で盛り上がりました。

東京に戻ってきたらテレビで、ノルウェーの「ヴェガオヤン-ヴェガ群島」(世界遺産)を紹介してました。
http://www.nordic.co.jp/guide/area/no/worldheritage.html
厳しい自然と共生する人々の姿に感動したものでした。

それにしてもgiorniさん、生活を満喫されているようですね!
100年前というと、クラシック?ジャズ?
でもプリミティブな生活に一度戻ってみるのも大切なようなきがします。

私の自邸はいつでもどうぞ!。声をおかけください。
もう少し涼しくなってからの方が、快適かも(笑)
[ 2006/09/09 14:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する