fc2ブログ
ホーム > トレッキング・旅 > 軽井沢ショッピングプラザ

軽井沢ショッピングプラザ

連休初日の午後、軽井沢に向けて車を走らせた。東京から2時間半を予定に順調に関越道を進み、軽井沢IC前で1キロ程の渋滞。あと20分で目的地だ!と気楽に料金所を抜けると、そこからが「地獄」の始まりだった。とにかく峠で車が動かない!濃い霧の中、1台、2台、3台と前の方の車がUターンを始める。もう我慢できないのだ。あまり私は車の中でCDなど聴かないのが、今回に限り3枚のCD(プリズム)を載せていた。3枚聴き終わっても先が見えない。途中、浅間プリンスホテルに入ってトイレ休憩。それからまた渋滞の車列の中に入り込む。2時半に到着予定がなんと5時半に!!通常15分の峠越えが3時間もかかったのである。気の長~いドライブ。暗くなりかけた軽井沢。気温も10度近くで東京より7~8度低く寒い。それでも車と人は溢れんばかりの活気。凄い!

IMGP5545.jpg
上越道・軽井沢ICの手前。
トンネルを抜けると濃い霧だった。

さて今回の目的地は、「軽井沢ショッピングプラザ」である。西武プリンスの直営アウトレット・モールで、ファッション、飲食店合わせ160店鋪を越える。軽井沢駅を中心に軽井沢プリンスホテルの東館・西館の間に位置する。ショッピングにはあまり興味ないのだが、建築を見学に出かけた。建築家・池原義郎氏の設計。昨年にニューイーストが完成し、軽井沢駅前の大規模ショッピングプラザは2000年からの事業を完成させた。西武と言えばいろいろな事件があったが、その影響など微塵も感じられない程の盛況ぶり。どうしてこんなに人が集まるのかと疑う程のにぎわいなのだ。しかも夜遅くなっても人が減らない!まだまだ車がパーキングに入ってくるありさまだ。

IMGP5548.jpg
雨の夕方でモールはこんな人だらけ。
みんなショッピングして!

IMGP5550.jpg
イーストとウエストの間の広い芝庭。
天気のよい日は人がたくさんいるのだろう。

まず到着してすぐ食事をとることにした。写真にある「Artichoke(ア-ティチョーク)」(フランス地方料理)で、この木造建築の設計のみは建築家・柳沢孝彦氏(ジャニーズ・少年忍者メンバー・柳沢超くんのお父さん)である。ひろびろとした池に面したレストランで、2500円でフルコースを楽しめる。全体に暗い照明の中、ロウソクがテーブルに置かれ雰囲気を演出している。日中は池と広い芝庭を目の前にして食事を楽しむことができることだろう。

IMGP5555.jpg
手前がフランス地方料理「Artichoke」
奥がニューイーストのモール。

IMGP5560.jpg
「Artichoke」内部の木造屋根架構。

アウトレットショップは、2~8割引きで安いことは安い。といっても軽井沢まで来ること思うと高くつくのだが、軽井沢近郊(高崎・富岡・佐久など)から来る人にとっては、東京までわざわざ足を運ばなくてもいいというメリットもあるのだろう。

IMGP5565.jpg
ニューイーストのモール。
犬も一緒に散歩している人が目立った。
(但し店鋪内は入場禁止)

IMGP5566.jpg
屋根デザインの美しいニューイーストプラザ。
もみじ(右手前)が紅葉しはじめ美しい。

平日は19:00、日曜・祭日は21:00までオープンしているプラザ。まだまだ元気な軽井沢(プリンス王国?)を肌で感じ取ってきた。このプラザのおかげで街は大渋滞を引き起こし交通障害の緊急対策も必要と思われた。これからのスキーシーズンも大盛況なのであろうが、「軽井沢は永遠に不滅です」という力強い一面を寒い中、感じ取って東京への帰路につく。

IMGP5568.jpg
池(左)に面するイースト・デッキ
奥の方に「Artichoke」が見える。

IMGP5569.jpg
軽井沢駅(右)に面する飲食プラザ。
やっぱり人だらけ!でも活気は一杯!

[ 2005/10/11 16:28 ] トレッキング・旅 | TB(0) | CM(6)
アウトレットって画一的な作りだとばっかり思ってた。
建築的に面白いところがあったんだね。
アーティチョーク、素直な表現だなぁ(^-^;;
[ 2005/10/11 21:15 ] [ 編集 ]
実はほかのアウトレット(たとえば御殿場)には行ったことがありません。でもモールにはいっぱいの人がいた方が絵になります。閑散としていたら寂しいものでしょう。きっと池原さんにとってみれば、相当のロ-コスト建築なのでしょうが、建築家の知恵でうまくできた例だと思います。
[ 2005/10/11 21:28 ] [ 編集 ]
みなさん、おしゃれな場所に行きすぎw
私は、軽井沢に行ったのは、大学時代(ぁ、ほんの数年前ですね~ オィッ! ( ・_・)o/☆(ノ゜⊿゜)ノ イテッ!)にテニスの合宿をしたときです。

御殿場のアウトレットモールは、近いということもあって、時々訪れます。地中海地方っぽい造りになっていたっけ。いえ、モールに足を踏み入れてしまうと、服とかバッグとかしか目に入らないので、建物の外観までは~~><
[ 2005/10/12 16:22 ] [ 編集 ]
テニス合宿のころからすると変貌した軽井沢でしょうね!きっと別荘などお持ちの方からすれば、「ふん、あんなもの」という感じかもしれないね。でもプリンスの開発したプラザは、線路を跨いでいるし今後も旧軽・中軽と異なった発展(イメージアップ)をしていくのででしょう。
御殿場は東名のSAから入れるんだっけ?
でもみんなお金持ってるよね、若い人!!
[ 2005/10/12 19:58 ] [ 編集 ]
この間までセイブのお膝元・西武線沿線&所沢近くに住んでいましたが・・駅にしろなんにしろ、必要最低限のコストしか払わない遊び心の無い企業と思っていましたが・・・
木造屋根架構、美しい~!やるときゃやるじゃん!
軽井沢・・・そうなんですね、関越で行くと結構近い。前に住んでいたところでは、関越入り口極近だったので、お昼に軽井沢でランチ・・という奥様も居ましたよ~。残念!私は行きそびれましたが~。(泣)
[ 2005/10/13 17:44 ] [ 編集 ]
なんと贅沢な人がいるのでしょう。ランチに軽井沢なんて!
プリンスホテル系は有名な建築家が登場します。T会長の名声のために?特にここぞというホテルは村野藤吾氏が設計しています。箱根プリンス・京都の宝が池プリンス・新高輪プリンスなど。宝が池は部屋も大きくリッチな感じでくつろげました。
[ 2005/10/13 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する